Group SNE
News
About SNE
Products
  ●ソード・ワールド
●六門世界(モンコレ)
●パラサイトブラッド
●エンドブレイカー!
●シルバーレイン
●サンダーストーン
●ゴーストハンター
●ボード/カードゲーム
●その他
User Contents
Link
indexに戻る

TOP > 製品情報 > ボード/カードゲーム > オリジナル・ブラックストーリーズ第二弾 優秀作発表!


オリジナルブラックストーリーズ第二弾 優秀作発表!

22015年1月に開催した「オリジナル・ブラックストーリーズ募集 第二弾 バレンタインデイ特集」に、たくさんのご応募、ありがとうございました!!「シリーズ第三弾 発売記念 オリジナルブラックストーリーズ」にたくさんのご応募、ありがとうございました!

大好評コミュニケーション型推理ゲーム『ブラックストーリーズ』シリーズについてはこちら
オリジナル・ブラックストーリーズ第一弾はこちら

第二弾ということもあって、応募作品はいちだんとレベルアップ。
2月13日の金曜日の「ニコ生放送」では、優秀作発表をかねて、視聴者の方々に出題し、頭をひねっていただきました(niconicoグループSNEチャンネルこちら)。
いずれも良問で、参加されたみなさまには、正解にたどりついたときの「a-ha! (ああ、なるほど!)体験」を味わっていただけたことと思います。

それでは、今回優秀作に選ばれた作品をご紹介しましょう!
イラスト:こあらだまり/グループSNE  
【お詫びとお断り】
※優秀作に選ばれた方々には素敵なプレゼントを鋭意準備中です。
 (ここだけのお話:現在、ブラックストーリーズをモチーフにした小説集の企画が進行中。優秀作に選ばれた方々にはこの小説集をプレゼントいたします。必ずお送りいたしますので、いましばらくお待ちくださいませ)

※設問・回答とも一部、加筆・修正を行っています。なにとぞご了承ください。
※掲載した作品は自由に遊んでいただいてかまいませんが、その際これらがグループSNEが公募した作品である(作者がある)こと、元になる『ブラックストーリーズ』シリーズというゲームがあることを告知していただけると嬉しいです。

◆優秀作:バレンタインデイ・ストーリーズ(順不同)

タイトル:飛んでいったプレゼント
作者:nosemakoさん
設問・回答ともに、とてもシンプルで、即答かと思いきや、案に相違してSNE内のテストやニコ生放送では大笑いの迷走でした。
正解がわかったときの「なるほど!」感も気持ちいいです。
ロマンチックでSNE内でも大好評でした。
ヒント(カーソルを当てると文字が反転します)
  • 飛ばすのは「物」です。「愛」や「時間」といった抽象的な概念ではありません。
  • 伝書鳩ではありません(笑)。
  • ボブはスポーツ選手です。
  • アメリカなら、実際にこれでプロポーズとかありそうですね。
回答


タイトル:マドンナは嫌われた?
作者:ジャラルさん
こちらもシンプルな良問ですが、SNE内で何度かテストしたときには意外に時間がかかりました。
そのため、ニコ生で出題する際、少し問題文を易しくすると、今度は一瞬で正解が出てしまいました(ジャラルさん、ごめんなさい)。
ここに掲載したのは、ほぼご応募いただいたものに戻しています。
ヒント(カーソルを当てると文字が反転します)
  • マドンナの贈ったチョコはたぶん、すご~く高級なものでした。
  • マドンナはどんな会社に勤めているでしょうか。そして、マドンナの同僚の仕事は?
  • チョコにはなにが入っていたでしょうか。
  • 少しくらいでは問題になりませんが、たぶん同僚たちは舞い上がって大量に食べたのでしょう。
回答

◆優秀作:ノンジャンル・オリジナルストーリーズ(順不同)
タイトル:死を呼ぶ渇き
作者:仁宇脚斗さん
これもニコ生放送で盛り上がりましたね。
水分を摂ったために催して道ばたで用を足したとか、ガソリンを飲んだとか!
でも、「なにを飲んだか」から攻めていくのは、いい手かもしれません。
正解が出たときに「ああ、それ知ってる!」という声が多かったのも良問の証しでしょう。
ヒント(カーソルを当てると文字が反転します)
  • 男が飲んだのは水ではありません。
  • 男は乗り物に乗っていました。
  • 男が飲んだのは缶ジュースでした。
  • 男は車に乗っていました。
  • 教習所のビデオで見たことがある――という方もいらっしゃいました。
回答


