Group SNE
News
●更新情報
●新刊案内
●イベント情報
●その他
About SNE

Products

User Contents
Link
indexに戻る
 
 TOP > 最新情報 > 新刊案内 > 既刊案内(2015年刊行作品)

←新刊案内に戻る →2014年の作品


2015年1月
新装版 コクーン・ワールド 2
真夜中に騒ぐ冒険者

  原案=安田均
  著=友野詳
  角川書店 角川スニーカー文庫  予価:734円(税込)

 通常なら、月のはじめが発売日のスニーカー文庫さんですが、年末ですので、月末にはお店に並びます、コクーン・ワールド新装版第二弾。
 本当なら、あまり修正はせずにお手元にと思っているんですが、やはりチェックをはじめると、かなり手を入れてしまいます。
 でも、物語の流れやキャラクターは変えていません。あくまで「読みやすく」という修正です。
 さて、この二巻めでは、初出当時も人気のあったキャラクター、みんなの妹ぶんである(でもソアラがやっぱりいちばんの)リィズが登場します。地上へ戻る方法を探す……という目的は、ほとんど忘れて、今日も地底でドタバタ騒ぐ六人の冒険者たち。相変わらずのコメディですが、ちょ〜っとだけシリアスな場面もあります。
 おまけ短編「白昼に絡む冒険者」の後編も収録されており、さらにおまけとして、田中ロミオ先生の解説もいただいています。
 以前読んでくださっていた方も、これがはじめてという方も、ぜひぜひ手に取ってみてくださいませ。

2014.12.26 1/18新装版&ドラマCD発売記念トークライブ開催!
2014.10.27 ドラマCD最新情報 発売日やキャスト、ブックレットの情報が公開されました!

 →ニュースを見る
 →著者インタビュー
ソード・ワールド2.0ストーリー&データブック
ドラゴンレイド戦竜伝 2

  著=北沢慶
  富士見書房  予価:1944円(税込)

 ついにプラチナドラゴン――リズに騎乗し、人竜合一を果たし、フォールンドラゴンの脅威からテュリエの街を守った竜殺しガルス。
 しかし竜殺しの掟――二度とドラゴンに乗ってはならない――を破ったため、ガルスは投獄されてしまう。
 そんな彼の前に現れる、コントベルリ伯爵。彼はガルスに、牢から出す代償として、プロセルシア帝国の象徴でもある皇帝竜、アーレスグリュッドの暗殺を依頼する。
 しかも時を同じくして、プロセルシア帝国第124代皇帝が崩御。そのため、帝都は次期皇帝が誰になるのかで、騒然としていた。
 そこへ、妾腹の皇子スティーグが帰還し、後宮の皇子ユルトまでも帝位継承権争いに巻き込まれていく。
 そして、次期皇帝を決めることができる唯一の存在、皇帝竜アーレスグリュッドの寝所へと忍び込んだガルスが見たのは、帝国と帝都が隠し続けていた、恐るべき暗部だった。

 風雲急を告げる帝都ラースを舞台に、陰謀と騒乱、破壊と暴力が吹き荒れる。
 竜殺しガルスと、白金竜リズの、決断を見よ!

※巻末には、プロセルシア帝国の成り立ちや近年史、各公国に関するワールドガイドに加え、ガルスが扱う流派「ウォーディアル流竜騎神槍」の秘伝や流派武器、霧闇神フラクシスの特殊神聖魔法も全部掲載。作中に登場したダムドやファントムのデータも満載で、プロセルシア(主に北部)での冒険も再現できるかも!?(北沢慶)
ソード・ワールド2.0リプレイ できそこないの転生伝承 2
  著=大井雄紀/グループSNE
  富士見書房 富士見ドラゴンブック  予価:648円(税込)

 改変された歴史を正すため、百年前のザルツ地方を旅するタイムトラベルリプレイ第二巻、いよいよ発売です!
 今回はいよいよ、未来から持ち込まれた『ベアトリスの手記』を頼りに宿敵〈臥龍〉の野望を防ぐため、西へ東への大奔走!
 ある時は恐怖の館に挑み(タマ「ゴーストをハントするゲームを遊んでいる気がしてきたのですにゃ(笑)」)。
 またある時はライブ会場でサイリウムを振る(イアン「ちょっと待て! いきなり『SW2.0』じゃなくなったぞ!?(一同爆笑)」。
 果たしてイアンたちは正しい歴史を取り戻すことができるのか、こうご期待です!!(大井雄紀)
2015年2月
新装版 ルナル・サーガ 3
黒の海流

  著:友野詳
  角川書店 角川スニーカー文庫  予価:691円(税込)

 ルナルの新装版も、3巻までたどりつきました。
 帝国から脱出した双子達は、故郷を目指して海に出ます。
 そこで出会う新たな仲間と新たな敵、そして敵になるか味方になるかわからない謎の青年。
 ようやく、メインキャラクターがでそろいます。パーティの残る仲間である盗賊のニフトール、ドワーフのドムス、そしてエルファのラナークが、双子とタッタに合流します。
 その六人の前に立ちはだかるのが、邪悪な民の海賊を率いる〈青真珠〉のメルヌ、そしてついに姿をあらわす、事件の黒幕〈四姉妹〉がひとり〈鉄の姫〉サレイア。
 恐るべき敵に翻弄される双子と仲間たちの前にあらわれる、謎の青年サーティグとは何者か。
 物語は、大きなターニングポイントを迎えます。
 もちろん、今巻もイラストは全て新規書き下ろし。文章にも全面的に手を入れました。
 これまでの二冊には、文庫未収録短編やワールドガイドが付録についてきましたが、今回は、まったく新規の短編を書き下ろしました。コンビで人気のある、二人のエルファ。アード・ハウリングウルフとラナーク・ブラストウィンドの出会いを描く「狼は吠え、風は吹き渡る」です。さらに、解説イラストは四季童子先生! 四季先生の描かれる、双子とタッタをどうぞごらんください! (友野詳)

 →ドラマCD情報
 →ニュースを見る
 →著者インタビュー
ゴーストハンター 3 アルケリンガの魔界
  著:安田均/秋口ぎぐる
  富士見書房  予価:1944円(税込)

 ついに登場します。小説の出版予定からほぼ12年。「ラプラスの魔」(1988)にはじまるゴーストハンター・シリーズ第3作。今回は安田均、秋口ぎぐるの共著です。
 ストーリーは「パラケルススの魔剣」の少し前の時期、アレックスとモーガンがオーストラリアに取材旅行に出かけたところからはじまります。その地で出会う怪事件。先住民アボリジニの若い姉弟の関わる、驚くべきアルケリンガ(ドリームタイム)神話世界。草壁健一郎の登場とともに、事態は大都市メルボルンからアデレードに、そして……
 コンピュータゲーム、RPG、そしてボードゲームと展開されてきた世界の「小説」最新版です。この作品からでも読み始められます。待っていた方も、新たな方も、どうぞよろしく!(安田均)

→ニュースを見る
→著者インタビュー
ソード・ワールド2.0リプレイ 竜の学舎と守護者たち2
  著:秋田みやび/グループSNE
  富士見書房 富士見ドラゴンブック  予価:670円(税込)

冒険者先生たちの秘境学校物語の2巻です。理不尽なごちゃまぜ学校にて、ますます教師としての自覚を深める冒険者たち。
小さな日常の事件の中、学校のアピールとして偏屈な村にて出張授業を行い、学校への理解を深めてもらおうと奮闘します。今回はドラゴンレイドという事件のぎりぎりに挑戦してみました、よろしくお願いいたします!(秋田みやび)
ソード・ワールド2.0バトルキャンペーンブック
プロセルシア秘史 -暁をうたう竜の姫-

  著:清松みゆき、川人忠明/グループSNE
  富士見書房  予価:3564円(税込)

 恒例の「一人からでも遊べるキャンペーン・シナリオ集」の季節がやって参りました。昨年の『カルゾラルの魔動天使』に引き続き、「バトルキャンペーンブック」としての登場です。
 タイトルからおわかりの通り、今回の舞台はプロセルシア地方、小説「ドラゴンレイド戦竜伝」、リプレイ「千竜と刃の革命」の両シリーズの舞台として、昨夏から露出の始まった地方です。竜と人族が共存するこの地方ならではのセッティングで、プロセルシアの全域を渡り歩く物語が展開されます。
 従来は、川人忠明+田中公侍のコンビでお送りしていたこのシリーズですが、今回は、簡易ながら「博物誌」シリーズでやってきたような地方ガイドを掲載しており、その都合から、僕が共同執筆者となり、ルールとデータも担当しました。
「竜と人」をテーマに、昨年の魔動天使に優るとも劣らぬ大仕掛けも用意されています。
 異境プロセルシアでの冒険を存分にお楽しみください。(清松みゆき)

2015.02.16
 →2/18 紹介セッションをニコ生放送!
2015年3月
新装版 コクーン・ワールド 3
夜明けに笑う冒険者

  原案=安田均
  著=友野詳
  角川書店 角川スニーカー文庫  予価:734円(税込)

 地上への道を探す6人の冒険も、いよいよクライマックスを迎えます。
 地底世界クリュオの果ても果てにある〈輝きに満ちたる地〉を訪れた一行は、またもや大騒ぎに巻きこまれます。
 ドタバタしたTRPGセッションのノリをそのままに描いていて、さらに世界設定がすっとんきょうなのですが、意外に出会う事件や悪事を企む連中が、まともだったりするのはお気づきでしょうか(小説の後で出したTRPG版では、能天気な悪役を取りそろえるようにしましたが、おもしろおかしいセッションのために)。
 まあ、敵や周囲の面々が、どれだけ真面目に生きてても、この連中にかかると、あっさり笑いのめされちゃうんですが(笑)。
 最後の最後まで、自分たちのペースにまわりを巻きこみ、どんなシリアスもぶっ壊す、六人組の活躍をたっぷり楽しんでいただければ幸いです。
 もちろんこの巻も、イラストは表紙口絵本文挿絵と全て新規書下ろし。文章も全面的に読みやすく手直ししました。
 これまでの巻には文庫未収録短編がおまけについてきましたが、この巻ではルナルの3と同じく、完全新作を書き下ろしました。タイトルは「宵闇にぶつかる冒険者」。ソアラとウィブが、はじめて出会った時のお話になります。
 解説イラストは、なんとびっくり、いとうのいぢ先生。のいぢ先生が描いてくださるコクーン世界をどうぞお楽しみに! (友野詳)

