Group SNE
News
About SNE
  ●会社概要
●所属クリエーター
●FAQ

Products

User Contents
Link
indexに戻る
TOP > 会社案内 > 所属クリエーター




SNE主要メンバー

安田 均 清松みゆき 友野 詳 加藤ヒロノリ 北沢 慶
笠井道子 秋口ぎぐる 河野裕 柘植めぐみ 秋田みやび
川人忠明 杉浦武夫 田中公侍 藤澤さなえ 森本有美
ベーテ・有理・黒崎 河端ジュン一 西岡拓哉 こあらだまり 石野力
松田実愛 黒田尚吾 永田 愁  
江川 晃(故人)


安田 均(やすだ ひとし)
  株式会社グループSNE(1987年設立)の代表取締役社長。SFの紹介・翻訳で活躍し、SFゲームという切り口からゲームの世界へ。海外のゲーム/ゲーム小説をいちはやく紹介・翻訳、さまざまなヒット企画の原案・原作・共作を手がけると同時に、みずから小説を上梓するマルチクリエイター。
『ロードス島戦記』の元となるリプレイ形式を主導し、1987年発表の『ソード・ワールドRPG』(現在は『ソード・ワールド2.0』シリーズとして展開)、1997年発表の『モンスター・コレクションTCG』など10年20年の時を経てなお根強いファンをもつ作品の、文字通り牽引車として活躍。
 また、近年著しい発展をとげたボードゲームの製作や『ボードゲーム・ジャンクション』等を通じての紹介など、普遍的なゲームの『楽しさ』を追求しつづけた創作活動が実を結びつつある。
 現在はボード/カードゲームやパズルゲームの新たな可能性を模索中。

代表作品
●雑誌
『ゲームマスタリーマガジン』(グループSNE)

●RPGルールブック&サプリメント/創作
『六門世界RPG 2nd edition』シリーズ(新紀元社)
『六門世界RPG』シリーズ(富士見書房)
『ゴーストハンターRPG02』シリーズ(イエローサブマリン)
 など

●RPGルールブック&サプリメント/翻訳
『トンネルズ&トロールズ 『T&T完全版』(グループSNE)
『ガープス』シリーズ(富士見書房)
『D&D』シリーズ(メディアワークス)
『トンネルズ&トロールズ第7版』(新紀元社)
 など

●RPG/リプレイ
『ドラゴンズ’ヘヴン』(ハイパーT&T:角川書店)
『ミスタラ黙示録』(D&D:メディアワークス)
『六門世界RPGリプレイ』(新紀元社)
 など

●TCG
『モンスター・コレクションTCG』シリーズ(富士見書房/ブロッコリー/ブシロード)
 など

●カード/ボードゲーム
『ゴーストハンター13タイルゲーム』シリーズ(グループSNE/cosaic)
『ブラックストーリーズ』シリーズ(翻訳:グループSNE/cosaic)
『王宮のささやき』(翻訳:グループSNE/cosaic)
『タルギ完全日本語版』(翻訳:グループSNE/cosaic)
『エンドブレイカー!SCG BUILD&BREAK』シリーズ(ブロッコリー)
『サンダーストーン』シリーズ(翻訳:アークライト)
『マーメイドレイン』(幻冬舎コミックス/Z-man games)
『トレインレイダー』(メディアワークス/やのまん)
『ドイツボードゲーム』シリーズ(翻訳:エポック社)
 他多数

●小説/創作
『DRAGON BOOK 25th Anniversary モンスター・コレクション テイルズ』(富士見書房)
『六門世界』サーガ(富士見書房)
『モンコレ・ノベル』シリーズ(富士見書房)
『モンスター・コレクション短編集』(富士見書房)
 など

●小説/原案
『モンスター・コレクション・サモナーズ』シリーズ(富士見書房)
『ウィズ・ドラゴン』シリーズ(ジャイブ/ポプラ社)
『パラケルススの魔剣』(アスキー)
『ラプラスの魔』(角川書店)
『ロードス島戦記 灰色の魔女』(角川書店)
『ファイブリア』シリーズ(角川書店)
『死せる神の島』(ソード・ワールド:富士見書房)
 など

