Group SNE
News
●更新情報
●新刊案内
●イベント情報
●その他
About SNE

Products

User Contents
Link
indexに戻る

 TOP > 最新情報 > 新刊案内 > 既刊案内(2018年刊行作品)

←新刊案内に戻る →2017年の作品


2018年1月
12日 2017.12.26 コミックマーケット93で先行発売!
高慢パティシエ
  作=Cacio
  制作・発売=グループSNE/cosaic
  定価:2,800円(税別)
  JANコード:4571398990779

 ときは中世、花の都パリ。華やかな表舞台の陰では菓子職人たちが、王宮御用達の地位を巡って熾烈な争いをくり広げていました……!
 第2回グループSNE公募ゲームコンテストの選外佳作『アドリア海の女王』が、テーマを一新し、堂々の登場です! デザイナーは、カードゲーム『アニマルマインド』でもおなじみのCacioさん。今作も、考えの読み合いがとても楽しいインタラクティブゲーム(プレイヤー同士のやりとりが多い)に仕上がっています。
 『高慢パティシエ』はカードゲームですが、「お金」が重要。お菓子のレシピを手に入れるには「競り」で勝つ必要があり、お金のやりくりがものを言います。ただ競りと言ってもあっという間に終わるひじょうに簡単なもの。しかも相場が目に見えていて、それ中心とわかるので、競りが苦手という人も心配いりません。
 ときには現金集めに走ったり、裏でお菓子の価値を操作したり。「ちょっとあなた、真面目にお菓子作りなさいよ!」というあきれた声が聞こえてくることも。一時的な共闘も作戦のひとつなので、勝利のためにあの手この手を考えてください。
 各自が山札を持ち、カードを増やしていく「デック構築型」の要素もあって、これまでにない感覚でゲームに夢中になれます。
 グループSNEイチ押しの日本人ゲームデザイナーの妙味をお楽しみください。 (柘植めぐみ)
12日 2017.12.26 コミックマーケット93で先行発売! 基本+拡張同時購入価格5,000円!
タルギ拡張セット完全日本語版
  作=アンドレーアス・シュタイガー
  訳=安田均/柘植めぐみ
  制作・発売=グループSNE/cosaic
  定価:2,800円(税別)
  JANコード:4571398990786

 あの『タルギ』が帰ってきた!
 2013年発売の『タルギ完全日本語版』。2012年ドイツゲーム大賞上級部門にノミネートされただけあって、じっくり遊べる本格派2人用ゲームとして、日本でも多くのファンを獲得しました。
 交互に自分のコマを置いてアクションを行うワーカープレイスメント。面白いのは、カードで形作った「ボード」の周囲にコマを置き、それらの「交点」にあるアクションも実行可能というところ。またゲーム中に獲得したカードを自分の前にパズル風に並べるのにも頭を使いました。
 このたびの拡張版では、新たに「水」「タルギアコマ」「砂漠カード」といったアイディアが追加。前者の2つは、アクションをよりフレキシブルに行えるようにしてくれます。また砂漠カードはひじょうに強力なアクションを提供してくれる一方、自分のコマ1個を犠牲にするため、「交点が1つ少なくなる」という不利な点も。最良の一手を考えるのがより深く、より面白くなっています。
 パッケージのイラストはもちろん、秋津たいらさん! 新要素を織りこみながら、ラクダを魅力的に描いてくださいました。
 この拡張版を遊ぶには、『タルギ』の基本セットが必要です。長らく絶版でしたが、拡張版の発売に合わせて基本セットも増刷しました。お買い逃がしの方も、この機会にぜひお求めください。最高に楽しめます! (柘植めぐみ)

2018.01.29 エラッタ掲載 ※重要なエラッタあり
2017.11.27 お詫び:発売日延期のお知らせ
19日 2017.12.26 コミックマーケット93で先行発売! T&T関連商品1点以上お買い上げで特典プレゼント!
トンネルズ&トロールズ完全版関連商品
T&Tサンプルキャラクター集 カザンの闘士たち
  著=デイヴィッド・A・ウラリーほか
  発行・発売=FT書房/グループSNE
  定価:1,000円(税別)
  ISBN:9784883752966