 →ドラマCD情報
 →ニュースを見る
 →著者インタビュー
3/1ゲームマーケット2015大阪にて先行発売
ゲット・ラッキー
キルDr.ラッキー・カードゲーム

  作:ジェームズ・アーネスト
  訳:安田均/笠井道子
  制作=グループSNE
  販売=cosaic
  予価:1800円(税別)

とある夜会に15人の客が集まった。その全員がラッキー博士を亡き者にしようと狙っている。ラッキー博士、いったい何をやらかしたんだ?!――

 アメリカの著名デザイナー、J.アーネスト氏の代表作『キル・ドクター・ラッキー ボードゲーム』が、フレイバーはそのままに、20分で終わるユーモア・カードゲームとして生まれ変わりました。
 あなたは自らの手でラッキー博士に復讐しなければなりません。ですので、他人の殺害は妨害する必要があります。しかし、人の妨害ばかりしていると、今度は自分が不利になってしまいます(復讐も妨害も、限られた手札のなかで行うからです)。
 妨害は他の人と協力できるので、後のプレイヤーに責任を押しつけるのが得策でしょう。けれど、そのプレイヤーが必要な妨害カードを持っているという保証はありません。そうしたジレンマが最高に楽しいゲーム。
『ゲット・ラッキー キル・Drラッキー・カードゲーム』完全日本語版、3月7日(土)、全国のショップさんで発売。ぜひお楽しみください。(笠井道子)

→著者インタビュー

→ 製品情報
→先行販売が行われたゲームマーケット2015大阪のレポート
ソード・ワールド2.0リプレイ
戦慄のトリプルクラウン 下

  著:北沢慶、川人忠明、ベーテ・有理・黒崎、秋田みやび/グループSNE
  富士見書房 富士見ドラゴンブック  予価:713円(税込)

 3つのお題が織りなす無茶ぶりリレーリプレイ、『戦慄のトリプルクラウン』、待望の下巻が登場です!
 今回GMを務めますのは、川人忠明、ベーテ・有理・黒崎、秋田みやび、そして北沢慶の四人。
 2つお題を引いてシナリオを作り、セッション直前にさらにひとつ引くという狂気の仕様に、ベテランGMたちも七転八倒した上巻でしたが、今回はいかにこれらのストーリーを受けて、キャンペーン完結へ導くかという難題がGMたちに課せられるという鬼展開。
 そんな過酷な環境でも、あえて自分たちの個性を全開に、全力でぶつかっていくGMたちの知恵と勇気は必見です!
 第一回目に引いたお題、「魔王」「ドラゴン」から始まるこのキャンペーン。
 どんな結末になるのか、ぜひ見届けてください!(北沢慶)
つれづれ、北野坂探偵舎 感情を売る非情な職業
  著=河野裕
  角川書店 角川文庫  予価:605円(税込)

 推理はできないけれど幽霊がみえる元編集者の探偵と、幽霊はみえないけれど人の心理を読み解くのが得意な小説家のコンビが、現実に起こったことを「設定」として、物語を創るように事件の真相を推測するシリーズ第4弾。
 ……なのですが、今回は主人公ふたりが「コンビになる前」の話です。
 佐々波蓮司はまだ編集者として出版社に勤めていて、優等生的な笑顔が胡散臭い上司、口うるさい後輩と共に、「はやて文学賞」という新人賞を担当することになります。はやて文学賞ではある新米作家が再デビューを目論んでいて、一方で佐々波には校正者の恋人がいて――それらは一編の、「出版されなかった受賞原稿」を中心に絡み合っていきます。雨坂続は病院で眠っています。
 感情を売る非情な職業とはいったいなんなのか? ということは特に謎でもない本作、いろいろと小説について語っているので、出版業界に興味がある方はぜひ。(河野裕)
2015年4月
新装版 ルナル・サーガ 4
緑の迷路

  著:友野詳
  角川書店 角川スニーカー文庫  予価:713円(税込)

 新装版ルナル・サーガも、みなさまのご支援のおかげをもちまして、折り返し点を越えることができました。ありがとうございます。
 双子は、ついに故郷であるターデンの街に戻ってきました。
 しかし、そこにも安息の日々はありません。ターデンに隣接する広大なラジスの森。そこに住むエルファたちをターゲットに、恐るべき陰謀が進んでいたのです。そして、双子と仲間たちは、ついに宿敵たる四姉妹と、本格的に対決することになります……!
 前巻に続き、この4巻にもおまけの書き下ろし短編をつけました。キャラクター・スケッチ、今回の主役は、青銅の姫フエイア。ルナル・シリーズには、多くの敵役が登場しますが、やはり一番人気は彼女。ほんの短いものですが、彼女の戦いをお楽しみください。
 短編の扉イラストは、青銅の姫と五方陣が勢ぞろい。いやあ、昨今のスニーカー文庫にはちょっとない『濃い』イラストです。もちろん、表紙口絵本編挿絵も描きおろしです。
 解説は高殿円先生が寄稿してくださっています。
 これまではコクーンと交互の発売でしたが、4巻、5巻、6巻は毎月連続刊行となります。これからも新装版ルナルをよろしくお願いします。(友野詳)

 →ドラマCD情報
 →ニュースを見る
 →著者インタビュー
ブラックストーリーズ ファニーデス:本当にあった不思議でおかしな50の“黒い”物語
  作=コリンナ・ハルダー&イェンス・シューマッハ
  翻訳=グループSNE/安田均、柘植めぐみ、ニコ・シュタールベルク、石野力
  制作・販売=グループSNE/cosaic
  予価:1500円(税別)

 大人気の水平思考謎解きゲーム「ブラックストーリーズ」第4弾! あれ、でも『ブラックストーリーズ4』じゃない?
 じつは本場ドイツのmoses社からは、毎年のように「テーマもの」が出ています。たとえば「クリスマス編」「映画編」「ビジネス編」といったもの。そのなかでも断トツの人気を誇るのが、この『ブラックストーリーズ ファニーデス』です!
 ファニーデス、すなわち「おかしな死」。今回の謎はすべて、「じっさいにあった話」をもとにしています。まさか! と思うようなちょっとおバカな(ときどきせつない)物語が集められています。
 これまでとはちょっと違う味わいの50の謎を、YES/NOの質問で解き明かしてください!(柘植めぐみ)

2015.04.20 オリジナルブラックストーリーズ第三弾 優秀作発表!

2015.04.08 ニュースを見る

2015.04.03 ニコ生4/10(金) 【発売前日】ブラックストーリーズ ファニーデス 謎解きチャレンジ
2015.03.30 緊急募集!『ブラックストーリーズ』オリジナルストーリーズ募集第三弾!エイプリルフール特集
ソード・ワールド2.0リプレイ
千竜と刃の革命3 Grandslam

  著=ベーテ・有理・黒崎/グループSNE
  富士見書房 富士見ドラゴンブック  予価:626円(税込)

HAHAHAHAHAHAHA!

 諸君、悲しい話をしよう――これは『千竜と刃の革命(レイド)』シリーズの最終巻である……
 諸君、嬉しい話をしよう――これは、『千竜と刃の革命(レイド)』シリーズの最終巻である!!

 皇子の要請と魔竜、そして邪教集団の存在に対応するため、若き赤大女竜公アナ=モニーク・マグナス・ヴィンカンデルは、南プロセルシアを統治する七大竜公の集う“七竜の会議”を開くことを決意した。
 子爵家の次男ロルフと、西域より漂着した冒険者達は、赤竜公国と確執のある翠竜公国へ会議開催を伝える使者として選ばれる。
 しかし、プロセルシアの地にて蠢く数多の災厄が、彼ら彼女らの道筋を阻むこととなる……
 果たして、一行は大団円を迎えることができるのかッ!?

『千竜と刃の革命(レイド) 3 Grandslam』!

 乞うご期待!!(ベーテ・有理・黒崎)

2015.04.14
 5/9(土)イエローサブマリンなんば店
 リプレイ千竜と刃の革命完結記念 SW2.0ミニコンベンション
ブラックミステリーズ 12の黒い謎をめぐる219の質問
  監修=安田均
  著=河野裕、友野詳、秋口ぎぐる、柘植めぐみ
  角川書店 角川文庫  予価:648円(税込)

 青年はある夜、「シスター」と名乗る謎の女性に出会い、山奥の洋館で開催される奇妙な食事会に招待される。
 食事会に参加していたのは、「詩人」、「船長」、それから「投資家」。青年は「運転手」を名乗り、彼らと共に、言葉だけでできる、あるゲームを始める。
【熱烈なキスを交わした結果、ふたりは二度と出会えなくなった】
【のろまを見捨てたために、彼女の出費は倍増した】
【タイミングを厳密に計り、彼は渾身の垂直跳びを行った。60センチをジャンプして、直後に死んだ】
【少女は死んだ。そしてとても喜んだ】
 こういった、短い出題の真相を探り当てるゲームを。
 さらに彼ら4人には、それぞれ抱えている秘密があって――

       ※

 本書は水平思考パズルを題材にしたカードゲーム、「ブラックストーリーズ」の小説版として企画されたものです。
 水平思考パズルとは? ご存じの方は、「ウミガメのスープ」と聞くとぴんとくるかもしれません。まず出題者が短いお題を出し、解答者はイエス、ノーで答えられる質問をしていきます。たとえば、こんな風に。

出題者「男は海亀のスープを注文しました。それを食べ、レストランを出た直後に自殺てしまいました」
解答者A「そのスープは、男が想像していたものでしたか?」
出題者「ノー」
解答者B「男はこれまでにも海亀のスープを食べたことがありましたか?」
出題者「イエス」

 質問を繰り返し、お題の真相を探り当てればクリア。
 このゲームについて、より詳しく知りたい方は、ぜひ「ブラックストーリーズ」の紹介ページをご一読ください。

 本書では、4人の登場人物たちが、実際にこのゲームをプレイしていきす。そして「真相に到達できる質問」をしたとき、作中作のような構造で、解答編となるショートストーリーが始まります。
 このゲームパート(推理パート)とショートストーリーをまとめて1話として、計12話のストーリーが収録されています。ちょっと変わった連作短編集としても、ちょっと変わったゲームブックとしてもお楽しみいただけます。
 すでにブラックストーリーズをプレイされている方には、文庫本1冊のお値段で追加のオリジナル問題が12問手に入り、しかもそれぞれにプレイ風景と詳細なストーリーがついている、とご紹介することもできます。あの「ブラックな」カードゲームの裏に書かれている解答が、ストーリーとして語られるとどうなるのか、ぜひご想像ください。(河野裕)

2015.04.20 オリジナルブラックストーリーズ第三弾 優秀作発表!