●小説/共著
『モンスター・コレクション・ノベル』シリーズ(富士見書房)
『ドラゴン大陸興亡記』(ハイパーT&T:角川書店)
『デュダ』シリーズ(ソード・ワールド:富士見書房)
 など

●小説/翻訳
『ミッション:インプポッシブル』(トンネルズ&トロールズ・アンソロジー:編・訳:書苑新社)
『魔術師の帝国』シリーズ(編・訳:書苑新社)
『ドラゴンランス』シリーズ(アスキー・メディアワークス)
『ダークエルフ』シリーズ(アスキー・メディアワークス)
『ディスクワールド騒動記』(角川書店)
『逆転世界』(東京創元社)
『サンドキングズ』(早川書房)
 など

●紹介/解説書
『ボードゲーム・ストリート』シリーズ(新紀元社)
『ボードゲーム・ジャンクション』(新紀元社)
『サンダーストーン 完全ガイドブック』(新紀元社)
『ゲームを斬る』(新紀元社)
『安田均のボードゲーム大好き!』(幻冬舎)
『幻夢年代記』(アスキー)
『RPGがよくわかる本』(角川書店)
『SFファンタジィゲームの世界』(青心社)
『ファンタジー・ゲーム・ファイル』(富士見書房)
『コレクション・シリーズ』(富士見書房)
『ファンタジーRPGガイドブック』(ホビージャパン)
 など

●ゲームブック
『デュマレスト・サーガ』シリーズ(創作:東京創元社)
『ファイティング・ファンタジー』シリーズ(翻訳:社会思想社)
 など

●コンピュータゲーム/ドラマCD
『モンスター・コレクションTCG ドラマCD』シリーズ(ドラマCD:ブロッコリー)
『ソード・ワールド』シリーズ(ゲーム:T&Eソフト)
『ゴーストハンター』シリーズ(ゲーム:ハミングバード・ソフト)
 など
 →Top


清松 みゆき(きよまつ みゆき)
 SNEきっての理論派ゲームデザイナー。システムデザインだけでなく、ゲームの翻訳、小説・リプレイの創作もこなす多彩な才能の持ち主。
 SNEの屋台骨のひとつ『ソード・ワールド』の生みの親であり、『ソード・ワールド2.0』となったいまも監修に、執筆に大車輪の活躍である。

代表作品
●RPGルールブック&サプリメント/創作
『ソード・ワールド2.0』シリーズ(富士見書房)
『ソード・ワールドRPG』シリーズ(富士見書房/新紀元社)
『ハイパーT&T』シリーズ(社会思想社/角川書店)
『央華封神RPG』(メディアワークス)
 など

●RPGリプレイ
『ソード・ワールド2.0リプレイ プリースト! プリースト!!』(KADOKAWA ドラゴンブック) 『ソード・ワールド2.0リプレイ サーペント』シリーズ(富士見書房)
『ソード・ワールドRPGリプレイ集』xSシリーズ(富士見書房)
『ソード・ワールドRPGリプレイ集』バブリーズ編、風雲ミラルゴ編、アンマント財宝編(富士見書房)
『エムブリオマシンRPG爽快!デザートナイツ』(ジャイブ)
『新ソード・ワールド リプレイ集』各シリーズ(監修:富士見書房)
 など

●RPG/翻訳
『T&T』シリーズ(社会思想社)
『バトルテック』シリーズ(富士見書房)

●小説/創作
『DRAGON BOOK 25th Anniversary モンスター・コレクション テイルズ』(富士見書房)
『ソード・ワールド2.0短編集』(富士見書房)
『ソード・ワールド短編集』(富士見書房)
『ソード・ワールド長編 混沌の夜明け』『同 混沌の大地』(富士見書房)
『妖魔夜行』『百鬼夜翔』シリーズ(角川書店)
 など

●ゲームブック/翻訳
『魔法の王国』(富士見書房)

●ボードゲーム/創作
『ソード・ワールド カードアドベンチャー」(グループSNE)
『ダービースタリオン ボードゲーム』(アスペクト)

