本文へスキップ

株式会社グループSNEオフィシャルサイト

新刊案内


→2020年の作品


2020年6月
19日  ソード・ワールド2.5サプリメント キャラクタービルディングブック
  著=北沢慶/グループSNE
  KADOKAWA ドラゴンブック
  定価:2,600円(税別)
  ISBN:9784040736907

 魅力的なキャラクターを作りたい!
 だけど、なるべく簡単に!

 そんな風に考えたこと、ありませんか?
 本書、『キャラクタービルディングブック』は、そんな想いをかなえてくれる一冊です!
 このサプリメントがあれば、キャラクターの作成と、初期の冒険に必要な武器や魔法などのデータが一式揃います。
 しかも、キャラクター作成は、各種経験表を見て、サイコロをコロコロ振るだけで完成してしまいます! 悩み無用!
 経験表にはフレーバーがたっぷり付属しているので、キャラクターを作っているだけでまるで物語を楽しんでいるような気分にもなりますし、完成したときにはドラマティックな背景もできあがります。
 しかも、完成したキャラクターは、極力ゲームバランスにも配慮して組み上がるようになっているので、優秀な冒険者としての活躍が期待できます。ルールブックだけだとキャラクターを上手に作れない、なんて悩みもこの一冊で解消!
 さらに4レベルから冒険を始めるためのキャラクター作成ルールも掲載されているので、そこそこ経験を積んだ冒険者も作成可能。7月発売予定のシナリオ型サプリメント『デモンズライン-追憶の守人-』を始める際に最適なレベルとなる予定です。
 加えて、選択ルールとしてロールプレイボーナス“剣の恩寵”ルールも掲載され、ロールプレイ派のクールでスタイリッシュな冒険もサポート。
 巻頭はコミックとリプレイでわかりやすくキャラ作成の流れを解説しているので、ルールを読むのがちょっと苦手な人でも(きっと)安心なはず。
 ぜひ本書をきっかけに、『ソード・ワールド2.5』を始めてみたり、新しいキャンペーンをスタートさせてみたりしてくださいね!

 なお、本書には戦闘や魔法行使などのルールは一切載っていませんので、最低限、『ソード・ワールド2.5 ルールブックⅠ』だけは、合わせてご用意くださいませ(『同Ⅱ・Ⅲ』もあると、より幅広く楽しむことができます)。 (北沢慶)
22日  パズルアドベンチャー アルケリンガの魔海
  原作=安田均・秋口ぎぐる
  シナリオ=グループSNE
  開発・販売元=株式会社アンバランス
  価格=キャンペーン価格(2020/07/5迄):490円  通常価格:730円
  (※Chapter1までは無料でプレイできます。)

  ついに「アルケリンガの魔海」のアプリが完成。
 2014年、そろそろ小説も完成したことだし、日本ではまだ広がっていないhidden objectタイプ(アイテム探し、パズルアドベンチャー)のストーリーゲームを作ろうとしたのが始まりです。以来7年、2017年に一旦完成したものの、販売手法でunbalance社さんにお預けして考えていただいていた(もちろん、その間も磨かれていた)作品がついにリリース。
 初期の「ラプラスの魔」「パラケルススの魔剣」のキャラクターたちが、オーストラリアの地で、ドリームタイムの冒険に向かいます。ストーリーは小説の流れに沿ってますが、そこは謎解きゲーム。無関係にパズルに悩むこともあれば、ストーリーに沿って解いていくべき箇所も。
 この種の謎解きストーリーゲーム(EXIT、アウェイクニング、アドベンチャーゲーム:ザ・ダンジョン)人気の時代に、新しいゴーストハンターもぜひお楽しみください。今なら1コイン、これは文庫ゲームだ! (安田 均)

リリース情報
▼以下からアプリのダウンロードができます。
 App Store
 Google Play
26日  アドバンスト・ファイティング・ファンタジー
ヒーロー・コンパニオン

  著=グレアム・ボトリー、スティーブ・ジャクソン、イアン・リビングストン
  監修=安田均
  訳=こあらだまり、春駒篤
  発行=グループSNE
  発売=書苑新社
  定価:2,500円(税別)
  ISBN:9784883754007