 自由をつかむため、あるいは栄光のため、死闘をくり返すT&Tアドベンチャー・シリーズ3『カザンの闘技場』。すぐに遊べるキャラクターも付属されているのですが、もっと面白いキャラクターで遊びたい! という人に朗報です。
 本書にはその名のとおり、闘技場で活躍する強者がずらり。人間やエルフなんて「普通の」種族はごく一部、大半は「ええっ、こいつら使っていいの?」と思うような種族ばかり。グレムリン、ジャイアント、バードマン……総勢26名のデータがぎっしり詰まっています。
 興味深いのは彼らの経歴。どうして闘技場に連れてこられたのか、趣味、こだわり……読み物としても抜群に楽します(気の毒な話が多いのはしょうがない?)。ソロ・アドベンチャーのキャラクターとしてだけでなく、シナリオやキャンペーンにもご自由にお使いください。
 おまけとして、「TtTマガジンVol.4」に掲載されたコミック「はじめてのカザンの闘技場」(中山将平)と、「Role&Roll Vol.157」に掲載されたソロ・アドベンチャー「カザンのマンティコア」(柘植めぐみ)も収録。後者はコミックの後日談ですので、合わせてお楽しみいただけます。
 カバーイラストは既刊の「T&Tサンプルキャラクター集」シリーズ(FT書房発行)と同じ栗栖さん。裏表紙のアメリカ版イラストと見比べると味わいが倍増しますよ。 (柘植めぐみ)
20日 ソード・ワールド2.0サプリメント
プレイヤーズ・ハンドブック イスカイア博物誌

  監修=北沢慶
  著=田中公侍/グループSNE
  KADOKAWA
  定価:3,400円(税別)
  ISBN:9784040725956

 魔法のアイテムリストにしばしば登場する名前、〈イスカイア〉。
 神秘のベールに包まれていた、魔法文明時代に巨大な領域を支配していた大帝国イスカイアを解説したのが、本書です。
 神聖大イスカイア帝国の版図は、テラスティア大陸の1/4にも及び、複数の強力な魔導大公によって治められていました。
 本書では、そうした魔導大公たちが治めた大公国を中心に、その周辺の対立している国家を紹介。また、追加データとして魔法文明時代に見られた流派を6種、アイテム数十種類、後の時代には絶滅してしまったとされる魔物を多数、掲載しています。流派は、秘奥魔法が追加される学派や、マナフレアでなくとも人造の三本目の腕を扱えるものなど、個性派揃い。キャラクター表現の幅が広がります。
 また、軍勢を率いて雌雄を決するための、「大規模戦闘ルール」も収められ、よりダイナミックな貴族間の戦いを再現できるようになりました。
 加えて、『エイジ・オブ・グリモワール』で追加された3種の新技能の、超越者用ルールも登場。世界の広がりと、キャラクターの深化が、ぎっしりと詰まっています。
 もちろん、魔物やアイテム、流派などは、後の時代にも何らかの理由で生き残っていたり、継承されていたりするかもしれません。それは、GMやプレイグループの裁量で、自由にキャンペーンへ組み込むことができます。
 まさに、魔法文明時代を遊び尽くすための一冊。
 思う存分、この神秘と魔法の時代を、楽しんでください。(北沢慶)

2018.01.22 エラッタ掲載(※重要なエラッタあり)
2018年2月
10日 モンコレデックビルディング:エレメンタル・ストーム
  監修=安田均/加藤ヒロノリ
  ゲームデザイン=河端ジュン一/杉浦武夫
  制作・発売=グループSNE/cosaic
  定価:4,500円(税別)
  JANコード:4571398990762

