本文へスキップ

株式会社グループSNEオフィシャルサイト

新刊案内


→2020年の作品


2020年10月
9日 マウ連合君主国 ルールブック
  作=エディ・ウェブ
  監修=安田均
  訳=ベーテ・有理・黒崎、ゼサン
  発行=グループSNE
  定価:5,000円(税別)
  ISBN:9784883754151

 我ら、かつては6つなれど今は1つなり。違いは多くとも、これらについて見解は同じ――

 常に本能を信ぜよ
 常に見えざる者の眷属に飛びかかれ
 常に忠義に報いよ
 常に正当なる決闘の結果を尊重せよ

 これらの国訓なくば、我らはヒトの敬愛に値せぬ者と堕すだろう。
 
――大君主トリラ―ニ・ペルシャン・フォン・マウ


 みなさまお待たせしました!
 あの「パグマイアの世界」で猫族のキャラクターを作り猫の国で猫社会のしがらみの中冒険を繰り広げることができるポスト・アポカリプス・ファンタジー・キャットRPG『マウ連合君主国』が発売されます!
 猫派大歓喜!!
 サプリメントではなく、前作の『パグマイアRPG』がなくとも本書だけで遊ぶこともできますし、ルールはほとんど共通なので、犬と猫の混合パーティーを組むことも可能です!
 猫好きの方も、犬好きの方も、是非手に取ってください。めくるめく陰謀と冒険の世界をお約束します。

 汝、素晴らしき猫たらん!(ベーテ・有理・黒崎)
16日 ノーリターン
  作=マルコ・トイブナー
  翻訳=グループSNE/安田均、柘植めぐみ、石野力
  制作・発売=グループSNE
  定価:3,600円(税別)
  JANコード:4580552550421

「あのときにもどりたい、もどれない。それが『ノーリターン(後戻りできない)』」

『ノーリターン』は1から11の数字が書かれた6色のタイルを使って、より高い得点を目指すゲームです。

 まず、ルールに従って手持ちのタイルを公開していきます。気に入らないタイルがあれば交換可能。不要なタイルを伏せて置き、タイルの入った袋から中身を見ないで補充を行います。公開に使ったタイルの補充も同様に行います。

 そう聞くと、手持ちのタイルをたくさん公開していきたいところですが、タイルを公開するだけでは勝てないのがこのゲームのポイント。なぜなら『ノーリターン』と宣言を行い、すでに公開したタイルをルールに従って取り除く(交換する)ことで、はじめて点数となるのです!

 なお、『ノーリターン』宣言後はタイルを公開することはできません。できることは公開済みのタイルを交換することのみ。つまり、公開したすべてのタイルを得点に交換できたとしても、再びタイルを並べて得点を稼ぐことはできません。

 また、ゲーム終了時に場に残ったタイルはすべてマイナス点になるため、効率よくタイルの交換を行う必要があります。そのため、たくさんのタイルを公開すると高得点を狙えますが、すべてのタイルを交換できない場合は大きな失点となるリスクがあるのです。

 黒い袋の中身がなくなるか、全員が公開したタイルを交換することができればゲーム終了。得点計算を行って勝者を決めます。

 ルールは簡単なのに、『ノーリターン』宣言のタイミングが悩ましいこのゲーム。きっとゲーム後にいろいろな感想を持つでしょう。もっとタイルを公開してもよかったのでは、袋に残っているタイルが思った以上に少なかった、あのときあのタイルを捨ててなければ……。

 そしてきっとこう言うと思います、「もう一回、『ノーリターン』!」。
 1ゲーム30分程度の軽いゲームなので何度でもプレイして、ぜひ後悔しない『ノーリターン』を楽しんでくださいね! (シイタケ)  
 17日 ロードス島戦記RPGリプレイ 放浪貴公子のはてしない家路
  原作=安田均/水野良
  ゲーム原案=高山浩
  監修=川人忠明
  著=杉浦武夫/グループSNE
  KADOKAWA ドラゴンブック
  定価:780円(税別)
  ISBN:9784040738499