 タイタン世界でのヒーローたちの冒険をさらに充実させるのが、この『ヒーロー・コンパニオン』です!
 新たな特殊技能やタレントは、神に祝福された騎士や、天才的な指揮官、敏腕経営者、幻に惑わされぬ目を持つ者など、これまでにない新しいヒーローの作成を可能とします。
 また、本書で魔法体系が大幅に拡充されています。仮面により不思議な力を引き出す「仮面魔術」や呪術的な刺青を刻む「刺青魔術」、大規模戦闘を派手に彩る「戦魔法」など新たに7系統の魔法が追加。魔法好きなプレイヤーならぜひとも携えておきたい一冊です。
 さらに、NPCを雇用したり土地や建物の所有するなどの新たなルールも追加されており、ヒーローたちをサポートしてくれます。
 もちろん、ディレクター(ゲームマスター)にも嬉しい追加要素が盛りだくさんです。
 ウィルダーネス・アドベンチャー作成ルールは、お手軽に野外マップを作れます。チャート類も充実しており、野外の冒険の指針も解説されているので、広大なタイタン世界を旅する際に役立つでしょう。また、大規模戦闘ルールを採用すれば、軍団単位でのぶつかり合いというこれまでにない規模での熱い戦いを再現できます。キャンペーンのネタをお探しなら、呪いを解説した章がオススメ。乗り越えるべき苦難により、ヒーローたちの物語もいっそう輝くことでしょう!(こあらだまり)

【グループSNEチャンネル】『AFF・T&T 海外RPG関連書籍 大特集インタビュー』
ニコニコ動画 ▼Youtube
26日  フェッチクエスト
  作=エディ・ウェブ
  翻訳=ゼサン/グループSNE
  制作・発売=グループSNE
  予価:2,000円(税別)
  JANコード:4580552550407

 『パグマイア』の魅力的な世界を思う存分楽しめるデック構築ゲームが登場! 『パグマイア』の原作者エディ・ウェブがデザインした最新作。ヨーシャ姫とその仲間たちになって、見えざる者を倒し、ヒトが遺した聖なる遺物を 回収 ( フェッチ ) しましょう! 『パグマイア』のファンにはもちろん、『パグマイア』が分からない方にも非常におすすめです!
 ヒトが姿を消した遥か未来、 知性化 ( アップリフト ) された犬や猫などの動物たちが大地を闊歩しています。その中でもヒトを神として崇めるパグマイア王国の善き犬たちはヒトが遺した聖なる遺物を「 回収する任務 ( フェッチクエスト ) 」を帯びて、危険が待ち受ける“恐怖の森”へ足を踏み入れます。そこには善き犬たちの任務を阻もうとするさまざまな脅威が英雄犬たちを待ち受けています……古代の罠、強盗、魔獣、犬の文明を破壊しようとする“見えざる者”まで。
プレイヤーたちはパグマイア王国の開拓者になって、ヒトの遺跡を探し出す任務を帯びて冒険に出ます。各プレイヤーは異なる能力とデック(山札)を持つ6犬の開拓者からひとりを選び、手札からカードをプレイしたり仲間にカードを渡したりしながら、どんどん迫って来る魔獣や罠といった“脅威”を撃退していきます。そうすることで新しいアイテムや能力を表す“フォーチュンカード”を新しく手に入れて、より強いデックを構築していきます。そして強くなったデックを使い、任務を進めていきます。はたして我々の英雄犬たちはおぞましいダンジョンから“ ヒトの遺産 マスターワーク ”を無事「 回収 ( フェッチ ) 」することができるでしょうか?
日本語版の『フェッチクエスト』は拡張「パグマイアの英雄たち」(追加キャラクター9体)を収録した豪華版になります!
プレイ人数3~6人。プレイ時間60分~90分。対象年齢12歳以上になります。 (ゼサン)
30日  ゲームマスタリーマガジン VOL.12
  著=安田均ほか
  発行=グループSNE
  発売=書苑新社
  定価:1,800円(税別)
  ISBN:9784883754052

 グループSNEの最新情報を特集したアナログゲーム専門雑誌『ゲームマスタリーマガジン(GAME MASTERY MAGAZINE)』の創刊3周年記念となる第12号。

 今号の巻頭に『暗黒神話TRPGトレイル・オブ・クトゥルー』を特集。付録の「クイックスタート・ルール」に記載のキャラクター作成ルール、システムを使って、本誌掲載のデモプレイシナリオ(サンプルキャラクター付き)、ソロアドベンチャーを体験プレイしてみましょう!