●コンピュータゲーム
『ソード・ワールド』シリーズ(創作:T&Eソフト)
『AD&Dシリーズ』(翻訳:ポニーキャニオン)
 など
 →Top
友野 詳(ともの しょう)
 20数年前、“六百万部の男”と壮大な夢を掲げ、高笑いとともにSNEに現れた新人も、いまや若手を叱咤激励するベテラン作家。
 その創作意欲は尽きることを知らず、『妖怪コロキューブ』シリーズ(学研)や『ジョウスト!』シリーズ(集英社みらい文庫)といった児童書へも活躍の幅を広げる。
 いっぽう、2011年夏には斬新なアイディアのTPRG『ファイヤード!』を上梓するなど、ますます多才さに磨きをかけている。

代表作品
●RPGルールブック&サプリメント/創作
『ファイヤード!』(ジャイブ)
『シルバーレインRPG』シリーズ(トミーウォーカー/エンターブレイン/新紀元社)
『アラビアン・ダーク・ファンタジー ゲヘナ』『同 ゲヘナ〜アナスタシス〜』シリーズ(ジャイブ)
『ガープス』シリーズ(ルナル、ドラゴンマーク、百鬼夜翔、ユエルなど:角川書店/富士見書房)
『央華封神RPG』(メディアワークス)
『ゴーストハンターRPG02』シリーズ(イエローサブマリン)
 など

●RPG/リプレイ
『シルバーレインRPG』リプレイ(トミーウォーカー/エンターブレイン)
『ゲヘナ〜アナスタシス〜』リプレイ(ジャイブ)
『デモンパラサイト異聞源平鬼御魂〜剣姫照魔伝〜』(新紀元社)
『ガープス』シリーズ(ルナル、ドラゴンマーク、百鬼夜翔、ユエルなど:角川書店/富士見書房)
『ウォーハンマーRPG』リプレイ(社会思想社)
『央華封神』リプレイ(メディアワークス)
 など

●小説/創作
『からくり隠密影成敗』シリーズ(富士見書房)
『あやかし秘帖千槍組』(廣済堂出版)
『クレイとフィン』シリーズ(メディアファクトリー)
『ゾンビーズ? ゾンビーズ! テキサスゾンビーズ・ゲームノベル』(新紀元社)
『魔界王子レオン』シリーズ(角川つばさ文庫)
『ジョウスト!』シリーズ(集英社みらい文庫)
『グレートロード』(朝日ノベルズ)
『妖怪コロキューブ』シリーズ(小説担当:学習研究社)
『シルバーレイン アーリーデイズ』(エンターブレイン/新紀元社)
『DRAGON BOOK 25th Anniversary モンスター・コレクション テイルズ』(富士見書房)
『トライ・クロス!』シリーズ(角川書店)
『ガープス』シリーズ(ルナル、妖魔夜行、百鬼夜翔など:角川書店)
『ディープナイト・ランニング 容赦なしっ!』(角川書店)
『うろうろするな冒険者』(富士見書房)
『魔神形ANN&JEEN』(集英社)
『小説央華封神』(メディアワークス)
『ハートレス・シティ』(ソノラマ文庫)
『クロス・ザ・スレイヤーシリーズ』(ソノラマ文庫)
『直撃の牙』(ソノラマ文庫)
 など

●その他/原作・監修
『アクア・ステップ・アップ』シリーズ(ソニー・マガジンズ/幻冬舎コミックス)
『小説アクア・ステップ・アップ』シリーズ(ソニー・マガジンズ)
 など
 →Top
加藤 ヒロノリ(かとう ひろのり)
 かつてのディープ大阪の勤労青年は、奇抜な着想と独自の言語センスを活かし、ゲームデザイナー&小説家として活躍。
 1997年のデビュー作『モンスター・コレクションTCG』は2012年で発売15年を迎えるロングセラーに成長。いまなおユーザーの熱い支持を得ている。
 2017年には注目作『DARK SOULS TRPG』上梓、好評を博している。