タイトル:合図
作者:capoさん
こちらはちょっと異色作。
人は死んだりしないんですが、作者のcapoさん曰く「ブラック(暗闇)ストーリー」つながりで。気が利いていますね。
元ネタはあるそうですが、上手にアレンジされているので、楽しい問題に仕上がりました。
ニコ生放送では「被害者多数」であることが判明しました。
ヒント(カーソルを当てると文字が反転します)
  • 男は監禁されているわけではありません。
  • 男がいるのは屋内です。
  • 男がいるのは小部屋です。
  • 男は照明をつけようとしました。
  • 男がいるのはトイレです!
回答


タイトル:完璧なシェルター
作者:ジャラルさん
これは難問に入ると思います。
ニコ生放送では「かなりヒントを出さないと無理なんじゃないか」と危惧していましたが、比較的早く正解が導かれたことにびっくりです。
出題者のジャラルさんもですが、正解された方々もすごいです。
みなさんもぜひ、ヒントを参考に正解を考えてみてくださいね。
ヒント(カーソルを当てると文字が反転します)
  • 缶切りはありました(きっと)。
  • 兵士は一人でした。
  • シェルター内に敵はいませんでした。
  • 兵士の死因は餓死もしくは渇死です。
  • 現代の話ではありません。
  • 地球の話ではありません。
回答

◆優秀作:番外編

ここではちょっと変わった応募作3点をご紹介します。
笑って楽しんでいただければ幸いです!

タイトル:ウサギとカメ
作者:イ仁宇脚斗さん
最初にお断りしておくと、「ウサギ」も「カメ」も人間ではありません!
(『ブラックストーリーズ』シリーズでは最初に「男(女)は人間ですか」と聞くのがお約束(?)なのです)
イラストを見るかぎり、明らかにカメがウサギを殺害していますね。でも、カメは決して悪いヤツじゃないですよ?
ヒント(カーソルを当てると文字が反転します)
  • 素潜り競争ではありません。
  • カミツキガメではありません。
  • ウサギはすごく頑張りました!
  • でも、カメには勝てませんでした。
回答

タイトル:真面目な学生
作者:斎藤紅人さん
採用するかどうか、本当に悩ましい問題でした。
「ああ、そういうことか!」といったん納得して1秒後、「それは反則やん!」となって、でもじわじわと笑いがこみ上げてきます。
まさに異色作なので、「正解を聞いても怒らない」という方だけ遊んでくださいね(笑)。
ヒント(カーソルを当てると文字が反転します)
  • 死因は交通事故です。
  • 事故を起こしたのがタクシーかバスか、バイクかは重要ではありません。
  • ランディはピッチャーです。
  • この練習にボールは使っていません。

  • ひょっとしたら、ランディは日本人かもしれません。
  • ………………ダジャレです…………
回答

タイトル:チョコレート
作者:酩酊状態さん
この問題は「あ、それ知ってる!」という方と「へええ、そんなのあったんだ」の2つに、きれいに反応が分かれます。
なので「番外編」に入選。
ボス安田均は大喜びでしたよ(笑)。
イラストもちょっとヒントになっているかもしれません。
ヒント(カーソルを当てると文字が反転します)
  • イラストが昭和っぽいですね。
  • だからといって、進駐軍からチョコをもらったのではありません。
  • 男性からチョコをもらったのでもありません。
  • 若い方はお母さんお父さんに聞くと実体験を語ってもらえるかもしれません。
  • チョコの名前は「アンテルミンチョコ」です。
  • この検査は平成27年度かぎりで廃止になるそうです。
回答

◆例題

今回の募集の際にお出しした問題とその回答です。
よければ遊んでくださいね。

タイトル:引き裂かれた恋
作者:カイ
ヒント(カーソルを当てると文字が反転します)
  • アリョーシャは人間ではありません。
  • アリョーシャが捧げたものは「食べ物」です。
  • ベリンダがそれを食べられるかどうかは……「?」です。
  • ベリンダは小さな女の子です。
回答

◆最後に

オリジナル・ストーリズ募集第二弾ということで、たくさんの素晴らしい作品をお送りいただきました。
ありがとうございました! すべてを紹介しきれなくて、申し訳ありません。
また、折りを見、第三弾を実施したいと考えています。
ぜひ、それまでにたくさんのネタを仕込んでおいてくださいね。
開催が決まりましたら、当サイトやtwitter(SNEボードゲーム班(Kai))でお知らせいたします。

『ブラックストーリーズ』シリーズ、待望の次回作は『ブラックストーリーズ ファニーデス: 本当にあった不思議でおかしな50の"黒い"物語』(4月発売予定)。実際にあった事件を元にした設問が50題入っています。
また、同時期にブラックストーリーズをモチーフにした「小説集」も刊行の予定(監修:安田均 著:河野裕他)。
続報を楽しみにお待ちください!

作品を送ってくださったみなさま、一緒に遊んでくださったみなさま、これからお友だちと遊んでくださるみなさま、いつもありがとうございます!
次回、再びご一緒できることを楽しみにしております。
製品リスト