Group SNE
News
●更新情報
●新刊案内
●イベント情報
●その他
About SNE

Products

User Contents
Link
indexに戻る

 TOP > 最新情報 > 新刊案内 > 既刊案内(2017年刊行作品)

←新刊案内に戻る →2016年の作品


2017年1月
ゴーストハンター03
  監修=安田均
  作=石野力/グループSNE
  制作=グループSNE
  販売=cosaic
  定価:4500円(税別)

 グループSNEがおくる、2017年最初のアナログゲーム『ゴーストハンター03』を紹介します!
 『ゴーストハンターRPG02』のRPGの流れと『ゴーストハンター13タイルゲーム』のボードゲームの流れを汲んだ、最新のストーリー型ゲームです。
 RPGからは、ロールプレイングはもちろん、キャラクター自作ルール、狂気、後遺症、マルチクラス、経験点による様々な成長要素を。ボードゲームからは、視覚的に分かりやすく、探索をサポートする様々なコンポーネントに、ダイスではなく10枚のカードを使う新たな判定方式を取り込んでいます。
 上位世界に位置する、善なる龍ナーガと邪悪な蛇龍ラハブによる「ウロボロスシステム」も本作の魅力! ウロボロスボードには手がかりと大罪が入り混じって配置され、プレイヤーとゲームマスター間のやりとりをさらに面白く、奥深いものにしています。プレイヤーたちは手がかりポイント使って事件の真相に迫り、ゲームマスターは大罪ポイントを利用して大罪カードで探索の邪魔をしましょう。善(手がかり)と悪(大罪)は表裏一体、使用された手がかりポイントは大罪ポイントに変換されてしまいます。どのタイミングでどう使うか、直接的なインタラクションにも注目です!
ルールブック・シナリオブックには『02』や『13』のシナリオを03用に変換する指針のほか、手がかりカードを使用したシナリオ作成チャートや、特殊能力カードや後遺症一覧も付属。
 すでに発売されている、ボードゲーム『ゴーストハンター13タイルゲーム』のエキスパンション1『7つの大罪』、同エキスパンション2『ラプラスの魔』と組み合わせて、さらに重厚な冒険譚を編むこともできます。発売済みのセットに含まれるイベントカードの読み替え一覧表および、キャラクターシートも発売に合わせオンライン上で公開予定です。
 『02』の「0」、『13』の「3」を受け継ぎ、さらに進化を遂げたボックス型RPGです。
 新年の初プレイはこれで決まり!(石野力)

2017.02.08 「たっぷりTRPG会 in トリックプレイ」レポート

2017.02.01 タイルゲームのカード読み替え表を掲載

2017.01.27 イベント情報
 ゴーストハンター03 ソード・ワールド2.0RPGスタートセット 体験会
 2/26(日)イエローサブマリンなんば店

2017.02.25 製品紹介

2017.01.23 発売記念ニコ生セッション 第2回 2/6(月)19:00~
2017.01.23 白紙キャラクターシートを掲載

2016.12.28 著者インタビュー


発売記念ニコ生セッション
 第一回ログ 
 第二回ログ 
ソード・ワールド2.0リプレイ
竜伯爵は没落しました!

  著=秋田みやび/グループSNE
  KADOKAWA ドラゴンブック
  定価:620円(税別)

《紫闇の国》ディルフラムでの冒険がリプレイになりました! 
 フォルモサナ公領と呼ばれる国で、一領を治める領主の息子ドレイク・ロランと彼に仕える奴隷たちが、平和な暮らしを守るために立ち上がる。
 彼らは無事に領地を守り、襲い掛かる未曾有の危機を潜り抜けることができるのか。

 人族にとっては非常な世界である蛮族領でも、こんな冒険ができるのだという蛮族領での冒険の指針のひとつになれば嬉しいです。よろしくお願いいたします。(秋田みやび)

→著者インタビュー
片手の楽園 サクラダリセット5
  著=河野裕
  KADOKAWA 角川文庫
  定価:691円(税込)

 九月。浅井ケイは管理局と交渉し、病院で9年間眠り続ける女性が能力で創った「夢の世界」へと入る。現実が詳細に再現されているその夢の世界で、ある実験を行うためだ。春埼美空はケイに従って、野ノ尾盛夏はかつて仲の良かった老人と再会するために、それに同行した。
 ケイたちは夢の世界で、青い鳥を連れた「ミチル」と名乗る少女に出会い――

 本書は『サクラダリセット』シリーズの、角川文庫版5冊目です。この巻で登場人物が出そろい、物語は少しずつ核心へと迫っていきます。よろしくお願いいたします。(河野裕)

2017.02.02 カードゲーム制作進行中!