代表作品
●TCG・TCG関連書籍/創作
『ドレッドノート』シリーズ(KADOKAWAメディアファクトリー)
『モンスター・コレクションTCG』シリーズ(富士見書房/ブロッコリー/ブシロード)
『モンスター・コレクションTCG タイトルデック ゴッドイーターバースト』シリーズ(富士見書房/ブシロード)
『モンスター・コレクション ガイドブック』(富士見書房)他
 ほか

●RPGルールブック&サプリメント/創作
『DARK SOULS TRPG』(KADOKAWA/原作=株式会社フロム・ソフトウェア)
『タンクライフRPGダークブレイズ』シリーズ(新紀元社)
『六門世界RPG 2nd edition』シリーズ(新紀元社)
『六門世界RPG』シリーズ(富士見書房)
 ほか

●RPGリプレイ
『六門世界RPG 2nd edition』リプレイ(新紀元社)
『六門世界RPG』リプレイ(富士見書房)
『央華封神』リプレイ(メディアワークス)

●小説
『Let'sPlay!モンスター図鑑 厄災のドラゴン』(新紀元社)
『モンスター・コレクション・サモナーズ』シリーズ(富士見書房)
『ホーリィの手記』シリーズ(富士見書房)
 →Top
 
北沢 慶(きたざわ けい)
 かつてSNEの青年団長と呼ばれた若者は、安田均との共著『モンスター・コレクション』ノベルシリーズで人気を博し、SNEを代表する作家に成長。
 現在は持ち前のバイタリティを活かし、『ソード・ワールド2.0』や『パラサイトブラッド』の監修や執筆に獅子奮迅の活躍。
 また、人なつこい笑顔と軽快な話術で、イベントでは引っ張りだこだ。

代表作品
●RPGルールブック&サプリメント/創作
『デモンパラサイト』『パラサイトブラッド』シリーズ(新紀元社)
『ソード・ワールド2.0』シリーズ(富士見書房)

●RPGリプレイ
『ソード・ワールド2.0リプレイ ドラゴンスレイヤーズ』シリーズ(KADOKAWA ドラゴンブック)
『ソード・ワールド2.0リプレイ with BRAVE』シリーズ(富士見書房)
『ソード・ワールド2.0リプレイ 聖戦士物語』シリーズ(富士見書房)
『ソード・ワールド2.0 リプレイ集』各シリーズ(監修:富士見書房)
『パラサイトブラッド』リプレイ(監修:富士見書房)
『六門世界RPG』リプレイ(富士見書房)
『ハイパーT&Tリプレイ 空からの落とし物』(角川書店)

●小説
『ソード・ワールド2.0ノベル 堕女神ユリス』シリーズ(富士見書房)
『ソード・ワールド2.0ノベル 剣をつぐもの』シリーズ(富士見書房)
『デモンパラサイト』シリーズ(富士見書房)
『ソード・ワールド短編集』(富士見書房)
『死霊戦士ギィル・ブレイド』(角川書店)
『マインレイヤー』(富士見書房)
『百鬼夜翔』シリーズ(短編集:角川書店)
『ドラゴン大陸興亡記』(角川書店)
『モンスター・コレクション・ノベル』シリーズ(富士見書房)
など

●キネティックノベル
『デモンパラサイト』(ocelot)
など
 →Top
 
笠井 道子(かさい みちこ)
 安田均との共訳で数多くのファンタジー小説を紹介し、単独でもジュブナイルの翻訳を手がける。
 また、『三歩歩くとルールを忘れる』特異体質を活かし、ゲーム専門誌にコラムを連載するなど、翻訳以外の分野にも意欲を燃やし中。2012年には新たなパズルブックを発表予定。SNEのウェブサイト担当を兼任。

代表作品
●小説/翻訳
『ダークエルフ物語』シリーズ(アスキー/アスキーメディアワークス)
『ヴァンパイア・キス』シリーズ(小学館)
『クレリック・サーガ』(アスキー)
『ルーンロード』(富士見書房)
『女王の矢』(社会思想社)
『ドラッケンフェルズ』(角川書店)
『AD&Dノベル』シリーズ(富士見書房)
『竜剣物語』(D&D/メディアワークス)