 4Gamer.netで連載されていたリプレイ連載「放浪貴公子のはてしない家路」の文庫版が登場!  騎士フォーガを中心とした、英雄戦争期の冒険が繰り広げられます。  なにぶんフォーガのプレイヤーに原作小説『ロードス島戦記』の知識がないので、それにあわせて原作知識がなくても楽しめるよう背景解説が充実しているのが、本リプレイの特徴です。  連載時の全5話収録の他、「GMの思惑」や「初期レベルPCデータ概要」を加筆したので、『ロードス島戦記RPG』未経験の皆さんにもゲームの雰囲気を掴んでもらえると思います。  原作ファンの皆さんも、TRPGファンの皆さんも、ぜひご覧ください!(杉浦武夫)  
 20日 ソード・ワールド2.5サプリメント モンストラスロア
  監修:北沢慶
  著:田中公侍/グループSNE
  KADOKAWA
  定価:3,600円(税別)
  ISBN: 9784040738208

 2020年の『SW2.5』の秋は魔物を取り上げたサプリメント『モンストラスロア』をお届けするぞ。
『SW2.5』にこれまで登場した魔物をすべてまとめて収録し、さらに新規魔物、『SW2.0』からのコンバートされた魔物を加え、収録総数は約400体! 過去最大のボリュームとなってお届けする。手に取っていただければ、その分量にまず驚いてもらえるはずだ。
 さらに、今回はルールブック以外で初となる新技能を収録しているぞ。ひとつめは動植物と心を通わせ、精霊体という力を借りて森羅魔法(しんらまほう)を使う「ドルイド」技能。他の魔法系統とはちょっと違った、補助動作で使用できる魔法の多い、ハイスピードな展開が可能な魔法系統だ。
 ふたつめは魔神と契約し、その力の一部を使いこなす召異魔法(しょういまほう)を使う「デーモンルーラー」技能。『SW2.0』にもあった技能だが、魔神の召喚方法は別物といえるくらいにわかりやすく、使いやすくなっているぞ。
 新技能はどちらも「魔物の力の一部を借りる」ことがテーマになっている。他にもソーサラー技能で使用できる使い魔、コンジャラー技能で召喚するゴーレム、フェアリーテイマー技能で呼び出す妖精なども、余すところなく収録されている。
 もちろん、これらの新技能は魔物たちも使ってくる。森羅魔法を使い人族に立ちふさがる蛮族の森羅導師「アルボル」、真語、操霊に加えて召異魔法も使用する蛮族の将「サキュバスナイト」などが現れれば、その脅威を感じてもらえることだろう。
 魔物の分類ごとに生態をレポートしている「魔物の博物誌」も掲載され、索引も充実。まさにあるフレイムの魔物を「知る」「使いこなす」「攻略する」ために最適の1冊だ。ぜひ、手に取ってくれ。(田中公侍)  
2020年11月
6日 ESCALOGUE シャーロック・ホームズの追悼
  ディレクション&ストーリ=河野裕
  謎制作協力=パズ.rar、常春
  制作=グループSNE、ラ・シタデール
  発売=グループSNE
  価格:3,200円(税別)
  JANコード:4580552550476

謎解きと物語の完全な融合を目指した、ESCALOGUE(エスカローグ)シリーズ。
第1作の「アリスと謎とくらやみの物語」は、プレイ後のアンケートで満足度が99%を越える評価を得ています。
そして第2作となる、今作のテーマは「ホームズ」。
舞台は1902年ロンドン、ホームズものとしてはかなり後期に当たる時代です。

すでにホームズとの同居生活を解消しているワトスンは、ある日ベーカー街221Bを訪ねました。
そこでワトスンは、ホームズから「奇妙な新聞広告」の話を聞きます。
その広告は暗号になっており、しかもどうやらその暗号は、新聞だけでは解くことができないようです。出稿者の名前は、著名な医学博士であるロビンソン博士となっています。
奇妙な新聞広告は、それから毎日、内容を変えながら掲載され続けました。
そして1週間後、ワトスンは同じ新聞の伝言欄に、驚くべき記載を発見します。
出稿者であるロビンソン博士は10日も前に亡くなっており、本日は彼の記念式(死者を追悼する儀式)が開催されるというのです。
――新聞の暗号は、死者が出稿したものだった!
この件に興味を持ったワトスンは再びベーカー街221Bを訪ねますが、そこにホームズの姿はありませんでした。
代わりに、ワトスンに宛てた、1通の手紙が残されていたのです。

謎をひとつ解くたびに明らかになる、被害者を取り巻く人間関係。
この奇妙な事件の真相とは?
新聞に謎が掲載され続ける理由とは?
そして、ホームズはどこに消えたのか?
残されたワトスンと共に、真実を明らかにするのは、あなたです。