■ 特設サイト
 原作 / 映画
魔術師の帝国《1 ゾシーク篇》
  著=クラーク・アシュトン・スミス
  編=安田均
  訳=安田均・荒俣宏・鏡明
  発行=アトリエサード
  発売=書苑新社
  定価:2200円(税別)

 ようやく43年ぶりに、クラーク・アシュトン・スミス「魔術師の帝国」が帰還します。ぼくの最初の翻訳集であり、アンソロジーであり、紹介書でもあります。かなり手を入れましたが、初期の熱気、意気込みはそのまま残したつもりです。
 暮れゆく地球最後の大陸ゾシークを舞台に、絢爛たるネクロマンサーたちの帝国を描き、時に壮大なタイムスパンで暗黒神や、広大な天空十二宮に運命神を語るかと思えば、翻って昏い恋人たちの悲哀や艶やかなコミカルストーリーを描く。片や不気味なクトゥルフ的怪物が跳梁する一方、官能的な植物モンスターが極彩色で庭園を彩る。これぞ、ラブクラフトと並ぶホラーファンタジーの鬼才C.A.スミスの真骨頂、昏きアラベスク(千夜一夜風)の詩的物語世界でしょう。下巻は翌月、ハイパーボリアやポセイドニス、星々の物語が待ち受けますが、まずはこの上巻ゾシーク篇をお楽しみください。
 幻想ホラーファンにはもちろん、RPGファンにも多分おもしろいはず。「ファンタジーやRPGは地図だ!」(自分で作ったら、向こうの研究者のとほとんど違ってなかった) (安田均)

2017.01.26 著者インタビュー
2017年2月
推理アドベンチャー "ウロボロスの呪い"後編
  シナリオ翻訳=笠井道子/グループSNE
  (c)2015 Revolution Software
  (c)UNBALANCE Corporation

話題の本格アドベンチャー「ウロボロスの呪い」後編が2017年2月1日(水)、ついに公開されます(AppStore/Google Play)!
前編では、保険会社に勤めるアメリカ人ジョージとフォトジャーナリストのフランス人ニコが、盗まれた絵画をめぐる殺人事件に巻き込まれました。
絵画の謎を解くべく、ジョージとニコはスペイン/カタロニア地方へと飛びます。
そこで2人を待ち受けている苦難とは……?

舞台を大都会パリからカタロニア地方へと移し、映画そのもののような広大な風景のなかで次々と明らかになる謎。その謎を解くのはあなたです。
後編では新たに個性豊かなキャラクターが登場します。黒いマリア像で有名なモンセラットの修道院はまさに見ものです。ぜひお楽しみください。(笠井道子)

前編 2016年2月~配信
トンネルズ&トロールズ完全版関連商品
T&Tサンプルキャラクター集
  著:杉本=ヨハネ
  発行・発売:FT書房
  価格:600円(税別)

 『トンネルズ&トロールズ』は、キャラクター作成がとても簡単なテーブルトークRPG。それでも、手軽にソロ・アドベンチャーを楽しみたいとき、キャラクターが冒険途中で死んでしまったとき(よくあることですね)、ゲームマスターが急にNPCを登場させなくてはならなくなったときなど、すぐに使えるキャラクターがあると便利です。
 この『T&Tサンプルキャラクター集』は、そうしたニーズに応えてくれます。しかも登場するのはなんと23種族! エルフやドワーフといった、いわゆる「善の」種族だけでなく、ゴブリンやピクシーといった「悪の」種族にもなれるんです。データだけでなくプレイの指針も書かれているので、初めてでも安心してプレイできますよ。
 執筆は『T&T』のソロ・アドベンチャーでもおなじみの杉本=ヨハネさん。イラスト満載、眺めているだけでも楽しい本です。(柘植めぐみ)

