Group SNE
News
●更新情報
●新刊案内
●イベント情報
●その他
About SNE

Products

User Contents
Link
indexに戻る

 TOP > 最新情報 > 新刊案内


 下記「新刊案内」はグループSNEが非公式に入手した情報をまとめたものです。諸般の事情により、発売日等が変更になる場合があります、ご了承ください。
 正式な刊行予定は各出版社の刊行物やホームページなどでご確認ください

 KADOKAWA TRPGオンラインドレッドノート公式サイト富士見L文庫NOVEL0
 新潮社 新潮文庫nex
 新紀元社 Role&Roll公式サイト
 アトリエサード書苑新社
 アンバランス
 冒険企画局
 FT書房
 幻冬舎/ 幻冬舎エデュケーション局
 グループSNE/cosaic ボード/カードゲーム関連
● ISBNとJANコード
 ISBN=国際標準図書番号。書籍の裏表紙や奥付に表示されています。
 JANコード=日本工業規格制定の標準商品表示。バーコードとして商品などに表示されています。

 書籍やゲームを探す際、タイトルや著者だけでなくこの番号で検索することができます。注文の際などにお役立てください。

  
2018年11月
09日 GM2018秋でイベント初売り!
ボードゲーム・ストリート2018
  著=安田均/グループSNE
  発行=グループSNE
  発売=書苑新社
  定価:1,800円(税別)
  ISBN:9784883753291
  JANコード:1920076018008

 遅れてすみません、毎年恒例のボードゲーム・ストリート、今年もまとまりました。最初は、2000年代の優れたボードゲームをまとめておかないと、こんなにもあるのに皆な気づいてくれ、と思って出した「ボードゲーム・ジャンクション」(2010)です。その後、続けないとと思い、「ボードゲーム・ストリート2011」をはじめました。と、この頃からボードゲーム分野が急速に拡大し始め、あれよあれよという間にゲームカフェなど、世の中に何百箇所もできるほどの盛況。おかげさまでこのシリーズも早8年目に突入しました。
 というわけで、本作も例年と変わらない構成が8割です。ぼくのベストゲーム選出、目立った作品の実況リプレイ、楽しいゲーム紹介の「うに頭」、本音の座談会など、他にもアプリや日本のゲーム紹介。
 今年は新コラムとして中国・台湾などアジアのゲーム状況と、日本のゲームカフェをリスト化しました。
頭の「1年のまとめ」を読んでいただくと、昨今の世界のボードゲーム状況がよくわかります。これまでの8冊と合わせれば、最強!
 では、来年もよろしく(もう少し早く出すのを目指します)。(安田均)
14日 ぼんくら陰陽師の鬼嫁 1 (コミックス)
  原作=秋田みやび
  キャラクター原案=しの とうこ
  漫画=acca
  KADOKAWA  ジーンLINEコミックス
  ISBN:9784040652573

20日 ソード・ワールド2.5リプレイ 水の都の夢みる勇者2
  著=河端ジュン一/グループSNE
  KADOKAWA ドラゴンブック
  定価:720円(税別)
  ISBN:9784040728131

 海の魔域「黒点海域」が活発化している。それの解決は、タラ商の息子・ニコの悲願でもあった。
 魔域研究の先進国・ミラージ共和連邦へと情報収集に向かうアイリス王女に、護衛として付き従うことになったPC一行は、豪華客船に乗り込み船旅へ。
・嵐のなか迫る海賊船と亡霊船。深海に非道な実験施設を発見する「海底に射す光」
・船体修理のため、芸術の国で一時停泊。夜の街で踊り子のストーカー追跡依頼をこなす中、自分たちも尾行されていると気づく「夜の目たちの狂詩曲」
・ついに到着したミラージ共和連邦。そこは勇者のひとり、ニコの先祖が眠る聖地だった。100の人族軍と100のアンデッド軍がぶつかり、大聖堂で300年前の仇敵と対峙する「聖ニクラウスの墓」
 の三編を収録。
 ルールブックⅡで登場したアビス強化やバード技能、上級戦闘などをわかりやすく解説した“初心者への手引き”としても好評なリプレイ、第二弾!(河端ジュン一)
22日 つれづれ、北野坂探偵舎 物語に祝福された怪物
  著=河野裕
  KADOKAWA 角川文庫
  定価:720円(税別)
  ISBN:9784041021644