最後にご注意を。本作ではLINEアプリをインストールしたスマートフォンが必要です。
最低1台あればプレイすることは可能ですが、できる限りすべてのプレイヤーがLINEを使用することを推奨いたします。
また、本作は謎解きゲームであり、何度プレイしても内容は同じですので、「最高の体験ができるのは一度だけ」となります。

それでは、ホームズの「語られなかった物語」の一遍を、あなたがワトスンと共に読み解くときを楽しみにしています。(河野 裕)
13日 第4回グループSNE公募ゲームコンテスト 入選作
即身仏になろう!
  作=猫柳生
  ディべロップ=安田均/グループSNE
  制作・発売=グループSNE
  定価:2,000円(税別)
  JANコード:4580552550483

 グループSNEゲームコンテスト2019の入選作がいよいよ登場です!
 タイトルにもなっている即身仏とは 真言密教に伝わる究極の荒行を行い、食事を断ち体内を清め読経と瞑想を行いながら生きたまま自分をミイラにし、永遠の肉体を得ること! プレイヤーは修行僧となり、五穀を集め、五穀を断ち、ミイラになることで菩薩点の獲得を目指します。
 本作の注目すべき点はゲームのシステムがとてもユニークで基本ルールは同じなのに3つのフェイズにそれぞれ設けられた目標によって味わいが変わるところにあります。
 五穀集めフェイズでは手札をそろえる楽しさが、五穀断ちフェイズでは自分で集めた五穀を捨てる難しさが、そして最後の土中フェイズでは手札をゼロにする苦しさを体感することができるでしょう!
 また読経(どきょう)、入定(にゅうじょう)漆茶(うるしちゃ)、斎食(さいじき)といった特殊カードは世界観を彩るだけではなく、様々な場面でよりよい即身仏になる手助けとなってくれます。
 パッケージとカードイラストは石野中さん。インパクトのある圧倒的存在感の箱絵となりました。
 マニアックな世界観ながら、諸行無常のプレイ感を楽しめる本作をぜひ遊んでみてください!(黒田尚吾)
20日 ゲームマーケット秋2020先行発売!
ミステリーパーティー ・イン・ザ・ボックス シリーズ
あの夏の囚人

  作=秋口ぎぐる/桜井理人
  制作・販売=cosaic/グループSNE
  定価:3,500円(税別)
  JANコード:4580552550384

 青年は自分の遺影を見つめていた。彼は自分が霊であることに気づいている。だが自分が死ぬ数日前までの記憶がない。幸い、葬儀には旧友たちが久しぶりに集まってくれている。彼らの力を借りれば、自分が死んだ理由がわかるかもしれない。
 12年前の夏。沖に浮かぶ小島での冒険。行方不明になった少年と、地主の一族に伝わる「死者の声を聞く」力……。
 過去に囚われた若者たちが織りなす、追憶と再生のマーダーミステリー。

※幽霊プレイヤーによる「他人の手札の閲覧」ルール、漁船による「小島の探索」ルールといったギミックが新鮮。圧倒的なテキスト量と驚きに満ちた展開が魅力です。(秋口ぎぐる)
20日 ゲームマーケット秋2020先行発売!
ミステリーパーティー ・イン・ザ・ボックス シリーズ
魔女は黄昏の鐘に消える

  作=秋田みやび
  制作・販売=cosaic/グループSNE
  定価:3,200円(税別)
  JANコード:4580552550452

 魔女と呼ばれる少女の消失事件から7年後の、閉鎖された女学院旧館にて、鐘の音とともに始まる殺人事件。
 現代の高校生やその教師たち7人が出くわしたのは、一人の男の死体の前だった──。
──と始まる、MPBの第七作目です。秋田みやびがシナリオを担当させていただきました。
 現代の物語なので、スマホやサイトは大切な情報アイテムです。
 様々なタイプの高校生、もしくは先生になって事件を追いかけてみませんか?(秋田みやび)
27日 ゲームマーケット秋2020先行発売!
クニツィアのシャーロック・ホームズ ベイカー街221B
  作=ライナー・クニツィア
  訳=安田均、柘植めぐみ
  制作・販売=グループSNE
  定価:3,600円(税別)
  JANコード:4580552550490