2015.04.03 ニコ生4/10(金) 【発売前日】ブラックストーリーズ ファニーデス 謎解きチャレンジ
2015.03.30 緊急募集!『ブラックストーリーズ』オリジナルストーリーズ募集第三弾!エイプリルフール特集
王への請願
  作=トム・レーマン
  翻訳=グループSNE/安田均/笠井道子
  制作・販売=グループSNE/cosaic
  予価:2500円(税別)

大人気『王宮のささやき』につづく宮廷劇第二弾――今回プレイヤーは王への請願者となります。サイコロを振り、その出目によって強力なキャラクターカードを手に入れ、少しずつ謁見を賜る道を切り開いていくのです!
キャラクターは21種類あり、出目を変更したりサイコロを追加したりと様々な特殊能力を持っています。誰かが同じ出目7個をそろえて「王」のカードを手に入れたら、ゲームは終了に向かいます。
バラエティに富んだ特殊効果を駆使し、だれよりも先に王への請願を果たしましょう。「年貢、下げてほしいねん! もう生活、かつかつやねん!」
(笠井道子)

2015.04.20 →製品情報
2015.04.08 →ニュースを見る
2015年5月
新装版 ルナル・サーガ 5
銀の深淵

  著=友野詳
  角川書店 角川スニーカー文庫  予価:713円(税込)

 青銅の姫フエイアとの激しい戦いを潜り抜けた双子と仲間たちは、物語の新たなる舞台、工房都市テロンへとたどりつきます。そこで、彼らを、また新たな出会いと、そして別れが待ち受けています。
 新装版による復刊も、いよいよ5巻め。第一部四姉妹篇のクライマックスも間近です。これもみなさまの応援のたまもの。ありがとうございます。
 お忙しい中、西村さんのイラストは今回も素晴らしいクオリティ。
 毎回、豪華な作家陣に解説をいただいておりますが、今回は『My Humanity』で第35回日本SF大賞を受賞された長谷敏司さんがルナルを語ってくださいました。
 もちろん、友野の書き下ろしおまけ短編もあります。今回の主役は若き日のニフトール。バドッカで名をあげようとする若い盗賊の、一夜の冒険譚をお楽しみください。(友野詳)

 →ドラマCD情報
 →ニュースを見る
 →著者インタビュー
ゲームマーケット2015春にて先行発売
CV 履歴書:あのとき、ああしていたら……
  作=フィリプ・ミウンスキー
  翻訳=グループSNE/安田均/柘植めぐみ/こあらだまり
  制作・販売=グループSNE/cosaic
  予価:3,800円(税別)

もしも、あのときああしていたら……。
 長い人生、ふとそんなことを考えることはありませんか?
 そんなときにぴったりなゲームが、『CV(履歴書)』です!
 手番にすることはとてもシンプル。健康、お金、人間関係などのシンボルの書かれたダイスを振って、その出目から履歴書のカードを購入します。カードは、振るダイスを増やしてくれたり、追加のシンボルを生み出してくれたりと、人生の次なるステップアップに役立ちます。
 最終的には人生の目的の達成や、履歴書に並んだカードの枚数から勝利点を計算しますが、勝っても負けても、自分の人生を走り切った満足感があるはず!
 イラストもおしゃれなカードは全部87種類。若かりしころの「初恋」の思い出から老後の「年金」まで、幅広く人生をカバーします。 
 ぜひとも、あなただけの人生を作りあげてください。(こあらだまり)

2015.05.11 →製品情報
2015.04.08 →ニュースを見る
@バスルーム
  著=川上亮
  富士見書房 L文庫  定価:648円(税込)

 バスルームに監禁された四人の少女がSNSを利用して外部から情報を集め、監禁場所の特定と脱出を目指す……という内容。ネットを通した集合知によって問題の解決を図るという状況は、実はSNEの意欲作『bell』と同じだったりします。ゲーム好き、SNE好きにはきっと楽しめる内容だと思いますので、ぜひ書店で手に取ってみてください。帯には「映画化決定!」の文字が……。読めば「たしかに低予算で映像化できるかも」と思っていただけるはず!
”秋口ぎぐる”ではなく”川上亮”名義となっております。(秋口ぎぐる)
その白さえ嘘だとしても
  著=河野裕
  新潮社  新潮文庫nex  定価:630円(税別)

 階段島に通信販売の荷物が届かなくなった1週間後――12月24日、土曜日。
 そのクリスマスイヴに、真辺由宇は通販が届かなくなった原因だとされる「凄腕のハッカー」の噂を追っていた。
 佐々岡は音楽室で出会った少女のために、ヴァイオリンのE線を探していた。
 水谷は階段島で突如広まった「クリスマスの七不思議」に巻き込まれていた。
 時任は投函された無数のクリスマスカードを配り切るため、カブを走らせていた。
 そして僕――七草は、階段島を管理する「魔女」に会いたいと考えていた。

       ※

 本書は『階段島シリーズ』の2冊目です。
『いなくなれ、群青』という小説の続編になります。
 主にクリスマスイヴの物語で、ヒーローが主なテーマになります。
 変身ヒーローも必殺技も登場しませんが、真面目にヒーローについて考えてみたので、ご一読いただけましたら幸いです。(河野裕)

→前作「いなくなれ、群青」著者インタビュー
  
ドレッドノート スターターデッキ
 紅蓮ノ剱/蒼穹ノ盾

  監修=安田均
  制作=加藤ヒロノリ、杉浦武夫、河端ジュン一/グループSNE
  KADOKAWAメディアファクトリー  価格:各1500円(税抜)
  カード52枚入り(構築済みデッキ)
  プレイマット(裏面デッキ解説書)、ルールブック付

 完全新作TCGドレッドノートがいよいよ発売ですー!

俺のターンの概念がないクロスカウンターシステム!
あらゆるタイミングで手札を増やすことのできるゴッドドロー!
……などなど、ストロングスタイルでやり応えのあるだけでなく今までにない「超ド級」なTCGになっております。

まずはスターター2種とブースターが発売されます!
大規模大会はなんと賞金制!

SNEですからオリジナルな世界観もがんばってます!
近未来風のキャスターたちの戦いをご堪能ください。

細かくは著者インタビュー公式サイトをご覧ください。


2014.04.17
 【ドレッドノート】まるデ班が体験版を遊んでみた 4/18 19:00〜


→制作発表会レポート
→著者インタビュー
→公式サイト
ドレッドノート ブースターパック
 Chapter1  神をも恐れぬ者たち

  監修=安田均
  制作=加藤ヒロノリ、杉浦武夫、河端ジュン一/グループSNE
  KADOKAWAメディアファクトリー  価格:1パック 319円(税抜)
  1パック7枚入り/全104種

 完全新作TCGドレッドノートがいよいよ発売ですー!

俺のターンの概念がないクロスカウンターシステム!
あらゆるタイミングで手札を増やすことのできるゴッドドロー!
……などなど、ストロングスタイルでやり応えのあるだけでなく今までにない「超ド級」なTCGになっております。

まずはスターター2種とブースターが発売されます!
大規模大会はなんと賞金制!

SNEですからオリジナルな世界観もがんばってます!
近未来風のキャスターたちの戦いをご堪能ください。

細かくは著者インタビュー公式サイトをご覧ください。


2014.04.17
 【ドレッドノート】まるデ班が体験版を遊んでみた 4/18 19:00〜


→制作発表会レポート
→著者インタビュー
→公式サイト
ソード・ワールド2.0ソーシャルアプリ
サウザンドブレイブ

  シナリオ=グループSNE
  制作=サンアート

 長らくお待たせしておりました!
 『ソード・ワールド2.0』のアプリゲーム、クローズドβテストの募集が始まりました!
 アプリゲーム『サウザンドブレイブ』は、魔剣の島グレイシアを舞台に、プレイヤーは冒険者ギルドのギルドマスターとなり、沢山の冒険者を雇って島を探索するゲームです。
 シナリオは川人忠明や藤澤さなえをはじめとした、グループSNEのメンバーが執筆。βテスト版でも100本以上のシナリオが遊べる予定です。
クローズドβテストの参加は抽選で、募集〆切は5月18日17時です。
 それでは、みなさんのご応募をお待ちしております!
(北沢慶)

2015.05.11  ニコ生セッション第3回は5/16(土)です。お見逃しなく!
2015.05.08 クローズドβテストの募集〆切は5月18日17時です。参加は抽選です。
2015.05.01 クローズドβテスト先行プレイ応募受付中!
 http://sw20.sunart.gr.jp/
 詳細は↑をクリック!
2014.04.17 【視聴者参加型】ソード・ワールド2.0ニコ生セッション第2回 4/29 18:00〜
2015年6月
新装版 ルナル・サーガ 6 白の峻嶺
  著=友野詳
  角川書店 角川スニーカー文庫  予価:713円(税込)