2017.02.08 「たっぷりTRPG会 in トリックプレイ」レポート
ドレッドノート ブースターパック
Chapter8 ジャッジメント・デイ

  監修=安田均
  制作=加藤ヒロノリ、杉浦武夫、河端ジュン一/グループSNE
  KADOKAWAメディアファクトリー
  価格:1パック 319円(税別) 1パック7枚入り/全120種

 ドレッドノート『Chapter8 ジャッジメント・デイ』では、《アマテラス》や《ヴィシュヌ》はじめ主神級の神格が、アイドルとして続々登場!
 キャストコストも維持コストも(2)という重量級のアイドルたちは、そのコストに見合うユニークかつ強力な能力を持っています。アイドルを主力としたデッキも組めるかも?
 さらにはドレノ初の再録カードもあるセット。再録カードは、実績のあるカードや、今セットの新規カードと相性の良いものばかり。ユニットだけではなく使い勝手の良いコードも再録されているので、やろうと思えばこのセットだけでもデッキを組めてしまう内容となっています。
 新旧の強力なカードが揃ったこのセット、ぜひご堪能ください!(杉浦武夫)

→公式サイト
ソード・ワールド2.0 RPGスタートセット拡張パック2
魔動機師&軽戦士
  監修=安田均
  作=北沢慶/藤澤さなえ/グループSNE
  制作=グループSNE/cosaic
  定価:2,800円(税別)

 ソード・ワールド2.0入門セットの続編第2弾の登場です! 前作同様、新キャラクターカードや、新魔物カード、新ダンジョンタイルなどが入った拡張パックになっています。
 今回は新要素として、ルーンフォーク種族、そしてマギテック技能とフェンサー技能が追加されています。
 新キャラクター「スリー」は銃使いのルーンフォークで、彼が主役のソロシナリオを遊べば銃使いの遊び方がわかるようになっています。また、カテゴリ〈ガン〉の装備品カードには、弾丸の装填数が数えられるカウンター付き。コンポーネントが豪華なスタートセットならではです!
 もうひとりのキャラクターは、人間のフェンサー「メロ」で、こちらは戦闘特技《防具習熟》持ち。彼女に合わせて、ランクAの防具や、必要筋力が低い武器が追加されています。
 ダンジョンタイルは、野外遺跡を表すタイルを多く収録しています。またタイルの上に配置して使う屋敷や塔のチット、壁やアーチのチットも同梱されていて、タイルの内容をカスタマイズできるつくりになっています。
 他にも汎用トークンやNPC駒などの新コンポーネントも入っています。もちろん、ソロシナリオだけでなく、3本からなるキャンペーンシナリオも収録! 前回同様、箱のサイズは小さくてもボリュームたっぷりな拡張パックになっております! よろしくお願いいたします!(藤澤さなえ)

※本作は、基本となる『ソード・ワールド2.0 RPGスタートセット』がなければ遊べません。
※『同 拡張パック 妖精使い&拳闘士』はなくても遊べますが、あわせてお使いいただくとより楽しめます。

2017.03.17 →著者インタビュー

2017.02.08 「たっぷりTRPG会 in トリックプレイ」レポート

2017.02.06 製品情報

2017.02.03 ニュース

【グループSNEチャンネル】
 発売記念セッション第1話 part1 / part2
 発売記念セッション第2話 part1 / part2
ソード・ワールド2.0リプレイ ウィアードテイルズ
消えゆく街の異界譚

  監修=北沢慶
  著=こあらだまり/グループSNE
  KADOKAWA ドラゴンブック
  定価:720円(税別)

「一人で死にたくない」
 墓守の少女レインが願ってしまった願い。それを魔神は拾い上げ、策謀を巡らせる。
 魔神の仕掛けた罠にレインとともに立ち向かうのは、フィットネス神官カトランズ、メイドのセラ、ゴーレム職人のフリーゼ。
 その一方、300年祭に向けて華やぐネスカザラでは、領主ラナウェイが不穏な動きを見せて……。

 増殖都市を舞台とした、“ちょっと変わった普通の人たち”の物語もいよいよクライマックス。
 果たして、願いの結末は……?(こあらだまり)

2017.03.17 →著者インタビュー
少年と少女と、 サクラダリセット6
  著=河野裕
  KADOKAWA 角川文庫
  定価:600円(税別)