 モンコレはTCGでおなじみだが、最初はRPGのモンスターガイドブックから登場し、小説、コンピュータゲームなども先にいろいろ出されている。TCGの時期にも、RPGやボドゲになっている。この多様性もモンコレの一つの魅力なのだ。
 そして今回、ボードゲームでも再び盛んになってきた「デック構築」型として登場した。それが「モンコレデックビルディング」なのだ。カードはすべて、TCGの懐かしいカードから収録。背景設定やキャラクターもモンコレTCGや小説からそのまま取ってある。
 ゲームシステムはエキサイト必至の本格的なデックビルド。プレイヤーは個々の勝利を目指しつつも、大難のエレメンタル・ストーム襲来を一部協力しながら(あるいは裏切りか?!)乗り切らなくてはならない。
自分独自のモンスターたちを召喚し、クエストを果たすため、個人のデックビルドに勤しみつつ、ボス戦の(文字通り)手に汗握る協力度合いの結果、果たして如何に?
 ストーリー性、プレイヤー・インタラクティブ性を存分に加味した、洗練のデック構築モンコレを、ぜひお楽しみください! (安田均)

2018.02.15 よくある質問カードリスト よくある質問は随時更新中!
2018.01.31 著者インタビュー
2018.01.29 【続報】 お詫び:発売日変更のお知らせ
2018.01.23 遊び方紹介「サクッとわかる! モンデビES」
2018.01.22 お詫び:発売日変更のお知らせ
20日 ソード・ワールド2.0 魔法文明リプレイ
黄昏の国の魔法王

  著=北沢慶/グループSNE
  KADOKAWA  ドラゴンブック
  予価:700円(税別)
  ISBN:9784040726250

 偉大なる魔法理論の確立により、大いなる発展を遂げた、古代魔法文明デュランディル。
 そしてこの時代は、貴族(ブルーブラッド)と呼ばれる異能者たちが、その貴族の支配力(ドミニオン)によって、平民(コモン)を支配し隷属させる、恐るべき世界でもあった!

 2017年9月に発売され、好評を博したサプリメント、『エイジ・オブ・グリモワール』を用いたリプレイが、ついにドラゴンブックで登場!
 冒険の舞台は、フェンディル王国魔法連邦の辺境、オルレーン王国。
 侵略国家、神聖大イスカイア帝国と山脈を隔てて隣接するこの国家を起点に、危険な陰謀が巻き起こる。
 この事件に立ち向かうのは、三人の貴族とひとりの士族。
 格闘の達人にして、二頭の山猫を軍団(レギオン)として操るドワーフの女貴族イザベル。
 齢1000歳を超える神秘のノーブルエルフ貴族、ギデオン。
 魔神の研究に燃える狂気と情熱のタビット女男爵、ドーン。
 そしてイザベルに仕える士族、マナフレアの騎士にして魔器使い、カミュ。
 栄光と栄華、退廃と狂気渦巻く魔法文明時代に、数奇な冒険が開幕する。
 プレイヤーキャラクターたちのレベルは、平均7レベルからスタート。
 貴族たちの絢爛な日常と冒険の日々を、ぜひお楽しみください!(北沢慶)
24日 八十八を三に割る 妹達のためならば天下も獲れる、かもしれない。
  著=友野詳
  KADOKAWA  MF文庫
  予価:580円(税別)
  ISBN:9784040697413

 変なタイトルだなと自分でも思いますが、看板に嘘偽りはございません。
 八十八の異種族が共存する世界、星球儀(と書いてステラグラム)。天地創造の後、宇宙の彼方からこの地にやってきた正体不明の〈暗雲〉という謎の存在にずっと付け狙われている世界です。この〈暗雲〉は、狙いをつけた種族を堕落させて、世界に敵対させる、という方法で、何度も騒乱を起こしてきました。
 そして迎えたこの物語の時代。これまでは、一度にひとつかふたつの種族しか邪悪化しなかったんですが、今回に限って三十近い種族が一斉に「闇堕ち」してしまいます。
 それに対抗するため有力種族が同盟を組んだんですが、善なる勢力というより、戦いを利用して覇権を握ろう、という二番手の悪党になってしまいまして。
 弱小な少数種族が、あわててるところに、さっそう現れるのが、大平原でライオンの群れに育てられた主人公。野生児フェリクスが、知性ある魔法の杖を(文字通りの)相棒に、平和を求める第三の勢力をまとめてゆく、というお話です。
 で、この八十八種族ごとにひとり「姫巫女」なる象徴が存在しておりまして、これは不老長寿の美少女たちなんですがこれを称して「妹」ということになっております(本当に全員妹なんですよ)。
 なかなかに設定はくどいですが、まずは激強主人公の冒険譚として幕を開けますので、八十八種族の美少女が勢ぞろいできるよう、応援いただければ幸いです。(友野詳)
25日 日本現代卓上遊戯史紀聞 1 安田均
  安田均
  聞き手=岡和田晃ほか
  ニューゲームズオーダー
  Amazon Kindle →注文ページ
  定価:250円