 新装版ルナル・サーガもついに6巻。四姉妹篇のラストまでたどりつきました。
 舞台は、ルナルを代表する不思議な都市バドッカから、苦難の旅路を経て、四姉妹の本拠へと。都市のただなか、水の上、大地の底、天空の彼方、さまざまに展開します。
 恐るべき破壊の使徒との、あるいは異なる理想との、双子たちの戦いをご堪能ください。
 今回も、表紙、口絵、そして本文挿絵は西村博之さんの新規描きおろしですが、アニメの作業でお忙しい中、今回は解説エッセイもいただいてしまいました。ルナルとの出会いから、大変にありがたいその思い入れまで。
 書き下ろしのおまけ短編は、ルナル史上はじめて〈悪魔〉戦争の時代を描きます。〈結社〉を作り上げた始祖の母たちがいかなる人物であったのか、短いスケッチですが、お楽しみください。(友野詳)

 →ドラマCD情報
 →ニュースを見る
 →著者インタビュー
つれづれ、北野坂探偵舎 1
  原作=河野裕
  キャラクター原案=秀良子
  著=ヒノモト円時
  エンターブレイン ビーズログコミックス 定価:620円(税別)
2015.06.02 発売日延期のお知らせ
ゲームマーケット2015春にて先行発売

コクーン・ワールド ザ ボードゲーム
  作=安田均
  制作=グループSNE/cosaic
  予価:3800円(税別)

 お待たせしました、ついに出ますよ~ 、コクーン・ワールドのボードゲーム(いや、ダイスゲームというべきか)。
地底に広がった繭型世界は妙なことだらけで、冒険者にはうってつけのカオス・ワールド。
ここでプレイヤーは剣やら魔法やらを使って……じゃなく、とにかく右往左往のレースをしながら、経験点を稼いでいくのだ。
どうしてかって?
理由はわからぬ。とにかくゲームがそうなっているから。
とは言ってもこのレース、右向きの幸運の神と、左巻き、いや左向きの不運の神、どちらを信ずるかによって大いに異なる。しかも、その風向きがまた、混沌の確率次第で変わるのだ。これを何とかしようと、ボードに指示タイルを置いて行くのだが、こちらがまた増えると、ピンボールのようにどこへ飛ばされるかわからなくなるという、まさしくコクーン・ワールドらしいナンセンス。と言いつつ、得点がどんどんたまるのは心地よく、最後には誰かが何とかなっているのもまた、ファイブリア創造神の思し召しか。
ボード上を進んでいるのか、止まりたいのにボードの方が動いているのか、わからなくなってくる眩暈のゲーム。
この新感覚ボードゲームを、本邦初のダイスタワーと共にぜひ経験あれ。(安田均)

2015.06.19 →Q&A
2015.06.02 →製品情報(可愛いコミック付き!)
2015.04.08 →ニュースを見る

 →著者インタビュー
ソード・ワールド2.0リプレイ 竜の学舎と守護者たち3
  著=秋田みやび/グループSNE
  富士見書房 富士見ドラゴンブック  予価:670円(税込)

 先生冒険者たちと、奇妙な学校の物語もついにクライマックスです。
 物語の進む方向によっては、エイデルの環境ががらりと変化してしまう可能性もある真実がついに明らかに!
 エイデルのドラゴンレイドとは? 本当にそれでいいのかGM、とこれまでに何度も悲鳴が聞こえたセッションです。
 生徒のために全力でがんばる新米先生たちの冒険と行く末を、どうか暖かく見守ってくださいませ(秋田みやび)
2015年7月
オリジン
  作=アンドレア・メニーニ
  訳=安田均/グループSNE
  制作=グループSNE/cosaic
  予価:4500円(税別)

 フランスのマタゴー社より、人類の発展と拡大をテーマにしたボードゲーム「オリジン」が日本上陸です!
 プレイヤーは高さ、太さ、色の異なる部族コマを使い、大陸から大陸へ自分の部族を広げてゆきます。
 一見、陣取りゲームのように見えますが、むしろ目的カードによって指定される条件を満たすようにどうコマを配置するかや、タイルのセットをどう取るかがキーになります。
 子どもでも気軽に遊べるジュニアルールと、よりゲーム性を高めたクラシックルールの二種類の遊び方があり、幅広い層が楽しめます。
 どこかとぼけた表情の木製コマと美しいコンポーネントも魅力。
 ご家族で、お友だち同士で、人類の発展をめぐる冒険に出発してください。(こあらだまり)

2015.07.28 →製品情報
ソード・ワールド2.0ルールブックEX
  著=北沢慶/グループSNE
  富士見書房 富士見ドラゴンブック  予価:972円(税込)

『ソード・ワールド2.0 ルールブックEX』の「EX」は、expand、extend、extra、などの言葉を意識したものです。ゲームの幅をより広げてくれる、特別な一冊です。
『アルケミスト・ワークス』に始まり、昨年の『ルミエルレガシィ』まで、「SW2.0」は、夏に大判のサプリメントやデータブックでルールやデータを追加してきました。
 これらはすでに6冊を数え、1年ごと段階的に入手し、慣れてきた人たちにはそうではなくとも、いきなり、このすべてに晒されたら、金銭的な負担も含めて、大きな壁に見えてしまうこともあるでしょう。
『ルールブックEX』は、そのハードルを下げるためのものです。手軽かつ安価にサプリメントやデータブックが提供するゲーム環境を手に入れることができるようになっています。
 レベル6までという条件はつきますが、この本は『ルールブックT改訂版』と組み合わせるだけで、現在の最新のルール・レギュレーションにプレイヤーとして参加して遊ぶことを可能にしてくれます。臆せず、新しい世界へと挑んでみてください。
 一方で、ベテランを自認し、多数のサプリメント、データブックを駆使して遊びたい人も、この本を薦めていくことで、ともに遊ぶ仲間を増やしていくことができるでしょう。
 より楽しいゲームのために、本書を活用してください。(清松みゆき)

2015.08.14
 → 『ソード・ワールド2.0 ルールブックEX』発売に伴う、ルールとデータの補完
ライナー・クニツィーア
コルセア〜海賊〜

  作=ライナー・クニツィーア
  訳=安田均/柘植めぐみ
  制作=グループSNE/cosaic
  定価:1,800円(税別)

 グループSNEがお送りする、ボード/カードゲーム界の鬼才ライナー・クニツィーアのカードゲーム。去年の「ポイズン」に続く第2弾です。
 コルセアとは副題にもあるとおり、「海賊」(なかでも、政府がこっそり裏で支援したりしている‘私掠船’というやつ)。このゲーム、かつて「Pirat」(まさしくパイレーツ=海賊)というタイトルで出され、ドイツのベストカードゲーム賞を取ったという快作なのです。それの改訂版がこれ(今回は一緒に「Pirat」のルールも収録してあります)。
 プレイヤーは商船を送り出し、それがプレイヤー間を一巡するうちに無事だったら、めでたくその金貨を回収できます。もちろん、他のプレイヤーはやすやすと見逃してくれるわけはなく、海賊船カードで攻撃を仕掛けるでしょう。それを自分の海賊船カードや海賊・提督カードなどで撃退しつつ、また、他のプレイヤーとの兼ね合いなどで、うまく敵の目をそらして金貨を回収をするという、油断も隙もないゲーム。商船カードを取られるのが嫌さに手札に抱えていたら、最後にマイナスカードになるのにもご用心というのは、いかにものジレンマのクニツィーア。
 わいわい言いながら、あっというまに20分ほどで決着がつきます。イラストは『ゴーストハンター13タイルゲーム』のモンスターカードや『モンコレTCG』でもおなじみ、幽玄なイラストという言葉がぴったりの槻城ゆう子さん。今回はパッケージだけでなく、海賊や船のイラストもすべて描いてくださっています。ぜひ楽しみにお待ちください。
 なお、名匠クニツィーアのゲームについては、これからも続々と話題作をお贈りできると思うので、続報にもご期待ください。(安田 均)
ボードゲーム・ストリート2015
  著=安田均/グループSNE
  新紀元社  予価:1,800円(税込)

 2014年に世界中で発売されたボードゲームの話題作を集めた「ボードゲーマー必携の書」2015年版です。
 巻頭カラーでは、選りすぐりのゲームを一挙に紹介。著者安田均のひらめきによる3行コメントで、どんなゲームなのかが一発でわかります。
 またまえがきを読めば、この1年の傾向を瞬時に把握できます。ボードゲームは世界各国でブームを巻き起こしていますが、いったいどのようなものがいま流行っているのか……ぜひご一読ください。
 そしてベストと思われる作品のレビュー、リプレイ、ウニ頭にもできるもん! とつづきます。リプレイでは、ドイツゲーム大賞2015を獲得したばかりの『コルト・エクスプレス』も取り上げています。さらにウニ頭では、なんと書き下ろしが2本も!
 さらに日本におけるボードゲーム業界の活気を伝える記事もたっぷり。iOSアプリも選りすぐりの6点を紹介しています。
 ラストを締めくくる恒例の座談会は、いつもと趣向を変えて、各執筆者のベストをみんなで当てるという面白企画もやっていますよ。
 どのゲームを買おうか迷っている方、ボードゲームのいまを知りたい方にぴったり。ゲーム年鑑として、デザインの参考として、またカタログとして、どうぞ一家に一冊ご常備ください。読み物としても楽しめます!(柘植めぐみ)

2015.07.21 →著者インタビュー
2015年8月
GANGSTA.―オリジナルノベル―
  原作=コースケ  著=河端ジュン一
  新潮社 新潮文庫nex  定価:562円(税込)

 月刊コミック@バンチで連載中、アニメも大人気放送中の『GANGSTA.』が小説で登場です!
 本作だけで独立したオリジナルのストーリーとして読めますので、これを機に『GANGSTA.』の世界を楽しんでいただけたら幸いです(渋い洋画のような雰囲気を目指して書きました)。

 マフィアの支配する街エルガストルムで、宅配から殺しまで、何でも請け負う便利屋を営むニコラスとウォリック。少女ソフィアは死にゆく身と知りながら、彼らに不思議な依頼をした――“あと3年、匿って”。やがて、見慣れない二人組ダリオとヨハンが現れ、親しくなるウォリック。だがソフィアの真の願いに気づいた時、衝撃の闘いが幕を開ける!(河端ジュン一)
ソード・ワールド2.0 RPGスタートセット
  監修=安田均
  作=北沢慶/藤澤さなえ/グループSNE
  制作=グループSNE/cosaic
  予価:4,500円(税別)