 ソード・ワールド2.5も引き続き徹底サポート!
 好評発売中の「ボックスセット 冒険者ギルド」の追加シナリオ他、新作サプリメント『キャラクタービルディングブック』の使い方について、キャラクター2名の作成~成長を例に詳細に解説。さらに新作シナリオ型サプリメント『デモンズライン -追憶の守り人-』の最新情報も登場します。
 
 ボード/カードゲーム記事では「謎×ストーリー×ゲーム」をテーマに、超お手軽にプレイできるミニ・マーダーミステリー「囚獄島の殺人」(作:麻宮楓)を掲載!
 さらに〈Mystery Party in the Box〉シリーズの新作『河辺の夜の夢』、シェスリク新作『GOOD PUPPERS!』、脱出ゲームの新作『アドベンチャーゲーム ザ・ダンジョン』&『ローメモリー』、『ノーリターン』、『エムブリオマシンボードゲーム 新拡張セット』、『大迷惑列車』等々、今夏から今秋にかけてSNEから発売の新作ボードゲーム情報も盛りだくさん! お見逃しなく!

 ゲームマスタリーマガジンVOL.12は通販サイトまたは全国のゲームショップ、書店にてお取り扱いいただいております。
 店頭に見あたらない場合は、店員さんに書籍タイトルとISBNをお伝えいただきますと、お取り寄せしてくれることもあります。(西岡拓哉)
2020年7月
 3日 ブラックストーリーズ ダークナイト
眠れない夜のための50の“黒い”物語
  作=マクシミリアン・シュルツ&サイモン・メスマー
  翻訳=グループSNE/安田均、石野力
  制作・発売=グループSNE
  予価:1,500円(税別)
  JANコード:4580552550315

 進行役であるリドルマスターに対して、YesかNoで答えられる質問をくり返しながら謎の真相に近づいていく水平思考推理ゲームの「ブラックストーリーズ」。旅先で友だちと、自宅で家族と、いつでもどこでも楽しめるのが特徴です。
 その「ブラックストーリーズ」に新作が登場。その名も「ダークナイト」です! ちなみに“暗黒騎士(Dark Knight)”じゃなくて“闇夜(Dark Night)”のほうですよ。
 真っ暗な夜、あるいは血のように赤い月の昇る夜――そんな夜にはぞっとするような謎がお似合い。さあ、ダークな時間を過ごすときです! 夜だからこそ起こってしまった不幸な事故の結末は?
 なぜ死体は歯ブラシを持っていたのか?
 セクシーな服がもたらした災難とは?
 夜遊びが大好きなあなたを、50の謎が待ち受けています。ぜひ挑戦してみてください! (柘植めぐみ) 
15日 ぼんくら陰陽師の鬼嫁 六
  著=秋田みやび
  KADOKAWA 富士見L文庫
  定価:620円(+税)
  ISBN:9784040737782

 長らくお待たせしてしまい申し訳ありません。
 ぼんくら陰陽師の鬼嫁、六巻をようやくお届けできます!
 廃遊園地にて出逢った、亡父の知人・鷹雄光弦と北御門家の因縁。それによって人里離れた廃墟に閉じ込められることになってしまった芹と廃墟研究会ご一行。
 いつにない仮初夫婦バラバラでの危機的状況に、旦那皇臥は辿り着けることができるのか! そして役に立つことができるのか。
 どうぞよろしくお願いいたします。(秋田みやび)
17日  アドベンチャーゲーム:ザ・ダンジョン
  作=フィル・ウォーカー=ハーディング、マシュー・ダンスタン
  監修=安田均
  翻訳=笠竜海、ゼサン、羽田紗久椰
  制作・発売=グループSNE
  予価:3,000円(+税)
  JANコード:4580552550285

 コンピューターゲームの最初期から存在し、その隆盛の礎となったアドベンチャーゲーム。その名を冠した協力ボードゲームが、〈EXIT〉を送り出したKOSMOS社から登場です。

 舞台は謎めいた地下牢(ダンジョン)。主人公たちは暗い牢獄で目を覚まし、この場所に関する記憶をすっかり失っていることに気づきます。どうすれば出られるか、この場所が何なのか、なぜ自分が囚われているのか……その謎の答えのすべてが、危険なダンジョンに眠っているのです。

 本作ではプレイヤーごとにキャラクターを動かし、場所やアイテムの番号を組み合わせて正解の番号を探す、独自のシステムを採用しています。試行錯誤によって難関を突破するアドベンチャーゲームの快感、そしてその体験を皆で共有するアナログゲームの楽しさ。これらを合わせ持つのが本作の大きな魅力です。もし行き詰っても、ヒントを使えば前に進めます。