 10月、芦原橋高校学園祭当日。浅井ケイは南校舎の屋上に春埼美空を呼び出し、思いを告げる。だがその裏側で、再生した少女・相麻菫と管理局対策室室長・浦地正宗それぞれが用意した計画が進行していた。ふたつの計画は複雑に絡み合いながら、咲良田が能力者の街になった40年前から抱える大きな問題と、そして目の前に迫った「咲良田の再構築」を繋いでいた。そしてケイはついに、相麻菫の真意を理解する――

 本書は角川文庫版『サクラダリセット』の6冊目です。
 このシリーズは全7巻ですので、最終巻の一歩手前、ということになります。
 これまで作中で疑問だったことの多くに答えが出る巻になっております。よろしくお願いいたします。(河野裕)

2017.02.02 カードゲーム制作進行中!

■ 特設サイト
 原作 / 映画
ロイヤルターフ
  作=ライナー・クニツィア
  翻訳=安田均/柘植めぐみ
  制作=グループSNE/cosaic
  定価:3,000円(税別)

 とても不思議な競馬レースゲーム。プレイヤーは馬1頭を担当するわけではなく、あくまで一競馬ファンとして、一獲千金をもくろみます。
 出走馬のデータを確認したら、上位3頭になりそうな馬に賭けを行います。馬には堅実タイプや一発逆転タイプがいるので、他プレイヤーの動向を見つつ狙いを定めましょう。
 そしてレーススタート! プレイヤーは馬の横顔やニンジンといったシンボルの描かれた特製ダイスを振り、好きな馬を走らせます。応援している馬をスパートさせるもよし、ライバル馬を足踏みさせるもよし。プレイヤーの思惑が錯綜します。
 巨匠ライナー・クニツィアの傑作として名高いゲームですが、本作では、実在した名馬を走らせる「ウィナーズサークル版」を同梱。遊びごたえもたっぷりです。
 芝生の緑色を基調としたポップなパッケージにも注目。数々の人気ゲームを手がけるTANSANさんがイラストとデザインを手がけてくださいました。
 新しいテイストの『ロイヤルターフ』をぜひお楽しみください。(柘植めぐみ)

2017.02.14 【ニコニコ動画】わんぱくゲームラボで紹介!

2017.02.03
 ニュース
最良の嘘の最後のひと言
  著=河野裕
  東京創元社
  定価:680円(税別)

 検索エンジンとSNSで世界的な成功を収めた企業・ハルウィンには、「超能力者の研究をしている」という噂があった。それを受けてハルウィンは、ジョーク企画として「4月1日に年収8000万で超能力者をひとり雇う」という告知を出す。書類審査と面接を経て、自称・超能力者7名が、3月31日の夜に行われる最終試験に挑むことに。その内容とは、「1枚の採用通知を奪い合う」というものだった。――いちばんの嘘つきは、誰だ?

 本作は「私にとってのエンターテインメントを全力でやってみよう」「ミステリとして面白いものを書こう」という目的で執筆いたしました。超能力者が出てくる話ですので推理ものとはまた少し違いますが、嘘つきたちが騙し合いを繰り広げる、賑やかな話になったかな、と思っております。よろしくお願いいたします。(河野裕)

2017.05.10 著者インタビュー
2017年3月
サクラダリセット 上
  原作=河野裕
  著=川人忠明
  KADOKAWA 角川つばさ文庫
  定価:700円(税別)

 絶対に記憶をなくさない少年、浅井ケイと、時間を巻き戻す能力を持つ少女、春埼美空。特殊な能力を持つ人々が集まる街、咲良田市に暮らす高校生であるふたりは、能力を使って街で起こるさまざまな事件を解決していた。
 目の前で流された涙を、その悲しみを消し去るために――
 そして、高校2年の夏の終わり。
 能力を奪われたという老人、佐々野の依頼を受けたことをきっかけに、ふたりは咲良田市を揺るがす事件に巻き込まれていく。
 管理局、赤い目の女の子、魔女と呼ばれる女性……
 絡み合う糸をたぐり寄せた先で、ふたりは2年前に死んでしまった友達、相麻菫を生き返らせることになり……?
 映画『サクラダリセット 前編』のノベライズが、原作絵師の椎名優さん書き下ろしの新作イラストで、ローティーンでもわかりやすく、読みやすい角川つばさ文庫から登場!!
 不思議で、切ない、サクラダリセットの世界をお楽しみください!(川人忠明)

2017.05.10 著者インタビュー

2017.02.02 カードゲーム制作進行中!