 ソード・ワールド2.0の入門セットが登場します!
 初心者はもちろん、長年遊んでいる人でも、便利に使えてセッションを楽しめるツールが詰まったBOX型TRPGです。ボードゲームになったわけではなくて、いつも皆さんが遊んでくださっているSW2.0を、より簡単に、より手軽に遊べるようにさまざまなアイテムを詰め込んだセットとなっております。ルールブック、サイコロなどなど、すべてが入っています。しかも、このセットがあれば、紙もエンピツもなしにセッションを遊べてしまうのです☆
 このセットでは、PCや魔物、魔法やアイテムなど、すべてのデータはカードで管理されます。冒険の舞台も、ダンジョンや野外のイラストが描かれたタイルを並べて表現できてしまう便利さ。もちろん、すべてがカラーです!
 その他、一度遊ぶだけでSW2.0のルールが把握できてしまうソロアドベンチャーシナリオや、みんなで集まって遊べるシナリオも収録。ルールブックには、ルールに関するコラム記事もたくさん載っていて、読み応えがあります。さらには、GMに役立つマスタースクリーン付き! ぜひぜひこのセットを使ってセッションを遊んでみてください♪(藤澤さなえ)

2015.08.07 →エラッタ
2015.08.07 →企画ページOPEN
2015.08.04 →製品情報
ソード・ワールド2.0リプレイ
できそこないの転生伝承 3

  著=大井雄紀/グループSNE
  富士見書房 富士見ドラゴンブック 予価:670円(税込)

 長らくお待たせしました。ついに『できそこないの転生伝承』の最新刊にして最終巻をお届けします。
 前回(2巻)で英雄戦争を乗り越え、現代に帰ってきたイアンたち。彼らはそこで未来のティエリナと出会い、真の黒幕であるフォールンドラゴン・ノワールの正体が未来のヴァルであったことを知りました。
 イアンたちはノワールが原因で始まったドラゴンレイドを止めるため、なにより未来のヴァルを救うため再び百年前へと舞い戻ります。
 そこでは思わぬ人物と遭遇し、イアンたちは運命を変えるために奔走することになります。
 果たして、イアンたちはまだ見ぬハッピーエンドを迎えることができるのでしょうか!
 そして独断と偏見で3巻の見どころを一言でまとめますと、「フォイユ、ついにスカートをはく」です!(注・個人の感想です)(大井雄紀)
ソード・ワールド2.0 ルール&データブック
フォルトナコード

  監修=北沢慶 著=田中公侍/グループSNE
  富士見書房  予価:4,104円(税込)

 ついに、冒険者はその限界を超える!
 夏の大型単行本も第七弾となった『ソード・ワールド2.0』は、今作『フォルトナコード』を導入することで、これまでの「最強」だった15レベルという限界を超え、16レベルへと成長することが可能になります。
 16レベル以上のキャラクターは「超越者」と呼ばれる存在となり、人の領域から、神の領域へと足を踏み入れることになります。それまで知りえなかった「世界の真実」を知り、それを解決するため、新たな力を手に入れます。
 これまでの技能などの強化に加え、「超越者」には新たな種族特徴[剣の託宣/運命凌駕]と「超越判定」による「超成功」が追加されます。一度死に至るような状況に陥っても、ソレを覆して戦い続ける力と、奇跡と呼べるほどの高い達成値による偉業が可能になります。
 もちろん、既存のすべての技能はそのまま強化されます。技能専用の戦闘特技や超越者用の魔法に加え、練技、呪歌、騎芸、鼓砲、占瞳が追加されています。
 また、それら超越者が活躍する舞台をキャンペーンシナリオの形式で紹介しています。彼らが挑むべき「世界の危機」が導入から詳しく記されています。
 超越者の敵となるべき魔物たちも多数収録しています。蛮族の王や古代の吸血鬼、死神の魔術師、古代竜など、およそ冒険者たちでは歯が立たないほどの強力な敵ですが、超越者たちであれば、拮抗することも可能です。
 存在しないとされていた第四の剣「フォルトナ」の名の下に、これまで見えなかった「世界の真実」を突き止めてみてください。(田中公侍)

2015.08.20 →エラッタ(※重要なエラッタあり)
ドレッドノート ブースターパック
 Chapter2   トワイライト・ハウリング

  監修=安田均
  制作=加藤ヒロノリ、杉浦武夫、河端ジュン一/グループSNE
  KADOKAWAメディアファクトリー  価格:1パック 319円(税抜)
  1パック7枚入り/全104種

 手ごたえある本格派TCGドレッドノート、いよいよ第2弾の発売です!  緊張感ある対戦を生み出す独自性満点のクロスカウンターシステムの幅を、いっそう広けるカードが満載! 「タイプ覚醒!」や「新タイプの追加!」と、今回のセットはまさにドレノをパワーアップさせる内容です。  第1弾の『紅蓮ノ剱』『蒼穹ノ盾』『神をも恐れぬ者たち』のカードを徹底サポートしつつも、新コンセプトを持つカードも盛りだくさんの内容となっております。  発売直後の8月30日には、大阪にて公式イベントを開催!  10月にはこのセットのカードを使える大型賞金制大会も、名古屋にて開催!!  本気のガチ対戦以外にも、毎月何からかのカジュアルイベントが開かれてますので、イベントも要チェック!!!  さらには「Chapter2」とついているとおり、世界観的にも大きな動きが……。  4Gamerさんにて連載中のストーリー展開にも注目してください! (ストーリーは、後日に公式ページにもまとめられます)  カード内容、遊びの場、ストーリー、もろもろ幅の広がるドレッドノートを、よろしくお願いします!(杉浦武夫)

→『ドレッドノート ブースターパック Chapter2 トライライト・ハウリング』著者インタビュー
→公式サイト
※8/22 夏のSNE祭り(SNEコンベンション)にて先行販売予定!
ピンクストーリーズ:ちょっぴり苦くてロマンチックな謎を解く50の質問
  作=アンドレア・ケールゼン
  翻訳=グループSNE/安田均、柘植めぐみ、石野力、重田裕章、ニコ・シュタールベルク
  制作・販売=グループSNE/cosaic
  予価:1500円(税別)

 大人気の推理ゲーム『ブラックストーリーズ』シリーズ。そのあまりに“ブラック”な内容に、「面白いけれど子どもと遊ぶにはちょっと……」という声もちらほらありました。
 そんな心配はもうサヨナラ! ついに「カラーシリーズ」が日本初お目見えです。これは言うなれば「人の死なない」ブラックストーリーズ。「ピンク」は女の子の色。なんだ、キラキラした女の子のお話か、なんて思ったら大間違い。騎士より強いお姫さま、いたずら好きな女の子、スポーツ命の熱血少女など、現代、童話、ファンタジーの舞台で子どもたちが元気いっぱいに飛び跳ねます。
 内容も子ども向けと侮るなかれ、大人でも首をひねること間違いなしのとっておきの謎の数々が封入されています。遊び方は『ブラックストーリーズ』と同じで、質問をくり返すことで謎の真相に近づいていきます(子どもと遊ぶときは「はい/いいえ」で答えられる質問じゃなくてもOK!)。
 友だちどうしで、兄弟姉妹で、親子で、ぜひ楽しんでください! (柘植めぐみ)

2015.08.26 ピンクストーリーズ発売&夏のSNE祭り開催記念、オリジナル・ブラックストーリーズ公募第4弾
 優秀作発表(テーマ:おぼん)
2015年9月
ソード・ワールド2.0リプレイ サウザンドブレイブ
ダンジョン探索、実況中!

  著=藤澤さなえ/グループSNE
  富士見書房 富士見ドラゴンブック  予価:691円(税込)

 春からグループSNEチャンネルで放送していたSW2.0アプリゲーム『サウザンドブレイブ』とのコラボキャンペーンセッションがリプレイになりました!
 グレイシア島で活動している駆け出しの冒険者たちが、海風の神ヴァ=セアンにまつわるマジックアイテムがあると聞き、そのお宝めざしてさまざまな魔剣の迷宮に挑んでいくストーリーです。
 このキャンペーンで注目していただきたいのは、視聴者の皆様にもセッションに参加していただいたこと! 視聴者の皆様には冒険者ギルドのギルドマスター役を担っていただき、コメントやアンケートなどで冒険者PCに指示を出すというかたちで参加していただきました。リプレイではもちろんその様子も収録しています。
 それだけではありません、このリプレイには放送に寄せられた視聴者コメントも掲載しています! 本を開くとまるでニコ生放送を見ているかのようなデザインになっていますので、ぜひぜひご覧になってください!
 さらに、書籍についている帯にはアプリゲーム『サウザンドブレイブ』で使えるシリアルコードがついています。このコードを入力すれば、リプレイに登場したキャラクターがアプリゲームでも使えるようになるのです! コードはアプリゲームがリリースされればすぐに使える予定ですので、こちらもどうぞよろしくお願いいたします!

