Group SNE
News
●更新情報
●新刊案内
●イベント情報
●その他
About SNE

Products

User Contents
Link
indexに戻る

 TOP > 最新情報 > 新刊案内 > 既刊案内(2017年刊行作品)

←新刊案内に戻る →2016年の作品


2017年1月
ゴーストハンター03
  監修=安田均
  作=石野力/グループSNE
  制作=グループSNE
  販売=cosaic
  定価:4500円(税別)

 グループSNEがおくる、2017年最初のアナログゲーム『ゴーストハンター03』を紹介します!
 『ゴーストハンターRPG02』のRPGの流れと『ゴーストハンター13タイルゲーム』のボードゲームの流れを汲んだ、最新のストーリー型ゲームです。
 RPGからは、ロールプレイングはもちろん、キャラクター自作ルール、狂気、後遺症、マルチクラス、経験点による様々な成長要素を。ボードゲームからは、視覚的に分かりやすく、探索をサポートする様々なコンポーネントに、ダイスではなく10枚のカードを使う新たな判定方式を取り込んでいます。
 上位世界に位置する、善なる龍ナーガと邪悪な蛇龍ラハブによる「ウロボロスシステム」も本作の魅力! ウロボロスボードには手がかりと大罪が入り混じって配置され、プレイヤーとゲームマスター間のやりとりをさらに面白く、奥深いものにしています。プレイヤーたちは手がかりポイント使って事件の真相に迫り、ゲームマスターは大罪ポイントを利用して大罪カードで探索の邪魔をしましょう。善(手がかり)と悪(大罪)は表裏一体、使用された手がかりポイントは大罪ポイントに変換されてしまいます。どのタイミングでどう使うか、直接的なインタラクションにも注目です!
ルールブック・シナリオブックには『02』や『13』のシナリオを03用に変換する指針のほか、手がかりカードを使用したシナリオ作成チャートや、特殊能力カードや後遺症一覧も付属。
 すでに発売されている、ボードゲーム『ゴーストハンター13タイルゲーム』のエキスパンション1『7つの大罪』、同エキスパンション2『ラプラスの魔』と組み合わせて、さらに重厚な冒険譚を編むこともできます。発売済みのセットに含まれるイベントカードの読み替え一覧表および、キャラクターシートも発売に合わせオンライン上で公開予定です。
 『02』の「0」、『13』の「3」を受け継ぎ、さらに進化を遂げたボックス型RPGです。
 新年の初プレイはこれで決まり!(石野力)

2017.02.08 「たっぷりTRPG会 in トリックプレイ」レポート

2017.02.01 タイルゲームのカード読み替え表を掲載

2017.01.27 イベント情報
 ゴーストハンター03 ソード・ワールド2.0RPGスタートセット 体験会
 2/26(日)イエローサブマリンなんば店

2017.02.25 製品紹介

2017.01.23 発売記念ニコ生セッション 第2回 2/6(月)19:00~
2017.01.23 白紙キャラクターシートを掲載

2016.12.28 著者インタビュー


発売記念ニコ生セッション
 第一回ログ 
 第二回ログ 
ソード・ワールド2.0リプレイ
竜伯爵は没落しました!

  著=秋田みやび/グループSNE
  KADOKAWA ドラゴンブック
  定価:620円(税別)

《紫闇の国》ディルフラムでの冒険がリプレイになりました! 
 フォルモサナ公領と呼ばれる国で、一領を治める領主の息子ドレイク・ロランと彼に仕える奴隷たちが、平和な暮らしを守るために立ち上がる。
 彼らは無事に領地を守り、襲い掛かる未曾有の危機を潜り抜けることができるのか。

 人族にとっては非常な世界である蛮族領でも、こんな冒険ができるのだという蛮族領での冒険の指針のひとつになれば嬉しいです。よろしくお願いいたします。(秋田みやび)

→著者インタビュー
片手の楽園 サクラダリセット5
  著=河野裕
  KADOKAWA 角川文庫
  定価:691円(税込)