 姉妹作の「モノクローム(株)」も鋭意製作中。まったく新しい冒険を、ぜひその目でお確かめください! (笠竜海)
17日  チョコっと密輸
  作=ライナー・クニツィア
  翻訳=グループSNE/安田均、柘植めぐみ
  制作・発売=グループSNE
  予価:1,800円(税別)
  JANコード:4580552550414

  みんな大好き、あまーいチョコをチョコっと密輸!  巨匠ライナー・クニツィアによる新作カードゲーム!
 プレイヤーの1人は国境警備員、他の皆さんは荷物検査を待っている旅行客です。旅行客は警備員の目を盗み、時には賄賂を渡し、チョコの密輸を目指します。きっとこのチョコは濃厚な甘さによって人々をとろけさせてしまうため、取引が禁止されているのだわ……。そんな妄想をしつつ、各0~3つのチョコが描かれている5枚の手札を見て、今回密輸したい2枚をこっそり選びます。
 毎ラウンド警備員が行うのは「賄賂(チョコ)を受け取る」「スーツケース(カード)を調べる」「逮捕する」の3アクション。たっぷり密輸ができそうな時は、たくさんの賄賂を見せつけて警備員を誘惑するのもひとつの手かもしれませんね。
 さて、このゲームの大事なルールをひとつ。「一度に合法的に持ち込めるチョコは1つまで」!  つまり、1つだけならお目こぼしをもらえるわけで、それによって警備員は苦悶します。逮捕をしても、相手がチョコを1つしか持っていなければ、見る目が厳しすぎた警備員側にペナルティが付くのですから!
 警備員役をそれぞれ2回ずつ終えればゲーム終了。チョコを一番多く集めた人の勝利です。 フレーバーは甘くも、プレイ感はからーい本作。イラストは『ポイズン』『ヴァンパイア』に引き続き、九月姫先生にお願いしました。ポップでかわいい警備員ちゃんのイラストもお楽しみに! (松田ミア)
20日 ソード・ワールド2.5 サプリメント
デモンズライン-追憶の守人-

  著=田中公侍
  KADOKAWA
  定価:2,800円(税別)
  JANコード:9784040737263

『SW2.5』に、新たなストーリー型サプリメントが登場だ! その名は『デモンズライン ―追憶の守人―』。
 事件の始まりは、2か月ほど前、アルフレイム大陸北部、コルガナ地方で発生した〈 奈落の大侵食 ( アビスイロージョン ) 〉。これによって周囲に次々と“ 奈落の魔域 ( シャロウアビス ) ”が現れることになった。人々は翻弄され、現れた“魔域”のせいで各都市が寸断、孤立されてしまっている状態だ。
 そんな状況の中、君たち(のキャラクター)はそれぞれの目的を持って、この地方を訪れることになる。あるものは魔神への敵討ち。またあるものは大事な人の捜索。
【平原】や【山岳】、【雪森】などの8つの「エリア」を探索し、それぞれの“魔域”を攻略して手がかりをつかもう。各エリアにはそこを縄張りにする「主」もいるので、注意が必要だ。“魔域”を解放すると、そのエリアを通る「鉄道」が使えるようになり、移動がしやすくなるぞ。
 また、発生している“魔域”は、過去に「奈落の壁」を守っていた「守人」と呼ばれる人々の想念が宿っている。“魔域”内では、彼らが「守人フェロー」として助けてくれるぞ。
 キャラクターの開始は4レベル。そう、この本の前の月に出る『キャラクタービルディングブック』でサポートされている「4レベルキャラクター」を作成することで、すぐに本書の冒険が始められるのだ。ぜひこの2冊を携えて、魔神との戦いの最前線まで赴いてほしい。(田中公侍)  
 22日 ミステリーパーティー ・イン・ザ・ボックス シリーズ
河辺の夜の夢
  作=清松みゆき
  制作・発売=グループSNE/cosaic
  定価:3,500円(税別)
  JANコード:4580552550377

 16世紀の末期、ちょうど女王エリザベス(Ⅰ世)の治世が終わる頃。事件は、イングランド中部の河沿いの町で起こった。 旅籠 ( はたご ) に泊まっていた男が、裏口からほどない河に頭を突っこみ、死んでいるのが発見されたのだ。
 同じくその宿に泊まっていた旅人たち、地元で慕われる白魔女、そして旅籠の使用人。それぞれが、互いに疑心の目を向ける。名声を得た劇作家がひさびさに帰った故郷の町で起こった事件の真相は? そして、秘密を持つ者たちが織りなす物語の行く末は?