※シリアルコードの利用期間は、2015年12月25日までです。この本では、ミシュリー、レクタリス、ヒューバートのデータがアプリで使えるようになります。


2015.09.28 →著者インタビュー

ゲームの事前登録受付中です!
 http://sw20.sunart.gr.jp/

2015.09.03 ニコ生セッション 特別版 9/12 18時より放送!
ソード・ワールド2.0ソーシャルアプリ
サウザンドブレイブ

  シナリオ=グループSNE
  制作=クレイソフト

 お待たせしていました、ソード・ワールド2.0アプリゲーム、『サウザンドブレイブ』がいよいよ登場です!
 突如アレスタ海に現れた謎の島、「グレイシア島」には、不思議な魔剣がいっぱい。
 しかも、魔剣の中には「剣精」と呼ばれる、魔剣の意思が具現化したものも存在し、こうした珍しい財宝を求めて冒険者たちが次々とこの島へと渡っていきました。
 しかし、島の北側にあるレーゼルドーン大陸からは、蛮族も上陸していたのです。
 プレイヤーは、この島にやってきた「冒険者ギルド」の「ギルドマスター」となり、数々の冒険者を集めて、島の謎へと挑むことになります。冒険者を育て、ギルドを大きくし、複数のパーティをどんどん冒険へと送り出しましょう。
 なお、メインシナリオを担当したのは、川人忠明。サブシナリオは藤澤さなえが執筆や取りまとめを行っています。そのシナリオ総数は膨大な量になるので、ぜひたっぷりと堪能してください。
 気になるリリース日は、
アンドロイド版が9月30日ios版が10月19日となっています。
 実際に遊べる日まで、あと少し。
 それまでは、9月20日発売の、藤澤さなえによるリプレイ、『ソード・ワールド2.0リプレイ サウザンドブレイブ ダンジョン探索実況中!』を読みながら、お待ちください。こちらも、アプリゲームと同じ「グレイシア島」を舞台にしていますよ! しかも、通常書籍版にはPCであるミシュリー、レクタリス、ヒューバートがアプリゲームでも使えるようになるシリアルコード付き
 アプリ版『サウザンドブレイブ』がサービスインしたならば、アプリをダウンロードしてコードを入力し、キャラクターをゲットしてくださいね。
 なお、ダウンロード、基本プレイは無料です。
 さあ、未知なる島の冒険へ、旅立ちましょう!(北沢慶)


2015.09.28 →著者インタビュー

ゲームの事前登録受付中です!
 http://sw20.sunart.gr.jp/

 →連動企画
 2015.09.03
 ニコ生セッション 特別版 9/12 18時より放送!
 ニコ生セッション、書籍化! 9/20発売予定!
 【視聴者参加型】ソード・ワールド2.0ニコ生セッション SNEチャンネルにて放送中!
2015年10月
※JGC2015(9/4〜6)にて数量限定先行発売
ブラインド・ミトス
  作=安田均/グループSNE
  制作=グループSNE
  販売=cosaic
  予価:4500円(税別)

 製品案内R&R誌次号(132号)やそこで連載中のコラム「RPG新転回」(第3回)で紹介されている〈新感覚〉の協力型ストーリーゲームがいよいよ登場します。
〈新感覚〉とは、ボードゲーム+RPGがほどよくブレンドされていること。
 おそるべき禁書(クトゥルフ神話なら「ネクロノミコン」とかありますよね)が世界に汚染をもたらし、破滅に導きかねないのを阻止する禁書取締官(TBファイラー)にプレイヤーはなって、いろんな街を表す美麗なボードを飛び回り、プレイヤー同士協力しながら事件を解決していきます。進行役(GM)は、いてもいなくてもOK。
 とはいえ、ゲームにはさまざまなシステムが密接にからまっており、それらが微妙に相互関係するのに翻弄されながら、制限ターン内にシナリオを解決に導かねばなりません。
 カードつなぎ判定法、手がかり捜査(チットめくり)、組み合わせ移動+戦闘、汚染除去(油断するとアウトブレイク!)、禁書情報パズルと異能力獲得、堕落判定(即退場!)、ファンブル獲得トークンによる協力プレイ、そして、何よりも芳醇なサブストーリーを導き出すプレイヤー間イベントカード判定。こうした新しいゲームシステムがてんこ盛りで、ダウンタイム(他プレイヤーの手番を待つ時間)に飽きるなんてことはまずないと保障しましょう。また、決してそれらも難しくはなく、一度慣れると、その忙しさが快感に変わります。
 そして、これだけありながら、ゲーム時間は1時間少し。半日あれば、いくつものシナリオを連続して解決してもいけます。ボードを並び替えれば毎回新鮮ですし、自分でシナリオを作るのも簡単です。
 パッケージイラストは渋く華麗な田口順子さん、そしてキャラクターデザインの新鋭、永田愁さんにも注目です。
 RPGとボードゲームの楽しさを兼ね備えた『ブラインド・ミトス』をぜひお楽しみください!(安田 均)


2015.12.26 →追加イベントカード vol.1

2015.11.13 →シナリオ『ひとつも冴えない侵略者』掲載
2015.10.21 →シナリオ『遅れてきたヒーロー』掲載

2015.10.20 →SNE最新作ボードゲーム体験会(11/7、大阪)

2015.10.07 →著者インタビュー
2015.09.11 →エラッタ
2015.09.02 →JGC直前情報 先行発売あります!
2015.08.21 →製品情報
ライナー・クニツィーア
イカロス

  作=ライナー・クニツィーア
  訳=安田均/笠井道子
  制作=グループSNE
  販売=cosaic
  予価:1800円(税別)

名匠ライナー・クニツィーアによる最新カードゲームが登場!
テーマはギリシャ神話のイカロス。彼は蝋で固めた翼で空を舞っていました。けれど、高く、もっと高くと舞い上がるうち、太陽に近づきすぎて蝋が溶けてしまいます。哀れ、イカロスは地上に墜落してしまったのでした。
カードは7色あり、それぞれ0から7の数字が書かれています(0〜5は複数枚あります)。プレイヤーは各色1枚ずつ、計7枚の手札をもちます。そのうち全員の手札の、赤なら赤のカードの数字の合計がいくらになるかを推測し、競り上げあうゲーム。
ブラフあり、読み合いありのシンプルながら奥深いゲーム。
1ゲーム15分と短時間で終わりますので、繰り返し遊べます。
爆笑すること間違いなし!です。(笠井道子)

→製品紹介
→著者インタビュー
三宮ワケあり不動産調査簿
賃貸マンション、怪談つき

  著=秋田みやび
  富士見書房 富士見L文庫  予価:670円(税込)

 兄の営む不動産鑑定事務所で、大学進学と共にバイトすることになった茅夏。
 舞い込む依頼は、どれもこれも「ワケあり」ばかり。
 それぞれ個性的なメンバーとチームを組むようにして不動産調査をしていく──という物語。

 はじめての完全オリジナル小説で、少し緊張していますが、楽しく書き上げました。
 色んな好きなもののテイストを詰め込みましたので、お手に取っていただければありがたく存じます。(秋田みやび)

→著者インタビュー
ソード・ワールド2.0リプレイ
ドラゴンスレイヤーズ ‐かくて神への扉はひらかれる‐

  著=北沢慶/グループSNE
  富士見書房 富士見ドラゴンブック  予価:713円(税込)

 2015年夏に登場した、超15レベルキャラクター用データ集、『フォルトナコード』。
 本作は、その『フォルトナコード』のルールやデータを用い、15〜16レベルのキャラクターたちが大暴れするキャンペーンとなっています。
 加えて、今回のキャンペーンは、「ドラゴンレイド・ファイナル」とでも言うべき、恐ろしい敵と戦うことになります。テラスティア大陸の命運をかけて、4人の超英雄が、フォールンたちの野望を打ち砕くべく旅立ちます。
 今回のリプレイに登場するプレイヤーキャラクターには、まさかのザルツ地方を代表する帝国の皇帝や、フェイダン地方最大の国家の第一皇女なども参戦。テラスティア大陸を又にかけ、ド派手な冒険が繰り広げられます。
 超越者たちによる伝説的な物語に、ぜひご期待ください!(北沢慶)

→著者インタビュー
ソード・ワールド2.0リプレイ
Rock’n Role 1 レンドリフト・ミスフィッツ

  著=ベーテ・有理・黒崎/グループSNE
  富士見書房 富士見ドラゴンブック  予価:713円(税込)

 HAHAHA!
 久方ぶりだな、諸君!
 ベーテ・有理・黒崎だ!!

 新たなる舞台での血沸き肉躍る冒険譚を、自信を持ってお届けしよう!
 今回の舞台は新興の大帝国「レンドリフト帝国」! 人と蛮族が共に国民として平等に存在する、唯一の国家である!!
 そこで語られるは、そんな国からでさえはみ出てしまった、五人の人族と蛮族のはみ出し者(ミスフィッツ)の物語である。暴力と陰謀と、そして平和(ピース)が吹き荒れる中、果たして彼らに待ち受ける運命や如何に――
 そして、謎のパンク編集ヘンシャル・エイマンとは――
 括目して待て!!(ベーテ・有理・黒崎)

→著者インタビュー
つれづれ、北野坂探偵舎
トロンプルイユの指先

  著=河野裕
  KADOKAWA 角川文庫  予価:691円(税込)

『つれづれ、北野坂探偵舎』シリーズの5冊目です。
 元編集者の佐々波蓮司と小説家の雨坂続は、この物語の開始時から「紫色の指先」と呼ばれる謎の幽霊を追い続けていましたが、本作ではその幽霊にぐっと近づくことになります。
 また、サブタイトルの『トロンプルイユの指先』は、雨坂のデビュー作のタイトルでもあります。彼は長いあいだこの本の続編を書けないできないでいましたが、ようやくその執筆にとりかかります。
 シリーズの結末にむけて動き出した『つれづれ、北野坂探偵舎』、よろしくお願いいたします。(河野裕)

→著者インタビュー
ドラゴンズ・エッグ
  作=黒井龍/グループSNE
  制作=グループSNE
  販売=cosaic
  予価:1800円(税別)

ドラゴンズエッグは、ドラゴンによるドラゴンのためのドラゴン尽くしのカードゲームです。人間は一切出てきません。
プレイヤーはドラゴンの部族の長として、ドラゴンの卵に財宝を賭けて取り合います。時には能力を駆使して賭けを有利に展開させ、より多くの卵を得ることが目的です。

各プレイヤーは0〜10までの財宝カードを手札として持ち、場に出された卵カード1個〜4個のセットに対して、財宝カードを賭け、もっとも高い財宝カードを出していた人がその卵カードを得ることができます。
ただし、各プレイヤーは能力カードを持っており、特殊な能力を使うことができます。それを用いることで、財宝を破壊したり、入れ替えたり、倍にしたりすることができます。これにより予測できない展開が生まれます。

ルールはシンプルで、短い時間でも遊べるように作りました。
一度プレイしてコツを掴めば二回目以降は戦略を立てて遊びたくなるはずです。ぜひ遊んでみてください。(黒井龍)