1970年代末。既にSF翻訳家として名を成していた著者は、ロールプレイングゲームとの決定的な出会いを果たした後、あらゆるゲームジャンルの【カンブリア爆発】に遭遇し、猛然とその様相を書き記し始める。
現代日本における商業ホビーゲームと遊戯研究の受容過程を、インタビューを通じて記録する、「日本現代卓上遊戯史紀聞」第一巻。
(聞き手:岡和田晃ほか)
(安田均)
28日 夜空の呪いに色はない
  著=河野裕
  新潮社 新潮nex文庫
  予価:670円(税別)
  ISBN:9784101801032

 先週、真辺由宇は魔女になることを決めた。
 安達が誘って、彼女が受け入れた。
 七草は安達の真意を理解するため、「魔女の世界」の過去を知ろうと考える。階段島が生まれるよりも前、まだ堀と安達が、魔女の座を巡って時任の試験を受けていた頃のことを。
 だが時任は、七草の質問には答えなかった。彼女は代わりに、七草にひとつの試験を出す。
 ――君はもう、なにも捨ててはいけない。
 その試験は、時任の過去と、彼女の苦悩に深く結びつくものだった。

       ※

 本書は『階段島シリーズ』の5冊目です。
 シリーズもずいぶん進み、いろんな状況がずいぶん難しくなってきました。その中でようやく、このシリーズの根っこの部分がみえてきたかな、という気がします。
 成長するってどういうことだろう? ということを考え続けて書きました。お読みいただけましたら幸いです。(河野裕)
2018年3月
01日 『T&T Adventures Japan』(トンネルズ&トロールズ ジャパン)
  著=ケン・セント・アンドレ/スティーブ・クロンプトン/Group SNE(北沢慶/川人忠明)、FT書房(杉本=ヨハネ)
  翻訳=笠井道子
  出版社:Flying Buffalo
  価格:$14.95
  ISBN:978-0940244924
  注文→Amazon.com

「トンネルズ&トロールズ」のサポート誌としてしてご好評をいただいている『TtTマガジン』が本国アメリカに上陸!
フライング・バッファロー社から、ぜひアメリカでも紹介したいとのオファーが届き、2018年3月、ついに発売されました。

『TtTマガジン Vol.2』からミニシナリオ2点『魔術師の引っ越しは、迅速に』(北沢慶)、『子猫エマリーの救出作戦!』(川人忠明)、ソロアドベンチャー『ホワイトアイズ』(杉本=ヨハネ/FT書房)が掲載されています。
もちろん表紙は米田仁士さん!

さらに、中山将平氏によるコミック『無敵の進化!』にケン・セント・アンドレ氏自らが加筆・修正し、『T&T完全版』入門マンガとして生まれ変わりました。日本語訳付きペーパー(重々訳とでも言いましょうか)を直近のイベントで配布予定。
他にも簡易ルールやサンプルキャラクターなど充実の内容。
じつはコミックだけでなく、ミニシナリオやソロアドベンチャーにも大幅な変更が加えられています。一言でいうと、とってもアメリカナイズされています。日本語版と見比べて、その違いを楽しむのも一興。

上記、Amazonサイトで購入できます (笠井道子)
02日 トンネルズ&トロールズ完全版 アドベンチャー・シリーズ4
ベア・ダンジョン+ベア・カルトの地下墓地+運命の審判