■ 特設サイト
 原作 / 映画
ゲームマーケット2017神戸で先行販売!
ガリンペイロ
  作=増川和人
  ディべロップ=安田均/グループSNE
  制作・発売=グループSNE/cosaic
  定価:4,500円(税別)

 グループSNEゲームコンテスト2016の優秀作、最後のとっておきがいよいよ登場です!
 ガリンペイロとは南米の金鉱で働く人たちのこと。プレイヤーは彼らの親分となり、いろいろな場所に送りこんでアクションを行わせ、勝利点の獲得を目指します。
 応募時には3人向けだったものを、このたびデザイナーの増川和人さんと相談し、4人でも遊べるように改良しました。コンポーネントにも凝り、本場ドイツの作品に負けない味のあるワーカープレイスメントゲームに仕上がっています。
 なかでも楽しいのが採掘のアクション! 袋に手を突っ込み、砂金コマと呼ばれるキューブを取り出したら、付属の銀皿の上にコロコロ転がしましょう! 金塊の目が出ればその分の勝利点がもらえます。とはいえ、採掘はあくまでアクションの1つ。他にも勝利点を獲得する方法はいろいろあるので、楽しいからといってついついアツくならないようにご注意を。
 パッケージとキャラクターのイラストは緒方剛志さん。荒くれ者たち(+元気な女の子1人)をノリノリで描いてくださいました。
 本格的ながらワイワイ楽しめる『ガリンペイロ』、ぜひ遊んでください!(柘植めぐみ)


2017.03.07 紹介動画
2017.02.03
 ニュース
ゲームマーケット2017神戸で先行販売!
トンネルズ&トロールズ完全版 アドベンチャー・シリーズ1
アドベンチャー・コンペンディウム

  著=フライング・バッファロー
  翻訳=安田均、笠井道子ほか
  発行=グループSNE
  発売=書苑新社
  定価:1,800円(税別)

 「トンネルズ&トロールズ完全版」が出てから、関連するものがガイドブック、雑誌、サプリメント(キャラクター集)と矢継ぎばやに登場しましたが、大切なものがもう一つ登場します。ソロアドベンチャーを含む「シナリオ」集です。RPGはこういったシナリオがなければ遊べない。もちろん、慣れたゲームマスターならルールブックを使いこなして自作できますが、初期は例示として既製シナリオが何作かあってほしいし、手っ取り早く遊びたい時にはなおさら必要。
 T&Tはこうしたものが、特にソロアドベンチャーとして充実しています。なにしろ1人で遊べるのだから、知らず知らずにゲームを覚えてしまう。本書では、頭に9つのそうしたミニソロが<トロールワールド>のフレーバーも豊かに展開されます。作者が主にケン・セント・アンドレとマイク・スタックポールというT&Tのメインライターなので、面白さは保証付き。そして長目の「<氷域圏>」というソロアドベンチャーの後に、通常のゲームシナリオが3本入ってます。それと、新しい宝物作成表や、なんとT&Tクイズまで。
 さらに、これだけでは終わらない。ブックボーナスとして、かつてT&Tのミニシナリオで名を馳せた毛島船さんのシナリオを4作、完全版対応で復刻、さらに、さらに……完全版の簡易ルール(「無敵の万太郎」改め「ゴブリン殺しの健」登場)も最後に付け加えました。
 これぞ、T&T完全版の<ソロアドベンチャー+シナリオ>完全版。これだけつけて、何と1,800円でのご提供。ぜひともルールブックのお供によろしく。ソロアドベンチャーはこれだけでも遊べますぞ。 (最後はテレビショッピング風紹介  安田均)
終末ノ再生者 Ⅱ.インスタント・ファミリア
  著=河端ジュン一
  KADOKAWA 富士見ファンタジア文庫
  定価:680円(税別)

 《天使》事件からアリスを救い、世界の滅びを回避したユウトとカノン。束の間の日常を満喫するように、都市のお祭りの準備に勤しむことに。そんな賑わいを見せる街中で、ユウトは『おうち』を探す少女と出会い……?