●小説/創作
『ファインディングストーリー ミズキ、はじまりの魔法』(角川書店)

●その他
『ボードゲーム・ストリート』シリーズ(新紀元社)
『ボードゲーム・ジャンクション』(新紀元社)
 →Top
秋口 ぎぐる(あきぐち ぎぐる)
『並列バイオ』で第十回ファンタジア長編小説大賞審査員特別賞を受賞。現在はSNE関連の作品は『秋口ぎぐる』名義、それ以外の作品は『川上亮』名義で執筆活動を行っている。
 カード/ボードゲームにも造詣が深く、自らデザインしたカードゲーム『キャット&チョコレート』が2010年日本ボードゲーム大賞に輝いた(2012年、フランスのムーンスター社より英語、ドイツ語、フランス語の各国版が発売)。
 2011年にはジュブナイル作品をも手がけ、活動の幅を広げている。

代表作品
●RPGルールブック&サプリメント/創作
『エムブリオマシンRPG』シリーズ(ジャイブ)

●RPGリプレイ
『ゲヘナリプレイ アザゼル・テンプテーション』シリーズ(ジャイブ)
『エムブリオマシンRPGリプレイ』シリーズ(ジャイブ)

●小説/創作
『人狼ゲーム』(竹書房文庫)
『代表監督は11歳!!』(集英社みらい文庫)
『いつか、勇者だった少年』(朝日ノベルズ)
『ガールズ・アンダーグラウンド』(朝日ノベルズ)
『ひと夏の経験値』(富士見書房)
『並列バイオ』(富士見書房)
『ショットガン刑事』シリーズ(富士見ミステリー文庫)
『ロンドンストーリー』シリーズ(ファミ通文庫)
『ラヴ☆アタック!』(角川書店)
『僕らA.I.』(富士見ミステリー文庫)
『青春時計』 (富士見ミステリー文庫)
『コミケ襲撃』(TOブックス)
『ソード・ワールド2.0テイルズ ペギー&ノノ 華麗なる冒険』(富士見書房)
『ソード・ワールド短編集』(富士見書房)
『ゲヘナ シェヘラザート・ビースト』(ジャイブ)
『百鬼夜翔』シリーズ(短編集/角川書店)

●カード/ボードゲーム/創作
『キャット&チョコレート』シリーズ(cosaic/Qvinta Essentia/アークライト)
『人狼ゲーム』(cosaic)
『フィルムフィクサー』(cosaic)

●その他
『ボードゲーム・ストリート2011』(新紀元社)
『ボードゲーム・ジャンクション』(新紀元社)
『ゲームブックDSソード・ワールド2.0』(シナリオ製作スタッフ:ブロッコリー)
 →Top
河野 裕(こうの ゆたか)
 脂肪肝を宣告されて一念発起、長期的な計画で減量中。
 SNEを代表する小説家の1人。リプレイ執筆やゲームサポートで経験を積み、オリジナル小説『サクラダリセット』シリーズで着実に読者を獲得した。
 その後もグループSNEの地元、神戸を舞台にした『つれづれ、北野坂探偵舎』シリーズや『階段島』シリーズと人気作を上梓。
 大人気シリーズ『サクラダリセット』は2017年に映画/アニメ化され、さらなる広がりを見せている。

代表作品
●小説/創作
『階段島』シリーズ(新潮nex)
『つれづれ、北野坂探偵舎』シリーズ(角川書店)
『サクラダリセット』シリーズ(角川書店)
ほか多数

●ゲーム制作スタッフ
『ゲヘナ〜アナスタシス〜』シリーズ(サプリメント『獄王顕現』以降/ジャイブ)
『エムブリオマシンTRPG』シリーズ(『御前試合 Expantion』以降/ジャイブ)

●RPGリプレイ
『ゲヘナ〜アナスタシス〜リプレイ ミラージュオーシャン・ログブック』(ジャイブ)
 →Top
 所属クリエーター 2/社友