 九月。浅井ケイは管理局と交渉し、病院で9年間眠り続ける女性が能力で創った「夢の世界」へと入る。現実が詳細に再現されているその夢の世界で、ある実験を行うためだ。春埼美空はケイに従って、野ノ尾盛夏はかつて仲の良かった老人と再会するために、それに同行した。
 ケイたちは夢の世界で、青い鳥を連れた「ミチル」と名乗る少女に出会い――

 本書は『サクラダリセット』シリーズの、角川文庫版5冊目です。この巻で登場人物が出そろい、物語は少しずつ核心へと迫っていきます。よろしくお願いいたします。(河野裕)

2017.02.02 カードゲーム制作進行中!

■ 特設サイト
 原作 / 映画
魔術師の帝国《1 ゾシーク篇》
  著=クラーク・アシュトン・スミス
  編=安田均
  訳=安田均・荒俣宏・鏡明
  発行=アトリエサード
  発売=書苑新社
  定価:2200円(税別)

 ようやく43年ぶりに、クラーク・アシュトン・スミス「魔術師の帝国」が帰還します。ぼくの最初の翻訳集であり、アンソロジーであり、紹介書でもあります。かなり手を入れましたが、初期の熱気、意気込みはそのまま残したつもりです。
 暮れゆく地球最後の大陸ゾシークを舞台に、絢爛たるネクロマンサーたちの帝国を描き、時に壮大なタイムスパンで暗黒神や、広大な天空十二宮に運命神を語るかと思えば、翻って昏い恋人たちの悲哀や艶やかなコミカルストーリーを描く。片や不気味なクトゥルフ的怪物が跳梁する一方、官能的な植物モンスターが極彩色で庭園を彩る。これぞ、ラブクラフトと並ぶホラーファンタジーの鬼才C.A.スミスの真骨頂、昏きアラベスク(千夜一夜風)の詩的物語世界でしょう。下巻は翌月、ハイパーボリアやポセイドニス、星々の物語が待ち受けますが、まずはこの上巻ゾシーク篇をお楽しみください。
 幻想ホラーファンにはもちろん、RPGファンにも多分おもしろいはず。「ファンタジーやRPGは地図だ!」(自分で作ったら、向こうの研究者のとほとんど違ってなかった) (安田均)

2017.01.26 著者インタビュー
2017年2月
推理アドベンチャー "ウロボロスの呪い"後編
  シナリオ翻訳=笠井道子/グループSNE
  (c)2015 Revolution Software
  (c)UNBALANCE Corporation

話題の本格アドベンチャー「ウロボロスの呪い」後編が2017年2月1日(水)、ついに公開されます(AppStore/Google Play)!
前編では、保険会社に勤めるアメリカ人ジョージとフォトジャーナリストのフランス人ニコが、盗まれた絵画をめぐる殺人事件に巻き込まれました。
絵画の謎を解くべく、ジョージとニコはスペイン/カタロニア地方へと飛びます。
そこで2人を待ち受けている苦難とは……?

舞台を大都会パリからカタロニア地方へと移し、映画そのもののような広大な風景のなかで次々と明らかになる謎。その謎を解くのはあなたです。
後編では新たに個性豊かなキャラクターが登場します。黒いマリア像で有名なモンセラットの修道院はまさに見ものです。ぜひお楽しみください。(笠井道子)

前編 2016年2月~配信
トンネルズ&トロールズ完全版関連商品
T&Tサンプルキャラクター集
  著:杉本=ヨハネ
  発行・発売:FT書房
  価格:600円(税別)

 『トンネルズ&トロールズ』は、キャラクター作成がとても簡単なテーブルトークRPG。それでも、手軽にソロ・アドベンチャーを楽しみたいとき、キャラクターが冒険途中で死んでしまったとき(よくあることですね)、ゲームマスターが急にNPCを登場させなくてはならなくなったときなど、すぐに使えるキャラクターがあると便利です。
 この『T&Tサンプルキャラクター集』は、そうしたニーズに応えてくれます。しかも登場するのはなんと23種族! エルフやドワーフといった、いわゆる「善の」種族だけでなく、ゴブリンやピクシーといった「悪の」種族にもなれるんです。データだけでなくプレイの指針も書かれているので、初めてでも安心してプレイできますよ。
 執筆は『T&T』のソロ・アドベンチャーでもおなじみの杉本=ヨハネさん。イラスト満載、眺めているだけでも楽しい本です。(柘植めぐみ)