 今回のテーマは「家族」です。
 新キャラの少女との出会いをきっかけに、今まで当たり前のように疑似家族として暮らしていたユウトとカノンがそれぞれ、家族について考えを巡らせます。
 自分の気持ちに気づくシリーズ2巻、よろしくお願いいたします。(河端ジュン一)
ソード・ワールド2.0 サプリメント
エンドレスメイズ -迷宮創生の魔剣-

  監修=北沢慶
  著=川人忠明、田中公侍/グループSNE
  KADOKAWA
  定価:3,300円(税別)

 2017年も例年どおり、ひとりでも、GMなしでも遊べる春のサプリメントをお届けするぞ。その名も『エンドレスメイズ -迷宮創生の魔剣-』だ!
 今回は『SW2.0』のダンジョンハックを支える「魔剣の迷宮」をフィーチャーしたゲームとなっている。PCたちは〈魔剣メイズメイカー〉を持つひとりの男に依頼される。「この魔剣の迷宮の中に囚われた、仲間たちを救い出して欲しい」と、その魔剣を託されるのだ。
 ドコに突き刺しても生み出される迷宮にもぐりこみ、手がかりを手にして戻ってくるのだ! 迷宮はそのたびに新しいものが生み出されるが、独自の時間法則【リミット】があり、目的を達成するには知恵を絞る必要があるぞ。
 ランダムに作成される後戻りできない通路を進み、「迷宮マーカー」で5種の迷宮の「モデルイベント」を解決せよ! 時にはオリジナルの魔物「迷宮種」に追い立てられるけど、上手く倒せば〈魔卵の欠片〉をゲットして〈魔卵〉を作り出せる。そこから生まれる〈契約の獣〉の力を使い、迷宮ボスを倒すのだ!
“無限迷宮”の真相を知るとき、君は「創生」の真の意味を知る!(田中公侍)

2017.03.17 →著者インタビュー
ゾンビサバイバルRPG ダイス・オブ・ザ・デッド グレートウォール・ブレイク
  著=大井雄紀/グループSNE
  KADOKAWA
  定価:3,200円(税別)

 ゾンビサバイバルRPG『ダイス・オブ・ザ・デッド』に新要素を加えた「上級ルールブック」が登場!
 ゾンビによって荒廃した東京で生き延び、様々な経験を重ねて大きく成長したハーフゾンビたちが人間を守るため新たなる行動を開始します。
 街の探索だけでなくアイテムの開発、生存者の救出、施設拡張といった自分たちオリジナルのコミュニティを運営する「コミュニティ作成ルール」。そして作成したコミュニティを元に、人間の勢力圏拡大と、生存者たちと東京からの脱出を目指すキャンペーン仕立ての「クエスト」に上級シナリオクラフトを用いて挑戦。これらの新要素をセッションに導入することでDODをより深く、より刺激的に遊ぶことができます。
 もちろん“上級ルールブック”ということでキャラクター自身に関わるデータも拡張されています。強力なゾンビに対抗するための新アイテムならびに、レベルアップすることで進化し、その力を高めていく「タレント」も多数登場。過酷な状況にも柔軟に対応しうるキャラクターが作成可能となっています。
 まさに“上級”にふさわしい新要素が詰まった今作。やりごたえが大いに増したDODをぜひ隅々まで遊び尽くしてください。(西岡拓哉)
魔術師の帝国《2 ハイパーボリア篇》
  著=クラーク・アシュトン・スミス
  編=安田均
  訳=広田耕三・山田修・安田均
  発行=アトリエサード
  発売=書苑新社
  定価:2,300円(税別)

 「魔術師の帝国1 ゾシーク篇」に引き続き2のハイパーボリア篇の登場です。全体は3部構成。
 「ハイパーボリア」では、氷河が南下してきている極北の地での4篇。クトゥルフ神話とも関連する作品が多い一方、「白い巫女」のようにロマンティシズムに溢れた作品も含まれてます。
 「星々の物語」では新たな訳も加えた惑星ジッカーフの2篇や中編「予言の魔物」も見ものですが、集中一の怪奇作は「ヨー・ヴォムビスの地下墓地」。映画「エイリアン」を思わせるグロテスクなゾクゾク感は、目をそむけたくなるものの目が離せず、まさに見所です。
 「ポセイドニスと世界の涯」は、スミスの出した短編集の表題作でもある、沈みゆく大陸世界の「二重の影」も傑作ですが、処女作とも言える「ヨンドの魔物たち」など散文詩風の作品もすばらしい。
 スミス短編の多彩さが、ゾシーク篇以上に楽しめる本書は注目の作品集でしょう。なお、3もただいま企画中。詳しくはアトリエサード/書苑新社さんの続報をお待ちください。(安田均)
少年と少女と正しさをめぐる物語 サクラダリセット7
  著=河野裕
  KADOKAWA 角川文庫
  予価:640円(税別)