 19世紀後半のロンドンの街を駆け回り、数々の事件を解決しましょう!
 巨匠ライナー・クニツィアによる最新ボードゲームの登場です。製品化されるのはこの日本語版が世界で初めて! クニツィアらしい、見通しのよさとプレイの悩ましさを合わせ持つ面白いゲームに仕上がっています。
 システムの根幹となるのはセットコレクション。プレイヤーは手がかり(指紋、目撃者、凶器、虫眼鏡。ホームズはワイルドカード)を表すカードを手に持ち、ストリート沿いにロンドンの街を移動してタイルを集めます。同色(=1つの事件)のタイルがボード上からなくなれば、その事件は解決! もっとも捜査に貢献したプレイヤーはボーナスがもらえます。
 ルールはシンプルですが、未解決の事件を素通りしたければ対価が必要だったり、もう充分と思うなら自らゲームを終わらせる手段が用意されていたりと、一筋縄ではいきません。探偵らしく直感を働かせ、臨機応変に行動しましょう。
 カードやボードには、原作小説に登場する台詞やフレーバーがちりばめられています。それらの監修として今回、シャーロック・ホームズの権威である北原尚彦さんにご協力いただきました。ホームズファンの人たちにも安心してお手に取っていただけます。
 パッケージイラストは平沢下戸さん。同じくロンドンが舞台のクニツィアの名作『メンバーズオンリー』と並べて飾るのもステキですよ!(柘植めぐみ)
30日 ポート・ブラックサンド
  著=グレアム・ボトリー、スティーブ・ジャクソン、イアン・リビングストン
  監修=安田均
  訳=こあらだまり、春駒篤、飛竜賢
  発行=グループSNE
  発売=書苑新社
  定価:2,700円(税別)
  ISBN:4883754235

 ようこそ、ポート・ブラックサンドへ!
 アドバンスト・ファイティング・ファンタジー第2版待望のサプリメントがついに発売です!
 本書はその名前の通り、タイタン世界有数の港町である“盗賊都市”ポート・ブラックサンドに焦点を当てた一冊です。

 本書では、ポート・ブラックサンドの歴史や風俗習慣、有力者から個性あふれる酒場の数々まで、街のすべてが紹介されています。
 最低最悪の悪党や海賊がしのぎを削りあい、世界中の富のあふれるこの街では、あらゆる冒険が待ち受けています!
 はたしてあなたのヒーローが挑むのは、街を恐怖と力で支配するアズール卿の秘密でしょうか? それとも、地下に眠るカーセポリス遺跡のお宝? はたまた、暗殺者ギルドから刺客を送られるほどまずいエールのレシピでしょうか?

 街の設定だけではなく、本書はデータパートも充実しています。新たな魔法系統として、海や川などの近くで真価を発揮する「海の妖術」が追加され、ヒーローたちにさらなる力を与えてくれます。
 さらに船舶や火器などの新たなルールは、まさに海洋冒険や海賊ものをプレイするのに欠かせません!

 それに、あなたがディレクター(ゲームマスター)なら、ランダム都市作成ルールが大いに役立つことでしょう。ダイスを振って表を参照するだけで個性豊かな都市が完成するこのルールは、あらゆるTRPGのシナリオ製作に役立つ強力なツールです。

 読み物としても楽しめる、海洋冒険&シティーアドベンチャーに必携の一冊。どうぞお楽しみに!(こあらだまり)
30日 DUNGEONS & DRAGONS ドラゴンランス 〈英雄ヒューマの伝説〉(カラーコミック)
  著者 リチャード・A・ナーク
  作画 マイク・S・ミラー
  原作=マーガレット・ワイス&トレイシー・ヒックマン
  監訳 =安田均
  訳=大島豊
  KADOKAWA(B5変形判)
  定価:2,900円(税別)
  ISBN:9784049131956

 世界数千万の発行部数を誇る「ドラゴンランス」シリーズは、テーブルトークRPG「ダンジョンズ&ドラゴンズ」の背景世界のひとつ。メインストーリーである「ドラゴンランス戦記」の第1巻『秋の黄昏の竜』のカラーコミックは、今年2月に発売されたばかりです。
 そのなかで昔話として語られる、かつて世界を悪の勢力から救った英雄――その名前こそ“ヒューマ”です!
〈英雄ヒューマの伝説〉は、ベストセラー作家リチャード・A・ナークによる小説のビジュアル化。騎士ヒューマは過去の人物としてしばしば語られるものの、彼自身がスポットを浴びたことはあまりありません(数少ない作品のひとつに、『ドラゴンランス英雄伝6』(富士見書房)に収録された「銀(しろがね)と鋼(はがね)」という短編があります)。
 そう、このコミックは、英雄の真実を知る絶好のチャンスなのです!
 舞台は戦乱のまっただなか――世界中が暗黒の女王タキシスの軍勢に包囲され、いまにも征服されそうになっています。
 そんなとき立ち上がったのが、気高き魂を持つソラムニア騎士のヒューマ。しかし彼がいくら強くとも、あくまで普通の人間。周囲には彼を支えるさまざまな者たちが集います。ミノタウロスであるカズとの友情、優しき銀竜との出会い、白銀の髪を持つグウィネスとの間に芽生える愛情、後世で魔術師レイストリンが受け継ぐ杖の最初の主マギウスとの再会――。
 迫力満点のタッチで描かれる“英雄の誕生”を、ぜひその目で見届けてください!(柘植めぐみ)
2020年12月
4日 RPGシティブックⅠ――ファンタジー世界の街編――
  編著=ラリー・ディティリオ
  訳=安田均
  発行=グループSNE
  発売=書苑新社
  予価:2,400円(税別)
  ISBN:9784883754243