 作家・雨坂続が二度目の長い眠りについて二年。佐々波蓮司は東京に居を移し、フリーの編集者になっていた。
 ある日佐々波は、かつて勤めていた出版社の後輩、工藤から相談を受ける。それは雨坂の著書『トロンプルイユの指先』の映画化に関するものだった。
 雨坂の唯一の肉親である、義父・洋司に合うため、再び神戸に戻った佐々波だが――

     ※

 本書は『つれづれ、北野坂探偵舎』の六冊目の小説で、シリーズ最終巻となります。
 なんとなくミステリ風味の少し変わった日常ものとして始まったこのシリーズですが、最終的には、作家と編集者の理想を巡る物語になったのかな、と思います。
 著者にもぎりぎりまで、これがなんの話なのかよくわからないシリーズでした。どうにかこうにか最後の一行まで書くことができて、今はとりあえず安心しています。お楽しみいただけましたら幸いです。(河野裕)
27日 GM2018秋、グループSNEブースで販売あります!
EXIT 脱出:ザ・ブック ダ・ヴィンチ学園の謎
  著者=アンナ・マイバッハ/インカ&マルクス・ブラント
  監修=安田均/グループSNE
  翻訳=ミッテンドルフ夕起子
  KADOKAWA  B6判単行本
  定価:2,400円(税別)
  ISBN:9784040728971

 仲間と気軽に家で楽しめるドイツの脱出ボードゲーム――『EXIT 脱出:ザ・ゲーム』が、本になりました!
 ストーリーとパズルが融合したこの本、謎はすべてゲームと同じインカ&マルクス・ブラント夫妻が作成しており、手ごわくもスッキリ納得の出来に仕上がっています。小説を執筆したのはアンナ・マイバッハというプロの女流作家。
 ストーリーを読み進めるには、円盤(デコーダー)ならぬ「解読コード」を用います。謎を解いて3桁の数字がわかったら、本のカバーの折り返しに付いている3本の紙の帯にそれを入力。するとあら不思議、裏面に続きのページが現れます(答えが正しければ!)。
 舞台はレオナルド・ダ・ヴィンチ学園という芸術を重んじる高校。主人公の少年ルカはある日、クラスメイトのベンとミナと、放棄された地下の物理教室に閉じこめられてしまいます。脱出するには教室にちりばめられた謎を解かなくてはいけません。やがて今回のできごとが、数か月前に発生した現金強奪事件と関係あることがわかり……。
 登場人物たちの悩み、憧れ、秘密などもしっかり描かれ、良質のジュブナイルに仕上がっています。
 さあ、ルカたちの代わりに謎を解いて、彼らを出口へと導いてあげてください!(柘植めぐみ)

2018年12月
07日 GM2018秋先行発売予定!
※第3回グループSNEゲームコンテスト入選作
死盤遊戯
  ゲームデザイン=神田恒太郎
  制作・発売=グループSNE
  定価:2,500円(税別)
  JANコード:4580552550032