  著=“熊の”ピーターズ&ケン・St・アンドレ
  訳・著=安田均・清松みゆき・岡和田晃・杉本=ヨハネ・高山浩・笠井道子
  発行=グループSNE
  発売=書苑新社
  定価:1,800円(税別)
  ISBN:9784883753017

 大好評「T&Tアドベンチャー・シリーズ」第四弾は待望のシナリオ集2本にソロアドベンチャー1本を同梱。今回も充実の内容でお届けいたします。
『ベア・ダンジョン』 冒険者たちは監視の城から地下3階まで、モンスターの跋扈するダンジョンをめぐります。名作シナリオここに復活!
『ベア・カルトの地下墓地』 冒険者たちは悪名高い〈熊神の教団(ベア・カルト)〉の本拠地に潜入します。なんと、レベル2は日本語版書き下ろし! 読者のT&T魂を震わせること間違いなし。渾身のダンジョンをぜひご堪能ください。
『運命の審判』 1人で遊べるソロアドベンチャー。「きみ」が放りこまれたのは、生きて出てきたものがほとんどいないと言われるダンジョン"運命の審判"。果たしてきみは無事に生還できるでしょうか?
 ルールサマリー付き。さらに、付録として大判マップ2枚をご用意しました!
 三者三様のテイストに彩られて炸裂するT&Tワールドをご堪能ください。(笠井道子)
20日 ソード・ワールド2.0アニバーサリーブック
テラスティア冒険録

  監修=北沢慶
  著=田中公侍/グループSNE
  KADOKAWA
  定価:3,400円(税別)
  ISBN:9784040726632

 2008年から10年の月日が流れ、『SW2.0』はみんなと一緒に、たくさんの冒険の物語を紡いできた。また、多数の関連書籍と共に「テラスティア大陸」の世界を広げ、リプレイでは多くのキャラクターが、物語の主役として、所狭しと駆け回ってきた。
 そんな年月を振り返る1冊が、この『アニバーサリーブック テラスティア冒険録』だ。これまでにイベントやコンベンションなどで使われた秘蔵シナリオを、ほぼ使用された順に10本(!)掲載している。そのまま使って遊ぶことはもちろん、7名のシナリオ作成者の当時を振り返るコメントで、『SW2.0』10年の足跡を辿ることもできるぞ。
 また、カラー口絵には各ルールブックの表紙の美麗イラストや、各種族のキャラクターが、巨大なカラー口絵で堪能できる。
「まだまだ『SW2.0』を楽しみたい」「これから始めたいけどシナリオが……」などという方にもオススメの1冊。これらのシナリオは、もちろん夏から新展開となる『SW2.5』でも使用できる。記念本としても、実用品としても、ぜひ楽しんでくれ。(田中公侍)
30日 ゲームマスタリーマガジン VOL.3
  著=安田均/グループSNE
  制作・発売=グループSNE
  定価:1,800円(税別)
  ISBN:9784883753031

 グループSNEのアナログゲーム専門雑誌『ゲームマスタリーマガジン(GAME MASTERY MAGAZINE)』(通称、GMマガジン)その第3号が発売されます。

 VOL.3では「『ソード・ワールド2.0』から『ソード・ワールド2.5』へ」をテーマに大特集!
・安田均、清松みゆき、北沢慶がソード・ワールドRPGからSW2.0そして2.5に至る30年を振り返る鼎談。SW2.0がこれまで刊行してきた書籍を振り返る10年史も。
・『イスカイア博物誌』(魔法文明時代)対応シナリオ。
・世界観にスポットをあてたコラム第3回のテーマは「繋ぐ人」
・杉本=ヨハネさんによるソロ・アドベンチャー。今回は新米フェアリーテイマーのサポート役として冒険に挑みます。
・オンラインリプレイにはイラストレーターの四季童子先生がゲスト参加!
・シナリオコンテスト入選作「芳醇なる香り漂う迷宮探索」を掲載。
 ほかにも、こあらだまりによる『禁書封印譚 ブラインド・ミトスRPG』のリプレイ(イラスト:みかきみかこ先生)。さらにブラインド・ミトスRPGシナリオ作成サポート記事、『DARK SOULS TRPG』『ゴーストハンター03』のサポート記事と盛りだくさんです。