 すべてのロールプレイング・ゲームに役立つ汎用資料集の決定版! 好評を博している『RPGシティブックⅡ――ファンタジー世界の港町編――』の発売から半年、いよいよ本家本元の登場です!
 なぜ“Ⅱ”より“Ⅰ”が後になったかって? ――それは本書がすでに一度、社会思想社の現代教養文庫から発売されていたからです。しかし、文庫版はすっかり傷んでしまった、あるいは買おうにもプレミア価格になっている、せっかくなのでⅡと同じ大判で読みたい! ……そのようなたくさんの声にお応えし、このたびⅠの復刻とあいなりました。
 『RPGシティブックⅠ』は、ファンタジーの都市で見かける設備や建物を具体的に紹介し、実際のセッションで応用できるようにしたものです。たとえば酒場、肉屋、時計台、墓地、刑務所といった場所を取り上げ、具体的な見取図やNPC、シナリオフックを紹介しています。簡単にあなたの都市に取り入れられ、また読むだけでも非常に参考になります。
 編著の中心はL・ディティリオですが、他にもT&Tでおなじみのフライング・バッファロー社の面々が大勢参加し、筆を競っています。
 イラストもたっぷり、アメリカの最優秀RPG作品に贈られるH・G・ウェルズ賞を獲得した往年の名作を、ぜひご堪能ください!(柘植めぐみ)
14日 安田均のゲーム紀行1950~2020
  著=安田均
  制作・発売=アークライト
  定価:1,800円(税別)
  ISBN:4775318748

 70の歳にもなったので、これまでのゲーム人生を振り返った本です。ですが、それだけでは面白くないので、アナログゲームの日本での展開に紹介者として大きく関わっていることから、主にそうしたメインのゲームを選び出すことや、それらの作品についてもコメントしてあります。日本でのアナログゲームの受容史みたいに読まれても面白いかなと思います。
 二部構成になっていて、第一部がぼくの個人史・ゲーム史から全体をインタビュー風にまとめたもの(構成;刈谷圭司)で、第二部がぼくの選ぶ海外ベスト100(大20、中30、小50作品)。主に活動の中心とした分野がボードゲーム、RPG、TCGですので、コンピュータゲーム、ウォーゲームはベスト作品選択には含んでいません、悪しからず。
 紹介史でもありますが、インタビュー的なものと、お勧めリストでもあり、読みやすい本を心がけていますので、気軽に楽しんでいただければと思います。
 本書の対になるものとして「日本現代卓上遊戯史紀聞[1]」(Amazon)があります。あちらは主に20世紀メインですが、こちらはマダミスの現在までを含んでいます。読み比べてもらうのも一興かと思います。(安田均)
 中旬 アドベンチャーゲーム:モノクロームInc.
  作=マシュー・ダンスタン、フィル・ウォーカー=ハーディング
  監修=安田均
  翻訳=笠竜海、羽田紗久椰
  制作・発売=グループSNE
  定価:3,000円(税別)
  JANコード:

 先日ご好評をいただいた『アドベンチャーゲーム:ザ・ダンジョン』、その姉妹作が今回ご紹介する『モノクロームInc.』です。制作は『EXIT』シリーズなどを手掛け、近年勢いを増すKOSMOS社。どこから遊び始めてもよい、独立した作品です。

 今回のテーマはクライムアクション。舞台は近未来、怪しい大物から依頼を受けた4人のプロフェッショナルが、巨大な製薬企業である「モノクローム社」の研究所に潜入します。様々なセキュリティをかいくぐるには、あらゆるものを活用しなければなりません。「夢の万能薬」を探るうちに、巨大企業の正体が明らかになっていきます。