 第3回公募ゲームコンテストの入選作がいよいよ発売です!
 まずタイトルがシブい(英語タイトルは『Boardgame of Death』)! そしてなによりゲームの完成度が高く、満場一致の決定でした。デザイナーはすでに多くの作品で活躍中の神田恒太郎さん(円卓Pさん)。さすがの一言です。
 舞台は数多の格闘家が集う決死の塔。プレイヤーはライバルたちと競いながら、その頂点を目指します。
 ゲームシステムとしてはいわゆる“デック構築型”。しかし、手札をどう出すか考えるというより、デックにどんなカードがあって何ができそうかを予想し対処するという、ちょっと変わったゲームに仕上がっています。
 塔に出現する敵カードと戦って勝利すると、そのカードがくるりと180°回転して技カードに変身! 新たな必殺技を会得したことになります。さらに「ラッシュ」(めくるカード枚数)、「コンボ」(連続技をくり出す能力)のレベルが上がることも。
 ときには疲労し、好調と不調の波をくり返しながら塔を登っていくさまは、まさに映画のストーリーのよう。
 アートワークは、パッケージを菅野博之さん、技カードをそうじろうさんにお願いしました。ともに動きのあるカッコいいイラストに仕上がっています。
 あなたは誰よりも早く最上階のボスを倒すことができるでしょうか? (柘植めぐみ)
14日 コミックマーケット95、イベント初売り予定
ヴァンパイア
  作=ライナー・クニツィア
  翻訳=安田均・柘植めぐみ
  制作・発売=グループSNE
  定価:1,800円(税別)
  JANコード:4580552550025

 『ヴァンパイア』は巨匠ライナー・クニツィアのカードゲームです。
 テーマはタイトルのとおり吸血鬼。ただしプレイヤーは彼らを“狩る”側、すなわちヴァンパイアハンターとなります。
 ゲームでは山札からひたすらカードを引いて集めたり、機を見計らってトランシルヴァニアの港や酒場といった場所に赴いて吸血鬼を退治したりするのですが……競うのはそうやって手に入れた吸血鬼の“首”の数! なんとも物騒ですね。
 しかし九月姫さんのキュートなイラストが凄惨さを吹き飛ばし、ワイワイ楽しめるゲームに仕上がっています(同じ九月姫さんパッケージの『ポイズン』と棚に並べるのがお勧め!)。
 誰かが6か所(6色)すべての吸血鬼を狩るのが早いか、山札が尽きるのが早いか? 状況を見きわめ、どこで勝負に出るかが重要です。かといって、色ごとに首の数がいちばん少ないプレイヤーは得点がもらえないので、焦りは禁物。う~ん、悩ましい。
 クニツィアならではのジレンマにあふれた隠れた名作カードゲームをお楽しみください!(柘植めぐみ)
14日 コミックマーケット95、イベント初売り予定
ゲームマスタリーマガジン VOL.6
  著=安田均/グループSNE
  発行=グループSNE
  発売=書苑新社
  定価:1,800円(税別)
  ISBN:9784883753321
  JANコード:1920076018008

 グループSNEの最新情報を特集したアナログゲーム専門雑誌『ゲームマスタリーマガジン(GAME MASTERY  MAGAZINE)』の第6号。
 今号ではロードス島戦記30周年記念作品『ロードス島戦記RPG』&好評発売中の『ソード・ワールド2.5』をW特集!
『ロードス島RPG』から『ロードス島戦記RPG』へと復活を遂げた本作のルールシステムの紹介だけでなく、初心者向けシナリオ、ゼサンGM&執筆のリプレイが早くも登場します。
『ソード・ワールド2.5』では発売間近な「ルールブックⅢ」の紹介ほか、コラム「アルフレイムの風景 第2回」を秋田みやびが担当。
 さらにプレイヤー全員が自身のキャラクターをフェロー化した、田中公侍GM&執筆の高レベルリプレイにも注目!
 ソード・ワールドとロードス島戦記、それぞれの舞台となる世界をさまざまな視点から見比べる「ラクシア VS フォーセリア」も読み応え抜群!

 TRPG記事では、
 2018年秋からテレビアニメが好評放送中の小説『ゴブリンスレイヤー』を原作とした『ゴブリンスレイヤーTRPG』の新情報がもりだくさん。
『DARK SOULS TRPG』ではオリジナルシナリオ「深淵の闘技場」、『ブラインド・ミトスRPG』では職業の追加データをそれぞれ掲載しています。

 ボード/カードゲーム記事の特集は「ボードゲームを始めよう!」と題しまして、ボードゲームをどんどん遊んでいこうというみなさんに向けて、SNEのオススメ、ゲームショップの店長さんに聞いたオススメ、ゲームのインスト講座、ボードゲームに頻出する単語を集めた用語講座などなど徹底紹介!
 今回のアナログゲーム最新情報は、ドイツエッセンで開催された世界最大規模のボードゲームの祭典「Spiel’18」を安田均がレポート。世界のボードゲーム注目作を一挙にご紹介しています!