→製品紹介
2015.10.20 →SNE最新作ボードゲーム体験会(11/7、大阪)
2015年11月
風穴屋旋次郎
  著=友野詳
  白泉社 招き猫文庫  予価:640円(税別)

 時は天保、老中水野忠邦による改革は、厳しい財政締めつけによって、庶民が息苦しい生活を送っていた時代。
 そこにあらわれた一人の男。人々の行く手をさえぎる壁に、まわりをとりまく暗雲に、一陣の風で穴を開け、楽に息ができるようにするところから、人呼んで風穴屋旋次郎。
 幕府の鉄砲方の家柄に生まれて、鉄砲術のみならずさまざまな武術を身につけて育った旋次郎ですが、その家系にまつわるとある事情で家を飛び出し、いまは姓を捨ててただの旋次郎と名乗って暮らしています。もちろん、腕っぷしも優れていますが、最大の武器は機転とそして仲間たち。
 その仲間のひとり、砂平が持ちこんできたのは、中堅どころの呉服商、高田屋の困りごとを解決してくれ、という頼みでした。
 天に代わって悪人をこらしめるお天道組……を名乗る嫌がらせ集団に、美人の一人娘がつきまとわれている、というのです。
 旋次郎は、奇想天外な手段でこの事件を解決しますが、そこから思いもよらぬ陰謀に巻きこまれてゆくことになります。
 時代小説のニューヒーローたらんと工夫した旋次郎ですが、みなさんにどう迎えていただけるか、ドキドキしております。ご縁がありましたら、手に取ってやってくださいませ。(友野詳)

→著者インタビュー
ロストシティ
  作=ライナー・クニツィーア
  訳=安田均/柘植めぐみ/石野力
  制作=グループSNE
  販売=cosaic
  予価:2800円(税別)

 幻の名作が帰ってきました! 巨匠ライナー・クニツィーアによる「シンプルだけど奥深い2人用カードゲーム」が、SNE/cosaicから登場です。
 プレイヤーは探検家となり、5色の未開の地――赤なら火山地帯、白ならヒマラヤ山脈――に足を踏み入れます。手番にはカードを1枚プレイするだけ。その後、山札か色ごとの捨て山から1枚を引きます。
 探検(数字)カードは自分の前に、色ごとに「昇順に」並べなくてはいけません。山札が尽きてゲームが終わったとき、それぞれの色について出したカードの数字が得点になります。しかしそこから「コスト」を引かれるので、場合によっては得点がマイナスになることも。なので、「探検に出かけるかどうか」は注意深く決める必要があります(そもそも探検に出かけなければ、コストもかからないのです!)。
 どのタイミングでどのカードを並べるかがとっても大事。「7」を出したいけど、そのあと「6」が手札に来るかも……。頭のなかを、いろんな考えがぐるぐる回ります。じつに悩ましく、噛めば噛むほど味の出るゲームと言えるでしょう。
 2008年のドイツゲーム大賞を受賞した『ケルティス(ケルト)』の元となった傑作ゲーム。この機会にぜひ手に入れてください! (柘植めぐみ)

2015.12.25 1/9(土)イエローサブマリンなんば店イベントで『ロストシティ』大会開催予定!

2015.12.21 製品情報
ソード・ワールド2.0リプレイ
新米女神の勇者たちリターンズ 3

  著=秋田みやび/グループSNE
  富士見書房 富士見ドラゴンブック 予価:648円(税込)

 ようやく、お待たせしていたぞんざい勇者団の活躍をお届けすることができます!
2年ぶりでも、相変わらず傍若無人に《疑似妖精郷》を駆けまわっております。
 《紫壁領フォストリス》の生徒行方不明事件からはじまる、様々な事件の真相の一端に、ついに辿り着くか。
相変わらずフリーダムなことを思いつくぞんざい勇者団に、GMも狼狽しきり。
 元気いっぱいな彼らの物語を、見届けていただければ幸いです。(秋田みやび)

→著者インタビュー
脳トレゾンビ
  作:ジェームズ・アーネスト
  訳:安田均/笠井道子
  制作=グループSNE
  販売=cosaic
  予価:1800円(税別)

おれ、ファーストフード店で働く真面目なゾンビ。さっさと仕事を片付けたら家に(つまり墓場に)帰れるんだけど、哀しいことにおれには脳ミソがない。おかげでお店で仲間との激しい脳ミソ争奪戦に明け暮れる毎日。背に腹は代えられず犬やネズミの脳ミソに手を出すことさえある。風呂場に閉じ込められたり金庫に腕をはさまれたり、苦労は絶えないけれど、なんとか仲間を出し抜いて、一刻も早く家に帰ろうと日々頑張ってる。
『ゲット・ラッキー 〜キルDrラッキー・カードゲーム』につづく名匠ジェームズ・アーネストのユーモアカードゲーム第二弾、いよいよ登場です。(笠井道子)

2015.12.14 →Q&A
→製品紹介
ゾンビタワー3D
  作=川上亮(秋口ぎぐる/グループSNE)+宮野華也
  制作・販売=グループSNE/cosaic
  予価:4000円(税別)

 超巨大、超立体的な協力ボードゲームの登場です!
 舞台となるビルは倒壊によって完全に分断されており、各プレイヤーは「他プレイヤーのプレイスペースが見えない状態」でゲームを進めなくてはなりません。「声でお互いの状況を伝えあい」、「壁に開いたスリットを通してアイテムを受け渡しする」という、立体ボードをフル活用した驚愕のシステム。前代未聞のプレイ感覚をお楽しみください。
 生存者を見殺しにしてでも、ゾンビから逃げろ……!(秋口ぎぐる)

2015.12.05 →エラッタ&FAQ
→製品紹介
TATEWARI
  作=川上亮(秋口ぎぐる/グループSNE)+宮野華也
  制作・販売=グループSNE/cosaic
  予価:4000円(税別)

『TATEWARI』は大学研究者らが企画開発、cosaic販売による作品となります。
ゲームの舞台は「制度疲労を起こした縦割り組織」。プレイヤーはその一員となり、「他プレイヤーのプレイスペースが見えない状態」で、次々と発生するハプニングを処理し、新人を鍛え、時には修行に出し、壁にあいたスリットから別部署の人間となんとか情報やリソースを共有し、大事業を成立させなくてはなりません!
青少年向け、企業・役所向けの教材としての採用が決定している本作。子どもだけでなく、社会人&これから社会人になる皆さんにも、おすすめ!(秋口ぎぐる)
ドレッドノート スターターデッキ
 煉獄ノ王

  監修=安田均
  制作=加藤ヒロノリ、杉浦武夫、河端ジュン一/グループSNE
  KADOKAWAメディアファクトリー  価格:各1500円(税抜)
  カード52枚入り(構築済みデッキ)
  プレイマット(裏面デッキ解説書)、ルールブック付

 ドレッドノートの新スターターが2種あわせて登場です!
「煉獄ノ王」は、黒と赤の混色デッキ。
 黒赤の混色専用カード「ベリアル」は、存在感満点の魔王です!
 ユニットを弱体させる衰弱エンチャントを操り、敵の動きを封じていくのが得意な、テクニカルなデッキとなっています。
 ルールブックやプレイマットなど、ドレノを初めて遊ぶ人にも親切な設計。
 同時発売の「雷鳴ノ帝」「ネザーワールド」と併せ、ドレノをはじめてみませんか?(杉浦武夫)

→著者インタビュー
→公式サイト
ドレッドノート スターターデッキ
 雷鳴ノ帝

  監修=安田均
  制作=加藤ヒロノリ、杉浦武夫、河端ジュン一/グループSNE
  KADOKAWAメディアファクトリー  価格:各1500円(税抜)
  カード52枚入り(構築済みデッキ)
  プレイマット(裏面デッキ解説書)、ルールブック付

 ドレッドノートの新スターターが2種あわせて登場です!
「雷鳴ノ帝」は、黄と青の混色デッキ。
 黄青の混色専用カード「インドラ」は、破壊力満点の神格です!
 インドラは、ドレノ界では破格のMサイズでBP140(BP=戦闘力)という数値に簡単に到達! アタックでの突破力は他の追随を許しません。
 ルールブックやプレイマットなど、ドレノを初めて遊ぶ人にも親切な設計。
 同時発売の「煉獄ノ王」「ネザーワールド」と併せ、ドレノをはじめてみませんか?(杉浦武夫)

→著者インタビュー
→公式サイト
ドレッドノート ブースターパック
 Chapter3 ネザーワールド

  監修=安田均
  制作=加藤ヒロノリ、杉浦武夫、河端ジュン一/グループSNE
  KADOKAWAメディアファクトリー  価格:1パック 319円(税抜)
  1パック7枚入り/全104種

 ドレッドノートのブースター第3弾がいよいよ登場!
 看板となっている冥王「ハーデス」は、スターターのベリアルやインドラにも劣らぬ強力なカード。その妻「ペルセポネ」と併せて運用すれば、攻防どもに堅実なデッキのできあがりです!
 さて、このスターター2種とねざーワールドの新弾環境では、新要素も追加されています!
 まずは新要素その1、新カードタイプの「アームズ」追加! アームズはその名のとおり、キャスターに装備させて使うカードで、1ターン限りですが強力な効果を発揮してゲームの動きをコントロールします。
 新要素その2は、新サブエフェクト「奔流」! 基本コスト(3)以上のコードのコストを(1)軽減できるという内容で、ゲームの加速と意外性が増すこと請け合い!
 同時発売のスターター「煉獄ノ王」「雷鳴ノ帝」と併せ、ドレノをはじめてみませんか?(杉浦武夫)