 場所やアイテムの番号を組み合わせて正解の番号を探す、独自のシステムは健在です。さらにキャラクターごとの得意不得意や、警戒の度合いを表すアラームレベルなどの要素によって、スリリングな探索を実現しています。もし行き詰っても、詳細なヒントがあるので安心です。また前作と同じく、プレイの評価システムも搭載。何度も遊んで、最高の完全犯罪を目指すこともできます。

 あなたの判断と決断は、どんな未来を描くのでしょうか。ぜひその目で確かめてください。 (笠竜海)
中旬 ソード・ワールド2.5 RPGビルディングBOX
  監修=安田均
  著者=北沢慶、河端ジュン一/グループSNE
  制作・発売=グループSNE
  定価:
  JANコード:

 この冬、新たに『ソード・ワールド2.5』のボックスセットが登場!
 まず、本作の特徴として、自分だけのキャラクターを作ること(ビルディング)ができます。
 6つのキャラクタータイプ(戦士・密偵・魔法使い・魔法戦士・魔法剣士)と、7つの種族(人間・エルフ・ドワーフ・タビット・ルーンフォーク・リルドラケン・メリア)を組み合わせ、そこに戦闘特技を習得させたり、武器や防具を装備させたりすることで、様々なキャラクターを生み出すことができます。
 種族も、それぞれ「パワー系」や「頭脳系」など、2~4種類の違いが存在し、同じ「人間の戦士」でも、違った個性を表現できます。
 魔法も定番の「ソーサラー」「コンジャラー」「プリースト」に加え、最新サプリメントから「ドルイド」を収録。手軽に最新データを楽しめます。
 レベルアップは5レベルまで対応しているので、結構しっかり冒険することができます。

 とはいえ、キャラクターを作っても、遊べなければ意味がない!?
 というわけで、本作には冒険の「依頼カード(シナリオ)」を25本収録。
 シナリオは、イベントカードを使ったランダム展開なので、プレイするたびに違う展開が楽しめます。しかもイベントカードは総数100枚以上! 同じ展開になることはまずありえません。さらにランダムダンジョンも収録。結構本格的なダンジョン探索も体験できます。
 ひとつの依頼(シナリオ)あたり、30~90分程度で遊べる気軽さもポイント。さらに、GMレスでも遊べるので、事前準備なしでも箱を開けたら即プレイすることが可能です。

 さらに、連続して遊ぶことで、中間エンディング3本、エンディング5本に分岐するように作られています。
 1度のプレイで、真のエンディングにたどり着けるのか!?
 じっくり楽しんでくださいね!

※本作で作ったキャラクターで、『ソード・ワールド2.5 RPGスタートセット 星をつかむ迷宮』『同 水の都に沈む闇』『ソード・ワールド2.5 ボックスセット 冒険者ギルド』をプレイすることも可能です。また、これらに付属しているアイテムや、ギルド育成ルールも活用することができるので、合わせてお楽しみください。(北沢慶)
19日 ソード・ワールド2.5リプレイ 悪徳に沈む復讐者たち 上
  監修=北沢慶
  著=西岡拓哉
  イラスト=丘、にじまあるく
  KADOKAWA
  定価:840円(税別)
  ISBN:9784040738802

 蛮族と悪党・魔神がうごめく悪徳の都・ヴァイスシティ。
 一度入ったら戻れないその町に、4人の冒険者が旅立った。
 彼らの目的は、「復讐」。
 アルフレイム中を渡り歩き罪を重ねた殺人鬼がこの町にいるという情報を掴み、彼らは片道の復讐劇を始める。
 そこに待ち受けるは、悪の渦巻く不思議な都。
 復讐のために人助けをしながら、悪徳の都の冒険が始まる。

 本作はシナリオ型サプリメント『ヴァイスシティ―悪徳の贄―』を用いたリプレイです。
 唯一無二の親友を喪ったナイトメアの青年ヴェルナーを中心に、連続殺人鬼の手によって愛する者を奪われた冒険者たちの復讐劇を描いています。
 目まぐるしく試練が降りかかるこの街で、この4人がどのような冒険を経て、復讐を果たすのかぜひ最後まで見届けてください。  
 巻末には『ヴァイスシティ』の著者川人忠明による、この悪徳の都へ足を踏み入れるための新たな導入「財宝編(前編)」を収録しています!(西岡拓哉)
 下旬 暗黒神話TRPG トレイル・オブ・クトゥルー ルールブック
  著=Kenneth Hite
  監修=安田均、森瀬繚
  翻訳・構成=盾野恒雪/トレイル・オブ・クトゥルー翻訳チーム
  発行=グループSNE   
  定価:
  ISBN:

 2008年にイギリスで発表された新世代のホラーTRPGが、満を持して日本語版となって登場します。
 クトゥルー神話(クトゥルフ神話、ク・リトル・リトル神話とも)は、1920~30年代にはアメリカのホラーパルプ作家ハワード・フィリップス・ラブクラフトと仲間たちが作り上げた、宇宙的恐怖(コズミックホラー)の世界観です。人間の知性など、宇宙的存在の前には何の意味もないのだ……という虚無に、いやそうではない、と抵抗するのがTRPGのプレイヤーキャラクター=探索者の心意気というものでしょう。たとえその力の差が圧倒的であったとしても。
 この『トレイル・オブ・クトゥルー』は「ガムシューシステム」という、調査や推理、探索に特化した汎用ルールをベースにしています。ガムシューはゴム底靴のこと。転じて、靴をすりへらし、歩き回って手がかりを探ってゆく、ハードボイルドな探偵やリアル系刑事ものフィクションをさします。つまり、手がかりを集め、決断と選択を重視するシステムなのですね。
 適切な技能さえ持っていれば確実に情報が手に入りますが、それをどう使い、いかに事件を解決するかはあなた次第となります。サイコロ判定は最小限ですみ、テンポよくゲームを進めてゆけます。そのサイコロ判定も、d6を一個ふるだけ。技能によってポイントを消費すれば、ふるまでもなく成功にできます。キャラクター作成も、職業を決めて、ポイントを技能に割り振るだけの簡単なもの。初心者の方が、ほぼ説明なくGMマガジン12号のクイックスタートルールのみを読み、自力で作成できました。
 ルールブックには「クトゥルー神話」についての情報も多く掲載されていますが「これが正しい」ではなく、「こういう説やこういう説、こういう解釈がある。どれを使うのもキーパーの自由だ(このゲームではGMではなくKPです)」というスタンスなので、クトゥルー神話としても幅広いタイプの物語が楽しめるでしょう。
 翻訳は楯野恒雪さんをはじめ、数々の傑作を訳してきたメンバーによるチームを編成。グループSNEの安田均、およびクトゥルー神話研究の第一人者森瀬繚さんが監修となり、内容はさらにブラッシュアップ。日本オリジナルの表紙イラストは池田正輝さんにお願いしました。GMマガジンでのサポートも先行して始まっています。
 年末年始、宇宙的恐怖を楽しんでいただけるよう、がんばっています。乞うご期待!(友野詳)
 18日 Qシャーロック 13人の人質
  作=GdM Games  
  翻訳=柘植めぐみ、笠竜海
  制作・発売=グループSNE
  定価:3500円(+税)
  JANコード:

 全世界で大好評発売中の謎解きゲーム、『Qシャーロック』シリーズ。その続編が堂々登場です!
 プレイヤーはシャーロックの志を継ぐ現代の探偵です。カードに記された証拠を持ち寄り、事件の解決に挑みます。ただし、そのすべてが重要なものとは限りません。関係のない証拠や、誤った結論に導く証拠。そういった証拠の取捨選択をしながら、事件の全貌を解き明かす必要があるのです。このシンプルながら悩ましい「Qシステム」によって、一度きりの推理体験はよりスリリングになるでしょう。
 すべてを完璧に成し遂げたならば……希代の天才、現代のシャーロック・ホームズの名を捧げましょう。

 本作はQシャーロックシリーズの3作品をまとめたものです。この箱ひとつで、3本の魅力的なミステリーを楽しめます。

ドンの遺産(原題:Don's legacy)
 実業家サルヴァトーレ・ソレイの訃報は、マイアミ中を駆け巡りました。彼は家族や部下に愛される「ドン」でしたが、その最期は疑念にまみれたものでした。ドン・サルヴァトーレの、真の姿とは。

13人の人質(原題:13 hostage)
 事件はドバイの宝石店で起きました。銃を持った宝石強盗が押し入り、人質を取って立てこもったのです。惨事は免れないと思いきや、彼らは忽然と姿を消しました。店いっぱいの宝石とともに……。

閉ざされた実験室(原題:Propagation)
 オスロにある最先端の研究施設。そこで起きた火災は、非常に奇妙なものでした。混沌とした状況に、痛ましい死。炎に消えた真実を、灰の中から見つけ出しましょう!