 今号の付録には、『ソード・ワールド2.5』で使える大変便利な「ゲームマスタースクリーン」を収録しています!

 GMマガジンVOL.6は順次店舗やネットで予約が開始されます。
 お近くの書店にてタイトルとISBNを店員さんにお伝えいただければ、お取り寄せできることもあります。(西岡拓哉)
14日 GM2018秋先行発売!
エムブリオマシン
  著者=志柿俊光、秋口ぎぐる
  制作=cosaic/グループSNE
  発売= cosaic
  予価:3,700円(税別)
  JANコード:4571398990922

『エムブリオマシン』は巨大ロボット同士の戦いを扱ったボードゲームです。最大の特徴は「すべてのプレイヤーは2つのアクションをあらかじめ決定しておき、一斉にオープンして解決する」こと。このためプレイ中は常に「対戦相手の思考を読むこと」が求められます。敵は接近し、パイルバンカーを繰りだしてくるのか?
スパイクを構えて突撃を仕掛けてくるのか? 建物の陰に身を隠し、ミサイルで遠距離射撃を試みてくるのか?
——あらゆる可能性を考慮し、相手の裏の裏をかいて、勝利の栄光をつかみましょう!(秋口ぎぐる)
20日 ロードス島戦記RPG
  原作=安田均・水野良
  監修=安田均
  ゲーム原案=高山浩
  著=川人忠明/杉浦武夫/グループSNE
  KADOKAWA  判型:B5
  定価:4,000円(税別)
  ISBN:9784040728056

 ムック本『ロードス島戦記コンパニオン』(1989年)、文庫版『ロードス島RPG』(1995年)の流れをくむ、小説『ロードス島戦記』を楽しむためのTRPGルールブックが再誕です!
「パーセント表記での感覚的にわかりやすい行為判定」や「ヒロイックな集中力判定」など、基本的なルールはシンプルかつダイナミック。6種の基本クラスでPCの役割をわかりやすく分担されており、成長すると上級クラスによって選択肢が広がります。そしてPCデータは最高レベルまで掲載された大ボリュームとなっております! 
 ワールドガイドとサンプルシナリオでは、原作第1巻『灰色の魔女』の時代を中心にご紹介。"六英雄"や"五色の魔竜"といった強力NPCデータも満載された、ファンブックとしても楽しい一冊です。(杉浦武夫)
21日 コミックマーケット95、イベント初売り予定
※第3回グループSNEゲームコンテスト選外佳作
なかぬきパラダイス
  ゲームデザイン=ゆお
  制作・発売=グループSNE
  定価:1,500円(税別)
  JANコード:4580552550056

 オレたちゃ仲良し悪徳企業! 今日も事業を中抜き丸儲け!
 なんだかワルそう、でも楽しそう――それが『なかぬきパラダイス』です。
 ときにはライバルたちとウィンウィンで、ときには出し抜いて、とにかくお金を儲けちゃえ! というのがテーマのゲーム。
 プレイでは、なかぬきカード(お金を表す数字カード。単位は億!)を使ってさまざまな案件に投資します。みんながこっそり出したカードが予算の範囲内ならOKなのですが……「きみ、3枚出してるけど全部1だったりして」「あいつ、手札が少ないからこの案件には参加せずカードを引くかな?」というふうに、とにかく“読み合い”が重要。ときにはまんまとだまされたり、肩透かしを食らうことも。「ちょっと!」「なんでやねん!」と賑やかなプレイになること間違いなしです。
 第3回公募ゲームコンテストで、「何これ? めちゃオモロいやん!」と審査陣をうならせ選外佳作となった本作。デザイナーのゆおさんは、これまでも数々のゲームを世に送り出してきた実力派です。
 アートワークは「ボードゲーム・ストリート」やゲームマーケットのカタログでおなじみの平尾リョウさん。かわいらしいイラスト(でもちょっと毒っ気アリ)に注目! (柘植めぐみ)
21日 コミックマーケット95、イベント初売り予定
みゃう(MAUW)
  作=ヴァンサン・ジョエッサン
  翻訳=柘植めぐみ
  制作・発売=グループSNE
  定価:1,800円(税別)
  JANコード:4580552550018