 近世イングランドを舞台としたマーダーミステリーゲームです。6人~7人用で、GMは不要です。
 登場人物は、医師、行商人、小間使い、白魔女、大学生、馬てい、そして劇作家。真犯人はこの中にいます。そしてその事実を隠しきろうとしています。他の者は、それを暴くべく立ち回らねばなりません。
 しかし、登場人物たちは、それぞれが秘密を抱え、それぞれが特別な目的を持っています。事件解決(あるいは隠蔽成功)と同時に、それらもまた満たされるよう行動します。それは、ゲームの場に多様な変化の可能性を与え、プレイヤーは自分の行動に悩み、難しい決断を続けていくことになるでしょう。

 特殊な舞台ですが、丁寧なキャラクター設定書と付属の用語集、またゲームを進行していく中でもたらされる情報により、滞りなく世界に「入り込める」ようデザインされています。
「エンディングブックの裏表紙までが作品」というつもりで、作り込んだものです。テキスト量はやや多めですが、それだけに臨場感をもって遊べる作品になっていると自負しています。 (清松みゆき) 
28日  魔術師の帝国 <3 アヴェロワーニュ編>
  著=クラーク・アシュトン・スミス
  編=安田均
  訳=安田均・柿沼瑛子・田村美佐子・柘植めぐみ・笠井道子
  発行=アトリエサード
  発売=書苑新社
  定価:   円(税別)
  ISBN:

 31日 捏造ミステリーTRPG赤と黒サプリメント 迷宮の書
  著=満田朗拡ほか
  制作・発売=グループSNE
  定価:
  JANコード:

 1月に発売されるや、どのオリジナル性あふれる設定やシステムで話題を呼び、たちまち重版となった『捏造ミステリーTRPG 赤と黒』にサプリメントが登場します! この『迷宮の書(仮)』では、シナリオと追加のルール・データなどをたっぷりお届けしますよ。
 まずシナリオは5本が収録。ゲームデザイナー満田朗拡はもちろん、グループSNEから友野詳、西岡拓也、彩乃(新人)が参加。現代や歴史上のさまざまな時代を舞台に、バラエティ豊かにお届けします。上級ルールである「赤のルール」「黒のルール」を使用したシナリオも1本ずつ含まれています。さらに、これらのシナリオはキャンペーンとしても遊べる黒幕設定も仕込まれているので、たっぷりお楽しみいただけます。 この5本を遊んでしまった……という方に朗報なのが「GMレス/シナリオレス」で遊べる追加ルール、名付けてラビリンス・ルールです。
 迷宮化し、つじつまが崩壊して白紙になった世界を盤面として「どんな事件が起きたのか?」「自分たちは何を経穴すればいいのか」をランダムに、あるいは選択して作り上げてゆきます。『赤と黒』になれた方向けのルールではありますが、これさえあれば「準備してないけど、今日は赤と黒を遊ぼうぜ」という突発プレイも可能ですよ。
 そのほかにも新たな魔術や、世界設定の秘密をお届け予定。
 遊び方を呑みこむまでにひと手間がある、といった評価もある本作ですが、そこをわかりやすく理解いただくためのリプレイを今回もおつけします。基本ルールブックでは、オーソドックスな遊び方のリプレイをお届けしましたが、今回は「赤のルール」を導入して、PC同士が競い合うものになります。執筆はルールブックと同じく友野詳(これを書いてる私)です。
 ただいま、完全密室に引きこもったスタッフが、イツワリの妨害を排除して、快調執筆中! どうぞお楽しみに! (友野詳)
2020年8月
中旬 ノーリターン
  作=マルコ・トイブナー
  翻訳=グループSNE/安田均、柘植めぐみ、石野力
  制作・発売=グループSNE
  予価:
  JANコード:

「あのときにもどりたい、もどれない。それが『ノーリターン(後戻りできない)』」

『ノーリターン』は1から11の数字が書かれた6色のタイルを使って、より高い得点を目指すゲームです。

 まず、ルールに従って手持ちのタイルを公開していきます。気に入らないタイルがあれば交換可能。不要なタイルを伏せて置き、タイルの入った袋から中身を見ないで補充を行います。公開に使ったタイルの補充も同様に行います。

 そう聞くと、手持ちのタイルをたくさん公開していきたいところですが、タイルを公開するだけでは勝てないのがこのゲームのポイント。なぜなら『ノーリターン』と宣言を行い、すでに公開したタイルをルールに従って取り除く(交換する)ことで、はじめて点数となるのです!