→著者インタビュー
→公式サイト
ソード・ワールド2.0ソーシャルアプリ
サウザンドブレイブ

  シナリオ=グループSNE
  制作=クレイソフト

 お待たせしていました、ソード・ワールド2.0アプリゲーム、『サウザンドブレイブ』がいよいよ登場です!
 突如アレスタ海に現れた謎の島、「グレイシア島」には、不思議な魔剣がいっぱい。
 しかも、魔剣の中には「剣精」と呼ばれる、魔剣の意思が具現化したものも存在し、こうした珍しい財宝を求めて冒険者たちが次々とこの島へと渡っていきました。
 しかし、島の北側にあるレーゼルドーン大陸からは、蛮族も上陸していたのです。
 プレイヤーは、この島にやってきた「冒険者ギルド」の「ギルドマスター」となり、数々の冒険者を集めて、島の謎へと挑むことになります。冒険者を育て、ギルドを大きくし、複数のパーティをどんどん冒険へと送り出しましょう。
 なお、メインシナリオを担当したのは、川人忠明。サブシナリオは藤澤さなえが執筆や取りまとめを行っています。そのシナリオ総数は膨大な量になるので、ぜひたっぷりと堪能してください。
 気になるリリース日は、
アンドロイド版が9月30日iOS版が11月配信予定となっています。
 iOS版でも遊べる日まで、あと少し。
 それまでは、9月20日発売の、藤澤さなえによるリプレイ、『ソード・ワールド2.0リプレイ サウザンドブレイブ ダンジョン探索実況中!』を読みながら、お待ちください。こちらも、アプリゲームと同じ「グレイシア島」を舞台にしていますよ! しかも、通常書籍版にはPCであるミシュリー、レクタリス、ヒューバートがアプリゲームでも使えるようになるシリアルコード付き
 アプリ版『サウザンドブレイブ』がサービスインしたならば、アプリをダウンロードしてコードを入力し、キャラクターをゲットしてくださいね。
 なお、ダウンロード、基本プレイは無料です。
 さあ、未知なる島の冒険へ、旅立ちましょう!(北沢慶)

Android版配信中、iOS版は11月配信予定!
 Android版 / iOS版事前予約

著者インタビュー
 前編 『ダンジョン探索、実況中!』&アプリゲーム インタビュー

 グループSNEチャンネルでニコ生放送ログをご覧いただけます!
2015年12月
※ゲームマーケット2015秋にて先行販売!
学園メテオ
  作=川人忠明/グループSNE
  制作=グループSNE
  販売=cosaic
  予価:3000円(税別)

 次々に降り注ぐ隕石! 壊れゆく現実! …………俺は、ここで死ぬのか?
 そうなったとき、あなたはどうしますか?
 プレイヤーは、学生のひとりとなり、あるいは地球侵略を目論む異星人Xとなって、隕石で破壊されてゆく街を駆け抜けます。胸に抱いた、たったひとつの想いを果たすために!
 それは、絶望に満ちた運命を拒否し、生き延びるため。
 できるだけ多くの友達を助けるため。
 愛する人と最後の瞬間を迎えるため。
 しかし、プレイヤーのだれが、どのキャラクターを担当しているかは秘密です。
 プレイヤーは、自分の手番で好きなキャラクターを動かせますし、その能力を使うことができます。
 隕石は、手番ごとに街のどこかに落下します。隕石が直撃すれば、もちろん一巻の終わり。でも、次に落ちてくる場所は、ボードの座標でだいたい予想が付くのです。
 なのに、あのキャラクターを逃がそうとしてないということは? もしかして、アイツは○○○なのか!?
 だれが、どのキャラクターを担当しているのか? 正体を推理しながら、バレないように、自分のキャラクターの目的を達成させる! そんなハラハラドキドキがとても楽しい!
 初期タイルの配置、めくられる隕石カード、担当するキャラクターなどによって、展開はさまざま。プレイ時間も20分ほどと短く、何度でも遊びたくなる手軽さがあります。
 イラストは、モンコレでもお馴染みの四季童子さん! 生き生きとしたキャラクターにもご注目ください。
 さあ、あなたは未曾有の災厄を生き延び、その想いを果たすことができるでしょうか?(川人忠明)

2015.12.14 →エラッタ
→製品紹介
ブラックストーリーズ4:甘さひかえめ、どこまでも"黒い"50の物語
  作=ホルガー・ベッシュ
  翻訳=グループSNE/安田均、柘植めぐみ、石野力
  制作・販売=グループSNE/cosaic
  予価:1500円(税別)

 ドイツでも大人気、水平思考型謎解きのブラックストーリーズ!
 今回は4作目である『ブラックストーリーズ4』を紹介します。
 サブタイトルは「甘さひかえめ、どこまでも“黒い”50の物語」。これまで以上に、ビターな展開がみなさんを待ち受けています。
 しかし、謎自体はあくまでシンプル。短い問題に短い解答、綺麗にまとまった問題がたっぷり。
 YES/NOで出題者が答えられる質問を繰り返して、じわりじわりと真相に近づきましょう。
 どんどん洗練されていく『ブラックストーリーズ』シリーズ。その奥深さを味わってみてください!(石野力)

→製品情報

→ オリジナル・ブラックストーリーズ お正月編 優秀作発表!

2015.12.03 12/18(金)19:00〜 ニコ生放送やります!
50のおもしろいゲームカード 旅やドライブのおともに
  作=イザベル・グローセ・ホルトフォルス他
  翻訳=グループSNE/安田均、柘植めぐみ、石野力
  制作・販売=グループSNE/cosaic
  予価:1500円(税別)

 moses.社から出ている『50の○○シリーズ』の1作目が登場!
 様々なシチュエーションで楽しめるゲームが1枚のカードごとに書かれています。
「旅やドライブのお供に」とあるように、車や電車、飛行機などでの移動時におすすめのゲームが入っています。
 ゲームのジャンルも推理、アクション、連想、記憶、しりとりなど様々。これまで以上に移動時間をワイワイと楽しむことができるでしょう。
 様々な種類が出ている中でも人気の1作、どうぞお楽しみください。(石野力)

→製品情報

2015.12.03 12/18(金)19:00〜 ニコ生放送やります!
ソード・ワールド2.0 プレイヤーズ・ハンドブック ダグニア博物誌
  著=北沢慶/グループSNE
  富士見書房  予価:3564円(税込)

 地方の歴史や地理を紹介し、流派や特産品、固有種魔物といったゲームデータを提供する、おなじみの博物誌のシリーズです。
 今回取り上げたのはダグニア地方。リプレイ『聖戦士物語』『withBrave』のシリーズの舞台となった地方で、セフィリア神聖王国、ラ・ルメイア王国という二つの強国が並び立ち、これらの国から輩出される聖戦士や不死殺し(エクソシスト)が、蛮族やアンデッドの脅威に対峙する場所です。新興のバルナッド共和国は、魔動機文明時代の同名都市の遺跡の上に再建されたもので、この魔動都市バルナッドが、魔動兵器開発の重要地点であったことが、発掘により明らかになってきています。
 ワールドガイドや追加データに加え、『博物誌』には、それぞれ独自の遊び方ができるゲーム部分を収録することが恒例になっています。今回のそれは、「バルナッドの闘技場」。バルナッド共和国にある闘技場を舞台に、PCたちが剣闘士として試合に挑むことができます。さまざまな魔物が対戦相手として登場するのみならず、水上戦や戦車戦といった特殊なセッティングがゲームを盛り上げるでしょう。流派の中には、この闘技場での戦いに輝くものも存在しています。
 闘技場で戦うことになるものも含め、10の「名前を持つ魔物」もまた、PCたちの挑戦を待ち受けています。
 盛りだくさんでお送りします。冒険の舞台として、ぜひ、ご活用ください。(清松みゆき)

→著者インタビュー
ソード・ワールド2.0リプレイ
レーゼルドーン開拓記 世にも不幸な冒険者たち

  著=大井雄紀/グループSNE
  富士見書房 富士見ドラゴンブック  予価:713円(税込)

 レーゼルドーン大陸。そこはいまだ蛮族たちが支配する、人族にとっての未知の領域。
 そんなレーゼルドーン大陸を舞台にした新たな『SW2.0』のリプレイシリーズが『レーゼルドーン開拓記』です。
 吟遊詩人を夢見て冒険者となったドワーフ少女のエミリー。
 そのエミリーの兄でありサカロスの神官戦士でもあるナイトメアの青年バーリ。
 レーゼルドーン大陸の北にあると言われる、故郷を目指すソレイユ女性のリニ。
 リニを姉御と慕い冒険にくっついてきた人間魔法使いの少年オーリング。
 その駆け出し冒険者の四人が出会った場所は、灼熱の砂漠のオアシスに最近できた開拓村でした。オアシスの中心には巨大な剣が刺さっており、そこから大量のマナが溢れてくる奇妙な村で、エミリーたちは様々な冒険に出かけることになります。果たして彼女たちはレーゼルドーン大陸に新たな地図を描けるのか!?
 巻末にはオリジナル魔物データやアイテムデータを収録。ぜひぜひお楽しみ!(大井雄紀)

→著者インタビュー
ソード・ワールド2.0リプレイ サウザンドブレイブ
トレジャー争奪、実況中!

  著=藤澤さなえ/グループSNE
  富士見書房 富士見ドラゴンブック  予価:799円(税込)

 アプリ連動のニコ生放送セッションのリプレイの2冊目になります!
 魔剣の眠る島グレイシアで、海風の神ヴァ=セアンゆかりのマジックアイテム“船”を求めて数々の迷宮に挑んでいるPCたち。今巻はその完結編で、同じ宝を狙う蛮族との戦いや、あの謎の少女が目覚めて喋りだしたりしています。そして最後はあのキャラクターも加わって……!
 冒険のクライマックスに向かってどんどん強くなる(そして面白くなる)冒険者たちをぜひご覧くださいませ! もちろん前巻に引き続き、視聴者の皆様によるギルドマスターのコメント&アンケート結果も、バッチリ収録しております。
 オマケページもさらに充実していて、プレイヤーによる感想コミックの他、生放送中にアンケートで決めたヴァ=セアン特殊神聖魔法のリストも掲載! ぜひぜひ皆様のセッションで遊んでみてください♪

→著者インタビュー

Android版、iOS版配信中!
 Android版 / iOS版

著者インタビュー
 前編 『ダンジョン探索、実況中!』&アプリゲーム インタビュー

 グループSNEチャンネルでニコ生放送ログをご覧いただけます!


←新刊案内に戻る →2014年の作品

TOP