 みゃう(MAUW)は猫たちの9個の命をテーマにしたカードゲームです。
 1640年。ニュージーランドへとやってきた猫たちは、マオリ(ニュージーランドの先住民族)の精霊たちに9個の命を持つこと知られ、嫉妬されることになりました。彼らは強力な戦士となることで、自らを守ることになったのです!
 猫のカードは4色あり、1~8の数字(命の数)が書かれています。同じ色のカードは2種類あり、1と8、2と5というように、数字を足し合わせると合計が9になるようになっています。また、すべてのカードの裏は9の数字と×2の倍数が書かれています(裏向きの状態を、「みゃう」と呼びます)。
 ゲームはプレイヤーが手札から猫のカードを場にプレイすることで進みます。各プレイヤーは場に最大で4列×4枚まで重ねてカードを出すことができ、得点を競います。列の得点は「一番上にあるカードの数字」にその列の「×2」をかけるというシンプルなもの。なるべく多くの枚数を出し、一番上の数字を大きくするのが高得点の鍵です。しかし、自分の列にあるカードと同じ色のカードを使って列を強化したり、他のプレイヤーの列に攻撃をしかけたりと、なかなか多彩な展開を楽しめます。
 洗練されたデザインもこのゲームの魅力ひとつ。マオリのアートをイメージしたおしゃれなカードは、者自らがイラストを書いています。プレイしているうちに、キュートでどこかとぼけた表情の猫たちが愛おしくなってくること間違いなしです。(こあらだまり)
21日 コミックマーケット95、イベント初売り予定
ウォーロック・マガジン VOL.3
  著=安田均ほか
  発行=グループSNE
  発売=書苑新社
  定価:1,800円(税別)
  JANコード:1920076018008
  ISBN:9784883753376

 今年4月に創刊の本誌も、それまでのTtTマガジンを引き継いで、年3冊目を出すことができます。これも皆さんのご支援のおかげです。今後ともよろしくお願いします。
 今号の目玉は3つ。1つ目は付録のAFF2eディレクター・スクリーン。スクリーンだけでなく、さらに、まじない、魔術、妖術、神術を6ページのシートにまとめました。これでセッションがとてもやりやすくなるはず。
2つ目は巻末のゲームブック・ボーナス。かつての名作「四人のキング」(山本弘)から、「四人のジャック」を抜き出し、それを簡易AFF2eのルールで遊べるようにしました。なお、旧ウォーロック誌以来、ここのように健筆を振るわれ、最近亡くなられた鈴木健介氏のイラストは、巻頭にもギャラリーとして追悼掲載させていただいてます。
 3つ目は「ファンタジーの都市」特集。ポートブラックサンドやT&Tになじみ深い「シティブック2」の紹介、そして特殊な都市の例ナドソコルなど。冒険の一助になると思います。
 他にもケン・セント・アンドレのオリエンタル・ソロアドベンチャーや万太郎、ソーサリー・カーレの両ソロアドベンチャー、W中山氏の人気コミックなど、これでもかとばかりにオモシロ記事が詰まってます。
現在、最終編集中、鬼に笑われないよう、応援よろしく。(安田均)
21日 コミックマーケット95、イベント初売り予定
トンネルズ&トロールズ完全版BOOK

  ゲームデザイン:ケン・セント・アンドレ
  パッケージイラスト:リズ・ダンフォース
  シナリオ:ジョン・カーヴァー
  翻訳:安田均・岡和田晃/グループSNE
  制作・発売=グループSNE
  定価:3,800円(税別)
  JANコード:4580552550063