 なお、『ノーリターン』宣言後はタイルを公開することはできません。できることは公開済みのタイルを交換することのみ。つまり、公開したすべてのタイルを得点に交換できたとしても、再びタイルを並べて得点を稼ぐことはできません。

 また、ゲーム終了時に場に残ったタイルはすべてマイナス点になるため、効率よくタイルの交換を行う必要があります。そのため、たくさんのタイルを公開すると高得点を狙えますが、すべてのタイルを交換できない場合は大きな失点となるリスクがあるのです。

 黒い袋の中身がなくなるか、全員が公開したタイルを交換することができればゲーム終了。得点計算を行って勝者を決めます。

 ルールは簡単なのに、『ノーリターン』宣言のタイミングが悩ましいこのゲーム。きっとゲーム後にいろいろな感想を持つでしょう。もっとタイルを公開してもよかったのでは、袋に残っているタイルが思った以上に少なかった、あのときあのタイルを捨ててなければ……。

 そしてきっとこう言うと思います、「もう一回、『ノーリターン』!」。
 1ゲーム30分程度の軽いゲームなので何度でもプレイして、ぜひ後悔しない『ノーリターン』を楽しんでくださいね! (シイタケ)  
20日 ソード・ワールド2.5 リプレイ
魔域×脱出(仮)

  著=清松みゆき
  KADOKAWA
  定価:
  JANコード:

下旬 ウォーロックマガジン VOL.8
  著=安田均ほか
  発行=グループSNE
  発売=書苑新社
  予価:1,800円(税別)
  ISBN:

 海外TPRGサポート誌「ウォーロック・マガジン」最新号の巻頭特集は“ファンタジーの動物たち”! パグマイアはもちろん、AFFやT&Tにも魅力的な動物たちはたくさん登場します。彼らにスポットを当てたソロアドベンチャーやシナリオ、さらには動物たちが活躍する小説やコミックを紹介するコラムなどを掲載予定。ウォーロック・マガジンに集まれ、動物たち!
 もちろん、3つの看板RPGの記事も充実しています。
 パグマイアでは今夏発売の『マウ連合君主国』を大きく取り上げます。猫になって大冒険、そのルールブックの片鱗がつかめるガイド記事の他、リプレイとシナリオを紹介。さらに英雄犬ポメロスくんも、ついに猫の国へ?
 AFFも興味深い記事がてんこもり。コミック「はじめてのAFF」は巻末からの特大版! 今秋発売予定の『ポート・ブラックサンド』がいよいよベールを脱ぎます。また『超・モンスター事典』でタイトルだけ挙げられていた未訳のゲームブックに興味を抱いたみなさん、全作品の内容をどんと紹介しますよ!
 T&Tの目玉は、今冬発売予定のソロアドベンチャー『怪奇の国のアリス』の世界をそのまま持ってきたコミックとシナリオ! 登場するのはアリス、チェシャ猫、トランプの兵隊……それになぜか万太郎!? これは読むしかありません!
 そしてそして。創刊二周年を記念して開催したソロアドベンチャーコンテストの結果も本誌にて発表! ドキドキしますね。  付録はずらりと並ぶ猫たちを眺めるだけでも幸せになれるマウのガイドスクリーン! 冒険に旅立つ勇ましい動物たちを描いた米田仁士さんの表紙を目印にお買い求めください!(柘植めぐみ)
下旬 マウ連合君主国 ルールブック
  作=エディ・ウェブ
  監修=安田均
  訳=ベーテ・有理・黒崎、ゼサン
  発行=グループSNE
  予価:
  JANコード:

未定 ESCALOGUE シャーロック・ホームズの追悼(仮)
  ディレクション&ストーリ=河野裕
  謎制作=パズ.rar
  制作・発売=グループSNE
  予価:
  JANコード:

2020年9月
未定 安田均のゲーム紀行1950~2020
  著=安田均
  制作・発売=アークライト
  定価:
  ISBN:

 
未定 トロール牙峠戦争
  著=スティーブ・ジャクソン
  訳=安田均
  発行=グループSNE
  発売=書苑新社
  定価:   円(税別)
  ISBN:




…… 既刊作品(発行月別) ……
→ 2020年
→ 2019年
→ 2018年
→ 2017年
→ 2016年
→ 2015年
→ 2014年
→ 2013年
→ 2012年
→ 2011年
→ 2010年
→ 2009年
→ 2008年
→ 2007年
→ 2006年
→ 2005年