2017.02.08 「たっぷりTRPG会 in トリックプレイ」レポート
ドレッドノート ブースターパック
Chapter8 ジャッジメント・デイ

  監修=安田均
  制作=加藤ヒロノリ、杉浦武夫、河端ジュン一/グループSNE
  KADOKAWAメディアファクトリー
  価格:1パック 319円(税別) 1パック7枚入り/全120種

 ドレッドノート『Chapter8 ジャッジメント・デイ』では、《アマテラス》や《ヴィシュヌ》はじめ主神級の神格が、アイドルとして続々登場!
 キャストコストも維持コストも(2)という重量級のアイドルたちは、そのコストに見合うユニークかつ強力な能力を持っています。アイドルを主力としたデッキも組めるかも?
 さらにはドレノ初の再録カードもあるセット。再録カードは、実績のあるカードや、今セットの新規カードと相性の良いものばかり。ユニットだけではなく使い勝手の良いコードも再録されているので、やろうと思えばこのセットだけでもデッキを組めてしまう内容となっています。
 新旧の強力なカードが揃ったこのセット、ぜひご堪能ください!(杉浦武夫)

→公式サイト
ソード・ワールド2.0 RPGスタートセット拡張パック2
魔動機師&軽戦士
  監修=安田均
  作=北沢慶/藤澤さなえ/グループSNE
  制作=グループSNE/cosaic
  定価:2,800円(税別)

 ソード・ワールド2.0入門セットの続編第2弾の登場です! 前作同様、新キャラクターカードや、新魔物カード、新ダンジョンタイルなどが入った拡張パックになっています。
 今回は新要素として、ルーンフォーク種族、そしてマギテック技能とフェンサー技能が追加されています。
 新キャラクター「スリー」は銃使いのルーンフォークで、彼が主役のソロシナリオを遊べば銃使いの遊び方がわかるようになっています。また、カテゴリ〈ガン〉の装備品カードには、弾丸の装填数が数えられるカウンター付き。コンポーネントが豪華なスタートセットならではです!
 もうひとりのキャラクターは、人間のフェンサー「メロ」で、こちらは戦闘特技《防具習熟》持ち。彼女に合わせて、ランクAの防具や、必要筋力が低い武器が追加されています。
 ダンジョンタイルは、野外遺跡を表すタイルを多く収録しています。またタイルの上に配置して使う屋敷や塔のチット、壁やアーチのチットも同梱されていて、タイルの内容をカスタマイズできるつくりになっています。
 他にも汎用トークンやNPC駒などの新コンポーネントも入っています。もちろん、ソロシナリオだけでなく、3本からなるキャンペーンシナリオも収録! 前回同様、箱のサイズは小さくてもボリュームたっぷりな拡張パックになっております! よろしくお願いいたします!(藤澤さなえ)

※本作は、基本となる『ソード・ワールド2.0 RPGスタートセット』がなければ遊べません。
※『同 拡張パック 妖精使い&拳闘士』はなくても遊べますが、あわせてお使いいただくとより楽しめます。

2017.03.17 →著者インタビュー

2017.02.08 「たっぷりTRPG会 in トリックプレイ」レポート

2017.02.06 製品情報

2017.02.03 ニュース

【グループSNEチャンネル】
 発売記念セッション第1話 part1 / part2
 発売記念セッション第2話 part1 / part2
ソード・ワールド2.0リプレイ ウィアードテイルズ
消えゆく街の異界譚

  監修=北沢慶
  著=こあらだまり/グループSNE
  KADOKAWA ドラゴンブック
  定価:720円(税別)