 ダイス、マスタースクリーン、電卓などが同梱された『トンネルズ&トロールズ完全版』ルールブックが発売されたのは2年と少し前。そろそろ本のページが汚れたり傷んだりしていませんか? 新たにT&T世界に友だちを誘おうにも大きなBOXを買えというのはちょっと、と悩むことは?
 そのような声にお応えして、ルールブックだけを抜き出した、その名も『トンネルズ&トロールズ完全版BOOK』が発売になります!
 日本語版のルールブック3冊――「ブック1:基本ルール」「ブック2:さらなる詳細」「ブック3:〈トロールワールド〉」――をまとめてシュリンクしたこのセット。さらにおまけとして、シナリオが1本付いてきます!
 タイトルは、知る人ぞ知る往年の名作シナリオ「アンクル・アグリーの地下迷宮 レベル1」。なんと作られたのは40年以上前の1978年! おかしくもデッドリーなシナリオを、完全版に合わせて岡和田晃さんが翻訳しました。ちなみにこの通称「UUU(Uncle Ugly’s Underground)」のプレイのようすは、「ウォーロック・マガジンVol.3」でもコミックで紹介されていますよ。
 3年目を迎えた「T&T完全版」のこれからの展開にご期待ください!(柘植めぐみ)
2019年1月
20日 ソード・ワールド2.5 ルールブック III
  著=北沢慶/グループSNE
  KADOKAWA ドラゴンブック
  定価:900円(税別)
  ISBN:9784040728124
20日 ソード・ワールド2.5リプレイ トレイン・トラベラーズ! 2
  著=ベーテ・有理・黒崎/グループSNE
  KADOKAWA ドラゴンブック
  定価:720円(税別)
  ISBN:9784040728094
下旬 アドバンスト・ファイティング・ファンタジー モンスター事典
  著=スティーブ・ジャクソン、イアン・リビングストン&マーク・ガスコイン
  訳=安田均・他
  発行=グループSNE
  発売=書苑新社
  予価:   円(税別)
  JANコード:……確認中です。しばらくお待ちください
  ISBN:……確認中です。しばらくお待ちください

 「私たちは200以上の不浄な怪物を発明し、冒険者の心に恐怖を叩き込んできたのだ。」――研ぎ澄まされて現代に帰って来た王道ファンタジーRPG、アドバンスド・ファイティング・ファンタジー第2版(AFF2e)シリーズ。その荒々しい世界を彩る、関連書籍の第2弾が登場です。かつて社会思想社より出版され、長らく絶版状態だった「モンスター事典」。AFF2eシリーズの再始動、その一部としての本国イギリスでの復刊を受け、こうして新たに翻訳いたしました。
 四大元素のエレメンタル(精霊)、フォグ・デビル(霧妖怪)、ブレイン・スレイヤー(頭脳殺し)、そしてゴブリン、ドラゴン……本書の主役は、206種類にも及ぶモンスターたち。ステータスや特殊能力のみならず、豊富なイラストに生息地や生態、種としての起源など、たんなる障害にとどまらない魅力が満載です。新たな宝物表と遭遇表も併せて、冒険への想像力をかき立てる一冊となっています。
 時を超えたモンスターの雄姿。あなたもぜひご覧ください!(笠 竜海)
2019年初夏予定
アドバンスト・ファイティング・ファンタジー 超モンスター事典
  著=スティーブ・ジャクソン、イアン・リビングストン&マーク・ガスコイン
  訳=安田均・他
  発行=グループSNE
  発売=書苑新社
  予価:   円(税別)
  JANコード:……確認中です。しばらくお待ちください
  ISBN:……確認中です。しばらくお待ちください



…… 既刊作品(発行月別) ……
→ 2018年
→ 2017年
→ 2016年
→ 2015年
→ 2014年
→ 2013年
→ 2012年
→ 2011年
→ 2010年
→ 2009年
→ 2008年
→ 2007年
→ 2006年
→ 2005年

PRODUCTSの各作品ページに
シリーズ別のリストがあります


TOP