本文へスキップ

株式会社グループSNEオフィシャルサイト

トンネルズ&トロールズ



■トンネルズ&トロールズ完全版

ゲームデザイン:ケン・セント・アンドレ  パッケージイラスト:リズ・ダンフォース
翻訳:安田均/グループSNE
発売日:2016年9月 制作・販売:グループSNE
定価:6000円(+税) JAN:4571398990533

作品概要 アドベンチャー・シリーズ サポート 関連記事 関連リンク/動画 第7版サポート

作品概要

トンネルズ&トロールズとは?

『T&T』――『トンネルズ&トロールズ』は、洋物RPGとしては『D&D』に次いで世界で2番目に誕生したファンタジーRPGである。

『T&T』が最初に日本で翻訳されたのは1987年(第5版)。今はなき社会思想社から、当時BOXタイプのTRPGが主流だったところへ文庫形態という新しくお手軽に手に取りやすい形で翻訳・発売され、数々のソロ・アドベンチャーと共に一世を風靡した。
 その後、2006年12月に第7版のルールブックが新紀元社から新書版で、そこからさらに10年を経た2016年10月、原書の誕生40周年を記念して発売されたデラックス版の日本語版が、BOXRPGとして新たに翻訳・発売された。

 トンネル――すなわちダンジョンに潜り、トロール――を筆頭とするモンスターと戦って宝物を手に入れ、成長する。コンセプトはとてもわかりやすく、またダイナミックかつ創意工夫しがいのあるシステムとあいまって、世界で広く愛され続けている。
 その特徴は、なんといっても笑いの絶えないRPGということだろう。走っても走っても果ての見えない広い部屋には、いたるところに踏み板式の罠がしかけられ、全長20メートルの大蛇をかわしたかと思うとトロールの大群に不意討ちされる。ようやく逃げれば、今度はピラニアの池に落ちる――それこそ、キャラクターシートが何枚あっても足りない。
 苦労のすえに成長したキャラクターが、たった1回のセービング・ロール(行為判定のようなもの)に失敗しただけでころっと死んでしまうこともある。しかし悲しいのも一瞬で、新しいキャラクターを作って再び挑もうという気になる、なんとも魅力的なRPGなのだ。

→ トンネルズ&トロールズ完全版 製品紹介
→ トンネルズ&トロールズ完全版 著者インタビュー

アドベンチャー・シリーズ

アドベンチャー・シリーズのエラッタはコチラ

アドベンチャー・コンペンディウム

発売日:2017年3月31日
定価:1,800円(税別)
ISBN:9784883752546

死の女神の口づけ

発売日:2017年6月30日
定価:1,800円(税別)
ISBN:9784883752683

カザンの闘技場

発売日:2017年10月30日
定価:1,800円(税別)
ISBN:9784883752850

ベアダンジョン

発売日:2018年3月1日
定価:1,800円(税別)
ISBN:9784883753017

恐怖の街

発売日:2018年6月15日
定価:2,000円(税別)
ISBN:9784883753123

トラブルinトロールワールド

発売日:2018年9月30日
定価:1,800円(税別)
ISBN:9784883753215

傭兵剣士

発売日:2019年7月12日
定価:1,800円(税別)
ISBN:9784883753628

コッロールの恐怖

発売日:2020年2月14日
定価:1,800円(税別)
ISBN:9784883753918


サポート

・エラッタ

※『アドベンチャー・シリーズ 恐怖の街+ガルの地下水道+レッドサークル』に重要なエラッタあり
2020.05.21 『コッロールの恐怖+猫のいぬ間に』追加しました。


・Q&A


・『TtTマガジン Vol.4』

・P4~ ソロアドベンチャー『デラックス・バッファローキャッスル』リドルの解答
・P30掲載 T&T完全版ラヴクラフト・ヴァリアント キャラクターシート(PDF)

・『ウォーロック・マガジン Vol.4』付録
 『T&T トロールボール』のシート類(PDFファイル)

フィールドシート
  ・試合記録用紙
  ・イベント表

関連記事

・著者インタビュー
 『トンネルズ&トロールズ完全版』著者インタビュー

・イベントレポート
 JGC2016レポート

関連リンク/動画

リンク

冒険企画局
フライングバッファロー

動画

●トンネルズ&トロールズ 完全版』発売記念生セッション 全三回
    第一回ログ part1 / part2 / part3 / part4
    第二回+第三回ログ part1 / part2 / part3 / part4

トンネルズ&トロールズ 第7版サポート

エラッタ


Q&A


●紹介記事、著者インタビュー

・T&T紹介記事
 第一回(記事/大井雄紀)
 第二回(記事/河野裕)
 第三回 (記事/河野裕)

・著者インタビュー(06.12:記事/番棚葵)
「T&T第7版ルールブック」

第7版関連リスト


 → 第5.5版以前の関連はこちら
 → ハイパー・トンネルズ&トロールズ関連はこちら