Group SNE
News
About SNE
Products
  ●ソード・ワールド
●六門世界(モンコレ)
●パラサイトブラッド
●エンドブレイカー!
●シルバーレイン
●サンダーストーン
●ゴーストハンター
●ボード/カードゲーム
●その他
User Contents
Link
indexに戻る

TOP > 製品情報 > ボード/カードゲーム > オリジナル・ブラックストーリーズ第四弾 優秀作発表!


オリジナルブラックストーリーズ第四弾 優秀作発表!

ご好評をいただいております「ブラックストーリーズ」シリーズ、2,015年8月29日には初のカラーシリーズ『ピンクストーリーズ』が発売されます。こちらはお子さまとも安心して楽しめる、人の死なない「ブラックストーリーズ」。
一筋縄ではいかない元気いっぱいな女の子たちの物語がぎゅっと詰まっています。大人でもクスッと笑って楽しめる50の物語、お薦めです。

それに先駆けて、グループSNEでは「オリジナル・ブラックストーリーズ募集 第四弾」を実施いたしました。
時節柄、お題は「おぼん」。
優秀作は8月22日(土)に開催されたSNE主催のコンベンション「夏のSNE祭り」にて一足先に発表いたしましたが、こちらでもご紹介しますね。
ぜひお楽しみください。

大好評コミュニケーション型推理ゲーム『ブラックストーリーズ』シリーズについてはこちら
オリジナル・ブラックストーリーズ第一弾はこちら
オリジナル・ブラックストーリーズ第二弾はこちら

オリジナル・ブラックストーリーズ第三弾はこちら

おぼん特集 優秀作(順不同)
イラストはグループSNEこあらだまりです。
※設問・回答とも加筆・修正を加えている場合があります。ご了承ください。
※掲載した作品は自由に遊んでいただいてかまいませんが、その際これらがグループSNEが公募した作品である(作者がある)こと、元になる『ブラックストーリーズ』シリーズというゲームがあることを告知していただけると嬉しいです。
◆おぼん特集 優秀作 (順不同)

タイトル:タクシーの怪
作者:ジャラルさん
夏の怪談話の定番を、オリジナル・ブラックストーリーズの常連ともいえるジャラルさんがどう料理するのか、楽しみですね。
期待を裏切らない納得の回答が用意されていました。
ヒント(カーソルを当てると文字が反転します)
  • 今年は台風の当たり年でしょうか。みなさん、お気をつけくださいね。
  • 「タクシー」というのがポイントです。若い方にはちょっと分かりづらいかな。
  • 気づけよ、運転手! という突っ込みは却下です(笑)。
回答


タイトル:死のBBQ
作者:輪形月 馨
この問題は知識がないと完全な正解には至らないかもしれませんが、いろいろと知恵を絞ってみてください。「惜しいところ」まではきっとたどり着けると思います。
イベントではちゃんと正解された方がいましたよ!
ヒント(カーソルを当てると文字が反転します)
  • 忘れ物はなんでしょう? 食材を忘れて餓死したのではありません。
  • 実際にあった事件がベースになっています。
  • 死因は中毒ですが……
  • この問題のどこか「おぼん」か。忘れ物は「お盆」=「トレイ」に載って出てくるもの、だからですね。
回答

タイトル:ご先祖様といっしょ
作者:仁宇脚斗
今回の優秀作のなかで、いちばん「おぼん」らしい作品。
テーマに合わせて考えてくださいました。
いろいろと意見を出し合っていくうちに正解に導かれる良問です。
ヒント(カーソルを当てると文字が反転します)
  • お墓と言ってもいろいろあります。
  • 男の職業はなんだったでしょう?
  • わたしも同じ状況なら、きっと生きたままお墓に入ったでしょう。
回答


タイトル:運ばれた料理は?
作者:榊原 誠さん
これもある意味、テーマのお盆に即した問題でしょうか。
この問題は意外に出題者(リドルマスター)泣かせかもしれません。
プレイヤーを正解に導きたいのだけれど、なんと答えていいやら……
イベントでは答えがわかったときに「なるほど、キレイな問題やなあ」という意見が出ていました。
ヒント(カーソルを当てると文字が反転します)
  • 食事をしたのはレストラン――ではありません。
  • 男の職業はなんだったでしょうか。
  • 死因は毒中毒ではありません。
  • 現代の話ではありません。
  • 男の死因は明記されていませんが、おそらく外傷はあったでしょう。
回答


◆最後に

いつもできるだけ余裕のある応募期間を、と思いつつ、なかなか実現できず、ごめんなさい。
それでも、たくさんの楽しい問題をお送りいただき、ありがとうございました!
今回はイベントで発表することを前提に選出させていただきました。

いかがだったでしょう、
知識の必要な問題、発想の飛躍を要する問題など、バラエティに富んでいたのではないでしょうか。

「ブラックストーリーズ」シリーズは2015年末に向けて、さらに新シリーズが水面下で進行中。
近日中に詳細をお知らせできると思いますので、楽しみにお待ちください。
製品リスト