 勢いの止まらない謎解きゲーム。新たな「Q」は、挑戦者を待っています!(笠竜海)
下旬  コボルドのRPGデザイン
  著=ウルフガング・バウアー
  監修=安田均
  訳=中村俊也
  発行=グループSNE
  発売=書苑新社
  定価:
  ISBN:

『コボルドのボードゲームデザイン』に続けて、またまたコボルドがやってきます!
 今度はテーブルトーク・ロールプレイングゲーム(TRPG)のデザインがテーマ。シリーズの発起人“コボルドのボス”ことウォルフガング・バウアーが率いる執筆陣は豪華で、トンネルズ&トロールズのソロアドベンチャーなどでもおなじみのマイク・スタックポールも名を連ねています。他にもダンジョンズ&ドラゴンズ第3版にかかわり、今や自社発のオリジナルTRPGで気を吐くモンテ・クック、第4版のリードデザイナーでボードゲームも手がけるロブ・ハインソーといったビッグネームが参加。こうした人々がTRPGのさまざまなファクター――ルール・メカニクス、戦闘、魔法、キャラクターの成長、世界設定etc.――について、懇切丁寧に指導してくれます。おまけに彼らがデザインの現場で出くわしたお悩みや、赤裸々な本音が交じるのも、臨場感があって興味をそそられます。
 本書はTRPGのシステムだけでなく、面白いワールドやアドベンチャー(シナリオ)の作り方も解説していますので、キャンペーンやシナリオ自作でお困りのゲームマスターにも大いに役立ちます。また謎解きミステリをファンタジーTRPGにからめる方法や、コンピュータRPGやMMOとTRPGの違い、それらをデザインするための基礎にふれた項目もあるなど、ゲームファンなら誰もが楽しめる内容です。
 ゲーム界の最弱モンスター、コボルドの名を冠しながらも強力、大ボリュームな一冊。これを読んで、あなたもぜひTRPGデザイナーの仲間入りを目指してください!(中村俊也)
 下旬 ゲームマスタリーマガジン VOL.14
  著=安田均ほか
  発行=グループSNE
  発売=書苑新社
  定価:1,800円(税別)
  ISBN:


 下旬 ウォーロック・マガジン VOL.9
  著=安田均ほか
  発行=グループSNE
  発売=書苑新社
  定価:1,800円(税別)
  ISBN:

 海外TPRGサポート誌「ウォーロック・マガジン」最新号は二度目の都市特集!
 看板タイトル――アドバンスト・ファイティング・ファンタジー第2版(AFF2e)、トンネルズ&トロールズ(T&T)、パグマイアのそれぞれについて、“三都物語”を掲載します。冒険あふれる個性的な都市を3つずつ取り上げ、立ち寄るべきスポットやシナリオフックを紹介。さらにはシティアドベンチャーで役に立つ汎用チャートも用意する予定です。
 もちろん、大好評コラムにソロアドベンチャー、シナリオもたっぷり!
 付録はVol.7で開催したソロアドベンチャーコンテストの優秀作品をまるっと詰めこんだ冊子になります。ぜひチャレンジを。
 パグマイアでは、発売したばかりの『マウ連合君主国ルールブック』を活用したシナリオ+猫になって大冒険のソロアドベンチャーを掲載。コミック「ポメロスくん」も健在です。
 T&Tもシナリオをたっぷりお届け。2021年頭に発売予定のアドベンチャー・シリーズ『怪奇の国のアリス』を題材にしたものもありますよ。また新刊『シティブックⅠ』の紹介コミックも爆笑必至。
 AFF2eの記事も色とりどりです。本国イギリスでリリースされたばかりの設定集を一部翻訳し、そこに登場するクリーチャーに絡めたソロアドベンチャーを体験していただける予定。さらにAFF2eコミックの舞台は……なぜか火吹山?
 理由が知りたい人は、本誌のもう1つの特集記事をぜひお楽しみに!(柘植めぐみ)
2021年1月以降
未定 トロール牙峠戦争
  著=スティーブ・ジャクソン
  訳=安田均
  発行=グループSNE
  発売=書苑新社
  定価:   円(税別)
  ISBN:




…… 既刊作品(発行月別) ……
→ 2020年
→ 2019年
→ 2018年
→ 2017年
→ 2016年
→ 2015年
→ 2014年
→ 2013年
→ 2012年
→ 2011年
→ 2010年
→ 2009年
→ 2008年
→ 2007年
→ 2006年
→ 2005年