「一人で死にたくない」
 墓守の少女レインが願ってしまった願い。それを魔神は拾い上げ、策謀を巡らせる。
 魔神の仕掛けた罠にレインとともに立ち向かうのは、フィットネス神官カトランズ、メイドのセラ、ゴーレム職人のフリーゼ。
 その一方、300年祭に向けて華やぐネスカザラでは、領主ラナウェイが不穏な動きを見せて……。

 増殖都市を舞台とした、“ちょっと変わった普通の人たち”の物語もいよいよクライマックス。
 果たして、願いの結末は……?(こあらだまり)

2017.03.17 →著者インタビュー
少年と少女と、 サクラダリセット6
  著=河野裕
  KADOKAWA 角川文庫
  定価:600円(税別)

 10月、芦原橋高校学園祭当日。浅井ケイは南校舎の屋上に春埼美空を呼び出し、思いを告げる。だがその裏側で、再生した少女・相麻菫と管理局対策室室長・浦地正宗それぞれが用意した計画が進行していた。ふたつの計画は複雑に絡み合いながら、咲良田が能力者の街になった40年前から抱える大きな問題と、そして目の前に迫った「咲良田の再構築」を繋いでいた。そしてケイはついに、相麻菫の真意を理解する――

 本書は角川文庫版『サクラダリセット』の6冊目です。
 このシリーズは全7巻ですので、最終巻の一歩手前、ということになります。
 これまで作中で疑問だったことの多くに答えが出る巻になっております。よろしくお願いいたします。(河野裕)

2017.02.02 カードゲーム制作進行中!

■ 特設サイト
 原作 / 映画
ロイヤルターフ
  作=ライナー・クニツィア
  翻訳=安田均/柘植めぐみ
  制作=グループSNE/cosaic
  定価:3,000円(税別)

 とても不思議な競馬レースゲーム。プレイヤーは馬1頭を担当するわけではなく、あくまで一競馬ファンとして、一獲千金をもくろみます。
 出走馬のデータを確認したら、上位3頭になりそうな馬に賭けを行います。馬には堅実タイプや一発逆転タイプがいるので、他プレイヤーの動向を見つつ狙いを定めましょう。
 そしてレーススタート! プレイヤーは馬の横顔やニンジンといったシンボルの描かれた特製ダイスを振り、好きな馬を走らせます。応援している馬をスパートさせるもよし、ライバル馬を足踏みさせるもよし。プレイヤーの思惑が錯綜します。
 巨匠ライナー・クニツィアの傑作として名高いゲームですが、本作では、実在した名馬を走らせる「ウィナーズサークル版」を同梱。遊びごたえもたっぷりです。
 芝生の緑色を基調としたポップなパッケージにも注目。数々の人気ゲームを手がけるTANSANさんがイラストとデザインを手がけてくださいました。
 新しいテイストの『ロイヤルターフ』をぜひお楽しみください。(柘植めぐみ)

2017.02.14 【ニコニコ動画】わんぱくゲームラボで紹介!

2017.02.03
 ニュース
最良の嘘の最後のひと言
  著=河野裕
  東京創元社
  定価:680円(税別)

 検索エンジンとSNSで世界的な成功を収めた企業・ハルウィンには、「超能力者の研究をしている」という噂があった。それを受けてハルウィンは、ジョーク企画として「4月1日に年収8000万で超能力者をひとり雇う」という告知を出す。書類審査と面接を経て、自称・超能力者7名が、3月31日の夜に行われる最終試験に挑むことに。その内容とは、「1枚の採用通知を奪い合う」というものだった。――いちばんの嘘つきは、誰だ?

 本作は「私にとってのエンターテインメントを全力でやってみよう」「ミステリとして面白いものを書こう」という目的で執筆いたしました。超能力者が出てくる話ですので推理ものとはまた少し違いますが、嘘つきたちが騙し合いを繰り広げる、賑やかな話になったかな、と思っております。よろしくお願いいたします。(河野裕)


…… 既刊作品(発行月別) ……
→ 2016年
→ 2015年
→ 2014年
→ 2013年
→ 2012年
→ 2011年
→ 2010年
→ 2009年
→ 2008年
→ 2007年
→ 2006年
→ 2005年


TOP