 能力の存在を忘れ去るよう、記憶の改変が行われた咲良田。そこで出会ったのは、浅井ケイを知らない春埼美空と、自身の死を忘れた相麻菫だった。
 だが相麻の計画により、ケイはもう一度「リセット」する術を手にしていた。ケイはより正しい未来のため、自分自身の理想を捨て去らないために、能力を否定する管理局員・浦地正宗との最後の「交渉」に臨む。

 サクラダリセット、本書で完結です。
 スニーカー文庫で刊行した「サクラダ」を角川文庫で出版し直すことになり、本文にどれだけ手を入れるべきなのかずいぶん悩んだのですが、結果的にはストーリーを変えない範囲で、細かい文章表現はすべて現在の私の好みに揃えよう、という形を選びました。現状のベストを尽くすのが本書に対してもっとも誠実だろう、と感じたからです。
 修正は成功したのか? それとも失敗だったのか? 私には判断がつきませんが、少なくとも、楽しい作業ではありました。
 最後までお付き合いいただけましたら幸いです。(河野裕)

2017.05.10 著者インタビュー

2017.02.02 カードゲーム制作進行中!

■ 特設サイト
 原作 / 映画
モンスター・コレクションTCG20th Anniversary ブースターパック
太陽の金の竜姫

  監修=安田均
  著=加藤ヒロノリ/グループSNE
  KADOKAWA
  定価:350円(税別) 1パック7枚入/1BOX36パック/全150種

 モンコレの20周年記念ブースターセットが、2セット同時に発売!

 今回の20周年商品は、懐かしのカードから新規カードまで、1セットごとに150種類のカードを収録!
 2セットあわせて300種類の環境で楽しむことを目的としたデザインとなっております。
 さらには1ボックスで、150種すべてのカードを最低1枚ずつ以上コンプリート可能!
 ちなみに1ボックス=18パックなので、これまので2ボックスなみのカード枚数です。

 また、『太陽の金の竜姫』では、この2セットの環境における全種の戦闘スペルカードが揃います。
 生産数限定の記念セットとなっておりますので、お店に並んでいない場合はカドカワストアもご覧ください。
 グループSNE主催の第20回の全日本選手権も、この2セットで開催予定。
 同時発売の『月の銀の魔狼』の新刊案内にも情報があるので、要チェック!(杉浦武夫)

2017.04.14 第20回全日本選手権大会 開催のお知らせ

2017.04.04 著者インタビュー

公式サイト
モンスター・コレクションTCG20th Anniversary ブースターパック
月の銀の魔狼

  監修=安田均
  著=加藤ヒロノリ/グループSNE
  KADOKAWA
  定価:350円(税別) 1パック7枚入/1BOX36パック/全150種

 モンコレの20周年記念ブースターセットが、2セット同時に発売!

 今回の20周年商品の環境では、一部のルールも改定。
 なんといっても目玉は「召喚術師カード」! 召喚術師は、コンセプトを持ったデックを組みたくなるデザインとなっています。
 もうひとつの大きな変更点は、わかりやすく、攻撃的になった地形配置ルール! 攻めの地形ルール&カードバランスをお楽しみください。

 また、『月の銀の魔狼』では、この2セットの環境における全種のアイテムカードが揃います。
 生産数限定の記念セットとなっておりますので、お店に並んでいない場合はカドカワストアもご覧ください。
 グループSNE主催の第20回の全日本選手権も、この2セットで開催予定。
 同時発売の『太陽の金の竜姫』の新刊案内にも情報があるので、要チェック!(杉浦武夫)

2017.04.14 第20回全日本選手権大会 開催のお知らせ

2017.04.04 著者インタビュー

公式サイト


…… 既刊作品(発行月別) ……
→ 2016年
→ 2015年
→ 2014年
→ 2013年
→ 2012年
→ 2011年
→ 2010年
→ 2009年
→ 2008年
→ 2007年
→ 2006年
→ 2005年


TOP