 ボード/カードゲーム記事では、『ヘルヴィレッジ』『CVポケット』『シャドウレイダーズ』などなどSNE新作ボード/カードゲームを紹介。第3回公募ゲームコンテストの選評も発表!
 磨伸映一郎先生『アナゲ超特急』、冬城あおい先生『めいことボドゲ』の連載ボードゲームコミックだけでなく、海外のゲームデザイナーによるアナログゲームデザインエッセイ『コボルドのゲームガイド』の翻訳第2回。今回は『パンデミック:レガシー』『恐怖山脈』のロブ・ダヴィオー(訳:安田均/笠井道子)

 河野裕、河端ジュン一のタッグによる話題作『ウォーター&ビスケットのテーマ』の外伝小説も掲載。

 今号の付録にはSNEボード/カードゲーム4タイトル、『ブラックストーリーズ』『テストプレイなんてしてないよ』(どちらも公募入賞作)に加え『モンコレデックビルディング:エレメンタル・ストーム』『デモンワーカー』の追加カードが計7種8枚もついています!

 GMマガジンVOL.3は3月30日(金)から順次店舗、ネットショップで取り扱います。書店でのお取り寄せも可能です。(西岡拓哉)

2018.03.09 お詫び:発売日変更のお知らせ
30日 ソード・ワールド2.0 LARP
  監修=安田均
  著=ベーテ・有理・黒崎/グループSNE
  制作・発売=グループSNE
  定価:4,500円(税別)
  JANコード:4571398990816

 グループSNEより日本初の企業によるオリジナルLARPシステムが遂に発売!
 え? LARPってなんだって?
 説明しよう!
 LARPとは、Live Action Role Playing-gameの略であり、その名の通り実際に身体を動かしてキャラクターをロールプレイするRPGのことだ。キャラクターの扮装をし、武器なども(安全な偽物を)準備することができればなおよし! 再現しきれないところは想像力でカバーせよ!
 本ルールは、お馴染みの『ソード・ワールド2.0』の世界観を、LARPで遊べるようにしたもの。初心者や、チャンバラが苦手な人用に非接触型戦闘ルール「ノンコンタクトバトル」、それでもやっぱりチャンバラはLARPの華だよねという人用のチャンバラ戦闘ルール「フルコンタクトバトル」の二つの戦闘ルールを搭載。世界観の解説、今すぐ始められる三本のシナリオ、他神官用の聖印や魔晶石などもコンポーネントとして含まれたボックスセットだ!
 さあ、卓上を飛び出してファンタジーの世界にどっぷりと浸かろう!
 ラクシアが、君を待っている! (ベーテ・有理・黒崎)

 わんぱくゲームラボで紹介

2018.03.09 お詫び:発売日変更のお知らせ
2018.02.20 「グループSNE AFF発売直前記念コンベンション」最新情報
31日 東大・角川レクチャーシリーズ 00 『ロードス島戦記』とその時代 黎明期角川メディアミックス証言集
  監修=マーク・スタインバーグ
  編者=大塚英志、谷島貫太、滝浪佑紀
  語り=安田均、水野良
  KADOKAWA  四六版  定価:2,000円(税別)
  ISBN:9784048764971

(本書帯から引用)
 ライトノベル史上燦然と輝く『ロードス島戦記』はどのように生まれたのか。あの時のひとりひとりはTRPGに於けるプレイヤーであり、本書はその「リプレイ集」とも言うべきものだ。



…… 既刊作品(発行月別) ……
→ 2017年
→ 2016年
→ 2015年
→ 2014年
→ 2013年
→ 2012年
→ 2011年
→ 2010年
→ 2009年
→ 2008年
→ 2007年
→ 2006年
→ 2005年


TOP